« 映画『藁の楯 わらのたて』(13日-12) | トップページ | 映画『くちづけ』(13日-14) »

2013年5月20日 (月)

映画『中学生円山』(13日-13)

135358889502013210159 実は、クドカン監督とはあまり相性がよくありません。

面白いけど、笑いのツボがちょっと違う…

でも、朝ドラ「あまちゃん」が始まって、印象が一変。

(面白いんですよ~あまちゃん、GWに上京の折は

 NHKスタジオパークまで行っちゃいました!)

 

そんな訳で、クドカン監督『中学生円山』(公式サイト)

舞台挨拶中継付の回を、観て参りました。

 

 

【いっぱい笑ったし、舞台挨拶も観れて…】

5月18日 地元TOHOシネマズにて

Gallery009926_1_2

ごく平凡な家族と団地に暮らす中学生円山。

性に目覚め、ある目的から日々体を柔らかくする

トレーニングに励む日々を送っています。

 

トレーニング中のある瞬間、妄想の世界にトリップしちゃった円山。

以来、度々ソレは起こるようになります。

そんな時、どうやら自分の秘密を知っているらしい

シングルファーザーが団地に入居。

そして、殺人事件が勃発!

円山の妄想は、暴走を始めるのでした。

 

団地が舞台なので、色んな家族・住人が登場します。

徘徊老人やモラルの欠如した第人たち…

でも、それ自体を笑いのネタにしていないところは好きですね。

1010173_02

舞台挨拶で「わたしもちょっと脱いでます!」と挨拶してた

刈谷友衣子ちゃん、清潔なお色気があって可愛い♪

そして、脱ぎまくりで頑張った平岡琢真くん、最高でした!

Main_2

結局、わかったようなわからなかったような…

でも、いっぱい笑ったし舞台挨拶中継のオマケまでついて

元は十二分に取れました!

 

★★★★ 

ヤン・イクチュンさんと坂井真紀さんの場面は

何が出ても、笑いが止まりませんでした。

もちろん、『息ができない』と『実録・あさま山荘~』を

踏まえた上なんですけど…

0701_265

遠藤賢司さん、初めて知りましたが、度肝を抜かれました。

 「カレーライス」を作った人だったんですね~~

高校の修学旅行で同級生が歌ったのを、今でも覚えています。)

 

 

« 映画『藁の楯 わらのたて』(13日-12) | トップページ | 映画『くちづけ』(13日-14) »

(2013)映画」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『中学生円山』(13日-13):

» 『中学生円山』は中二病か? [映画のブログ]
 学生時代、先輩が野良犬を眺めながらつぶやいた。  「犬はいいなぁ。自分で舐められて。」  その言葉をきっかけに、私たちは犬がうらやましいという話題でひとしきり盛り上がった。  二十歳前後の青年...... [続きを読む]

» 『中学生円山』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「中学生円山」□監督・脚本 宮藤官九郎□キャスト 草? 剛、平岡拓真、遠藤賢司、ヤン・イクチュン、鍋本凪々美■鑑賞日 5月18日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  う〜ん、クドカ...... [続きを読む]

» 中学生円山 [映画的・絵画的・音楽的]
 『中学生円山』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、中学生の話だというので躊躇したものの、『少年メリケンサック』以来の宮藤官九郎氏の監督・脚本作品ですから、やっぱり映画館を覗いてみたくなりました。  舞台は、『みなさん、さようなら』で描かれたよ...... [続きを読む]

» 「中学生円山」 妄想とは [はらやんの映画徒然草]
クドカンこと宮藤官九郎さんの監督作品、3作目になります(もちろん脚本も担当)。 [続きを読む]

» 『中学生円山』を109シネマズ木場3で観て、こんなボンクラ映画は大好・・・いや中好きだふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
1年前くらいの書きかけ原稿。そろそろ放出せんとみたいな記事。 五つ星評価で【★★★くだらないシチュエーションや妄想については全部好き】 『あまちゃん』の宮藤官九郎が「 ... [続きを読む]

« 映画『藁の楯 わらのたて』(13日-12) | トップページ | 映画『くちづけ』(13日-14) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく