« 映画『二流小説家 シリアリスト』(13日-19) | トップページ | 映画『真夏の方程式』(13日21) »

2013年6月25日 (火)

映画『さよなら渓谷』(13日-20)

T0016068p 伊坂幸太郎原作の映画化がストップしてしまって

(昨年は、例外で『ポテチ』が映画化されましたが…)

今は、吉田修一作品の映画化をとても楽しみにしています。

 

原作は少し前に読了して、公開を楽しみに待っていた

『さよなら渓谷』(公式サイト)を観て参りました。

 

感想は、「核心の部分に触れていますので」ご了承ください。

 

 

【わたしは、か・なこ…】

6月23日 伏見ミリオン座にて

 

真木よう子さん、先週はいくつもの番組にご出演

宣伝活動に力を入れておられましたね。

ファンの夫は大喜びでしたが

この作品が、主人公に感情移入して感動するって

類のものではないと思っていたので

「テレビで宣伝して、観客を集める映画じゃないと思うけどな~」と

大いに疑問に思っていました。

345041view008

でも、鑑賞後は少し真木さんの気持ちが分かったように思います。

演じている内に、ご自身が「かなこ」になりきり

その姿を多くの人に観てもらいたいと

こんな生き方、恋愛もある事を

多くの方に知って欲しいと思われたのではないでしょうか。

345041view004_2

事件の加害者と被害者でありながら一緒に暮らすかなこと尾崎。

ふたりは、なぜ一緒にいるのでしょう…

丁寧に丁寧に描かれていきます。

345041view005

隣人の事件を取材する中で、雑誌記者の渡辺は

この二人を追うようになるのですが

そのきっかけや鈴木杏ちゃん演じる女性記者との取材など

原作を変えてある部分も、映画の方がしっくりきている気がしました。

 

万人受けはしないかもしれませんが、大人なら観て損はないかも。

 

★★★★★

メインのふたりと対照的に描かれる渡辺夫妻。

3シーンしかないのですが、朝のシーンの

二人のやり取りになぜかウルッと来てしまった私です。 

345041view003

大西さんは、『キャタピラー』しか印象がないので

こんなカッコいい方だったとは~

 

 

« 映画『二流小説家 シリアリスト』(13日-19) | トップページ | 映画『真夏の方程式』(13日21) »

(2013)映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
メインのかなこと尾崎については、おっしゃるように「丁寧に丁寧に描かれて」
いて素晴らしいのですが、渡辺夫妻については、わずか「3シーンしかない」
にもかかわらず事態が改善してしまうのはちょっとやり過ぎではと思ってしまい
ました。

クマネズミさん
こんばんは~
コメントとトラバをどうも有り難うもありがとうございます。
 
渡辺夫妻は、多分事態が改善されたと言うより
「普通の夫婦は、色々あったとしても
結構別れないでやって行くもんなんだよ~」の為に
3シーンだけ出て来たのではないでしょうか。
これだけなのに、妙に納得してしまったのは
きっと、私の実体験が脳内補完してるからかも…

こんにちは!!
先日はコメントありがとうございます!!
僕も先日見ましたが  大人の映画でしたね
鈴木杏さんが  良かったです

あまちゃん見てますか!!  面白いですよね!!

sakuさん
こちらにも有難うございます。
杏ちゃん、よかったですよね。
鑑賞者目線と言うか、一番「普通」の人物を好演でした!
 
>「あまちゃん」
もちろん、観ていますよ!
今までBSのみだったのが、ここのところ8時からも観て
イノッチのコメントを聞いてから
出勤の支度にとりかかっています
「暦の上ではディセンバー」もよく口から出てきますが
これからは、あの「ダサ!ダサ!」にはまりそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『さよなら渓谷』(13日-20):

» さよなら渓谷 [花ごよみ]
吉田修一の同名小説を映画化。 主演のかなこには真木よう子 相手役の俊介には 「赤目四十八瀧心中未遂」 「キャタピラー」の大西信満。 監督は大森立嗣 監督の弟の大森南朋も 週刊誌記者の渡辺役で出演。 俊介とかなこの間にある 秘密を探ろうとします。 幸せにな...... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [映画的・絵画的・音楽的]
 『さよなら渓谷』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)『モテキ』や『外事警察』などで印象深い真木よう子の主演作と聞いて映画館に出かけましたが、平日の夕方にもかかわらず、かなり観客は入っていました(注1)。  物語の舞台は、ある渓谷(注2)の近くに設けられてい...... [続きを読む]

» 『さよなら渓谷』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「さよなら渓谷」 □監督・脚本 大森立嗣□原作 吉田修一□キャスト 真木よう子、大西信満、大森南朋、鈴木 杏、井浦 新、新井浩文、鶴田真由 ■鑑賞日 7月6日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感...... [続きを読む]

» 2人の関係 [笑う社会人の生活]
6日のことですが、映画「さよなら渓谷」を鑑賞しました。 幼児の殺害事件が発生し母親が逮捕され隣の家に住んでいる尾崎俊介がその母親との不倫疑惑が、俊介の妻かなこの証言によって浮かぶ 事件を取材する週刊誌の記者の渡辺がさらに調査を進めていくうちに、尾崎夫妻...... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [単館系]
さよなら渓谷 ユナイテッド・シネマ浦和 6/22公開 緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発生し、容疑者として母親が逮捕される。 隣の家に住んでいる尾崎俊介(大西信満)がその母親と不倫していたので...... [続きを読む]

» 映画『さよなら渓谷』を観て [kintyres Diary 新館]
13-55.さよなら渓谷■配給:ファントム・フィルム■製作年、国:2013年、日本■上映時間:116分■観賞日:7月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円 □監督・脚本:大森立嗣□脚本:高田亮■大森南朋■真木よう子■大西信満■鶴田真由■鈴木杏■井浦新■新井浩文【ス...... [続きを読む]

« 映画『二流小説家 シリアリスト』(13日-19) | トップページ | 映画『真夏の方程式』(13日21) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく