« 映画『蜩の記』 | トップページ | 映画『ぶどうのなみだ』 »

2014年10月 5日 (日)

映画『イン・ザ・ヒーロー』

164191_01_8

何度か唐沢さんがテレビに出演されているのは

見てはいたのですが、すっかり公開を

失念してしまっていました。

たまたままだ公開してる劇場を見つけて

最終週の『イン・ザ・ヒーロー』 (公式サイト)を、観て参りました。

 

slate

10月4日 TOHOシネマズ名古屋ベイにて。

 

子どもが小さかった頃は、必ず観ていた特撮もの。

スーパーのイベントの「ヒーローショー」にも何度も行って

行列に並んで、サインをゲットしたりもしました。

 

顏は映らなくても、誇りを持って演じている。

そんなスーツアクターのお話。

 

さすが、東映!なオープニング。 

場面は楽屋に移って、ピンクが被り物を外すと…

Sub2_large

こんな調子が続き、笑いふんだんなドラマが

繰り広げられるかと思いきや

思ったよりずっと真面目に友情や家族愛を描く

人情味あふれる作品でした。

348678_004

ラストの殺陣のシーンはもちろん見応えがありますし

結婚式の余興の中で、「今まで」をみせるのもウマイ!

練習風景のシーンが特に好きですねぇ。

 

この道25年、元妻が35歳と言う場面があったので

渉は40歳くらいの設定でしょうか。

唐沢さんは、その年に見えましたね、足が上がる!!

 

海野がリョウに「石橋さんに会えないかな…」と言うシーン。

私には何を話そうとしているのかが想像できず

その内容が分かった場面では、完全に涙腺崩壊…

 

ただ、あんまり必要ないと思う場面や設定も多くて

特に福士くん演じるリョウが元々ちょっと売れていて

ハリウッドスターを夢見るってのが、どうにも引っかかり~

普通にHACの新人で良かったような気がします。

 

★★★★

この映画の一番の「スーツアクター」はリョウの母。

大物女優さんのカメオ出演なの?って

すごく気になってしまいました。

 

ラストの出演者の思いでのアルバムが良かったです。

「夢は必ずかなう」と言うテーマに一番合ってたかも。

 

slate

 

« 映画『蜩の記』 | トップページ | 映画『ぶどうのなみだ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/57576218

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『イン・ザ・ヒーロー』:

» 「イン・ザ・ヒーロー」 中の人 [はらやんの映画徒然草]
スーツアクターという言葉が使われるようになったのはいつくらいからだろうか。 この [続きを読む]

» イン・ザ・ヒーロー (試写会) [風に吹かれて]
顔が映らなくても俳優です 公式サイト http://in-the-hero.com9月6日公開 ブルース・リーを崇拝する、この道25年のベテラン・スーツアクター本城渉(唐沢寿明)。いつか“顔出し”で映 [続きを読む]

» イン・ザ・ヒーロー [映画的・絵画的・音楽的]
 『イン・ザ・ヒーロー』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)日曜日朝のトーク番組「ボクらの時代」に主演の唐沢寿明が出演していたこともあって(注2)、映画館に行ってきました。  本作(注1)の主役は、ヒーローのスーツを着たり怪獣の着ぐるみを着たりして演じるスー...... [続きを読む]

» 映画・イン・ザ・ヒーロー [読書と映画とガーデニング]
2014年 日本 主人公は、年季の入ったスーツアクター・本城渉(唐沢寿明)ブルース・リーに憧れこの世界に入った彼は、自ら第一線で活躍するかたわら下落合ヒーローアクションクラブ(HAC)という小さなプロダクションの代表者として新人を育成している観客に顔を知ら...... [続きを読む]

» 『イン・ザ・ヒーロー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「イン・ザ・ヒーロー」□監督 武 正晴□脚本 水野敬也、李鳳宇□キャスト 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島 進、草野 仁■鑑賞日 9月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  スー...... [続きを読む]

» 『イン・ザ・ヒーロー』を新宿バルト9−4で観て、順番間違えたふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★分かる、とても分かる】   こういうベタな話はとても好きなんだけど、 話の流れがかなり『太秦ライムライト』と被っている事もあって、 後から見たこっち ... [続きを読む]

» 「イン・ザ・ヒーロー」 [ここなつ映画レビュー]
解せない。平成26年のこの時代に何故この作品なのか、このテーマなのか。面白くなかった訳ではない。でも、何故今この作品を作らなければならなかったのかが今ひとつ不明。ある種「蒲田行進曲」の焼き直しのようなものを。息子達(私自身も含む)が戦隊物に夢中になっていたあの時期に観たなら思いは違ったのかな?スーツ・アクターの笑いと涙の物語である。スーツ・アクターとは、日本が誇るヒーロー物、戦隊物の実写作のアクションシーンで、特殊スーツに身を包み、ヒーローや怪獣を演じる役者の事。もちろん顔が出る事はないし、クレジッ... [続きを読む]

« 映画『蜩の記』 | トップページ | 映画『ぶどうのなみだ』 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter