« 映画『おみおくりの作法』 | トップページ | 映画『くちびるに歌を』 »

2015年3月 8日 (日)

映画『百円の恋』

165856_02

2本目は、りんこちゃんが「いち押し」してくれた

『百円の恋』 (公式サイト) を、観ました。

3月1日 名古屋シネマスコーレにて

 

32歳にして、実家暮らしの一子。

職もなく、かと言って家事や家業を手伝う訳でもない。

出戻った妹の息子の面倒を見る~いや

一緒にゲームするだけの自堕落な毎日。

妹との派手なけんかの末、家を出ると言い出します。

350341_007

アパートを借り、いつも深夜に買い物に行ってた

100円コンビニで、バイトすることになります。

350341_004

 

そこで、いつもバナナだけを大量に買っていくと言う

狩野に出会います、その出会いが一子を…

 

安藤サクラさんが、どんな家庭のお嬢さんで

結婚されていて…ネット情報程度ながら

知っている私ですが、この映画を観ていると

サクラさんはどこにも見当たりませんでした。

 

ゲームをして背中をポリポリ掻いている時の腰の贅肉。

試合に臨むためにユニフォームに着替えた時の肩の筋肉。

半端ないわぁ~、この人。

350341_008

イタイ人が、人生に目的を見つけて変わっていく…

映画では、結構あるパターンだと思うのですが

こんなにリアルなのは、観た事がありません。

 

ラストがまた、いいですねぇ(新井くん、カワイイ!)

ちょっとニタッってしてしまいました。

 

★★★★★

ボクシングシーンは、ガチでしょうか。

格闘技は苦手なのに、大興奮してしまったんですが…

 

根岸季衣さんが、いい味出してたなぁ。

 

slate

 

« 映画『おみおくりの作法』 | トップページ | 映画『くちびるに歌を』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/59132944

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『百円の恋』:

» 『百円の恋』+(?)=百八円の恋 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  斉藤一子(いちこ)は死んでいた。  黒澤明監督の名作『生きる』になぞらえれば、「彼女には生きた時間がない。つまり彼女は生きているとはいえないからである。駄目だ。これでは死骸も同然だ。」というありさまだった。  『百円の恋』が描く「死骸も同然」な暮らしはズルい。  公式サイトのストーリー紹介には「32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を...... [続きを読む]

» 百円の恋 [映画的・絵画的・音楽的]
 『百円の恋』をテアトル新宿で見ました。 (1)『0.5ミリ』で大活躍した安藤サクラの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)は、出戻りの妹・二三子(早織)の子供・太郎と一緒になってボクシングのテレビゲームに興じる姉・一子(安藤サクラ)の後...... [続きを読む]

» 『百円の恋』をテアトル新宿で観て、そら安藤サクラを激賞せずにはいらないだろふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★主演安藤サクラが頭抜けている】 演出とか脚本とか言う前に一人の主演俳優の存在感だけが際立っている特殊な作品。つまり、この映画その物が安藤サクラの ... [続きを読む]

» 百円の恋 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
32歳のパッとしない女性がボクサーとの出会いから、毎日をサバイブしながら恋愛とボクシングに目覚めていく姿を、安藤サクラが演じた人間ドラマ。実家を出て100円ショップで深夜労働を開始、ボクサーとの出会いと恋もうまくいかないところに、衝動的に始めたボクシングで...... [続きを読む]

« 映画『おみおくりの作法』 | トップページ | 映画『くちびるに歌を』 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter