« 11月です。 | トップページ | 映画『北のカナリアたち』(12日-39) »

2012年11月 2日 (金)

映画『のぼうの城』(12日-38)

001この作品、観たくて観たくて~

試写会にいっぱい応募しました、そしたら大量当選で 

「どの日に行こうかなぁ~」と、贅沢な悩み。

こんな時、ネットってすごいですね。

「ラジオ出演で、野村萬斎さんが名古屋入りする」と言う

ニュースをゲットして、「出陣!」~大正解\(~o~)/

野村萬斎さん、上地雄介さんの舞台挨拶のあと

『のぼうの城』 (公式サイト) 一足お先に見せて頂いて参りました。

 

 

 

【知り過ぎたけど…】

10月18日 名古屋市公会堂(CBCテレビ試写会)にて

 

舞台挨拶の萬斎さん、さすがに良く通る声。

「自分とは全く違うタイプなのに、みんなからイメージ通りって言われる」と

おっしゃっていましたが、ユーモラスな中にキラッと光る魅力

この役には、やっぱり萬斎さんしかおられない気がしました。

 

そして、上地さん。

「昔の豪華客船みたい~乗った事も観た事もないけど~」

なぁ~んて、映画の事を聞かれているのに

古くて重厚な市公会堂の感想を述べてみたり

三成役を受けた時は、敵の小早川を演じた事があったので

「今度はコッチかい」って思ったとかと、「プチのぼうさま」ぶりを発揮。

 

映画は、史実に基づく原作ものの映画化

2万人の三成軍にたった500人で防戦した忍の浮き城の物語。

震災の関係で公開が伸びた事もあってか

ずいぶん早い時期から予告が掛っていたし

CMや特番(先日は、「ふしぎ、発見」)でネタバレまくり。

 

でも、面白かったです!

何たってキャストが魅力的でした。

0011_2

野村さんは、さすがですよね、「田楽踊り」最高でした!

  

成宮くん、今風の顔だと思うんですが意外と似合ってました。

そして…やっぱり佐藤さんはカッコ良すぎ!

0012

 

ぐっさんも迫力満点でしたよ~

0014

実は、そうそうたるメンバーの中で「上地くん、大丈夫?」なんて

ちょっと失礼な事を思っていた私でしたが

平さん、山田くんと上地くんの敵方トリオも、なかなかいい感じでした。

0015

「事実は小説よりも奇なり」

本当にあった奇跡の物語を是非、お楽しみ下さい。

 

★★★★☆

「大河ドラマのパクリかよ!」って、突っ込みたくはなりましたが

オマケ画像もなかなか楽しいので、お見逃し無く~。

 

石田「三成」を「光成」と書いておりました。

クマネズミさんが、さりげなくコメントで教えて下さいました。

どうも有り難うございました。

お詫びとお礼と訂正の報告まで。

 

 

« 11月です。 | トップページ | 映画『北のカナリアたち』(12日-39) »

コメント

こんばんは
すっかり寒くなりました。晩秋ですね。

さて、昨夜、公開と同時に早速観て来ました。
面白かったですね~
ちょっと、期待した方向は違ったのですが…
普段は役立たずののぼう様が三年寝太郎のごとく、神がかり的な知略謀略を発揮するのかと思ってました。
桶狭間とか、三国志の赤壁の戦いぐらいを想像してました。
でもそこまで派手なことをしたら、もっと歴史に残るトピックになってますもんね。
想像膨らませ過ぎでした。

あれは、歴史に埋もれた「ちょっといい話」的なくくりでしょうか。
わたしが寡聞なだけで、実はけっこう有名な話
映画になったことで、脚光を浴びて、新たな語り草になるのかもしれませんね。

しかし佐藤浩市さんかっこよかったですね。
そして、山田孝之がかっこ良かったです。武将オーラ出てました。
野村萬斎さんは、かわいかった(o^-^o)

時々、いきなり現代口語が混じるので、奇妙な感じがしたのですが、わかりやすいでしょうね。


見たいと思ってました
野村萬斎さんの声が聞けたなんてうらやましいなぁ!!
良かったですね

必ず見に行きます

ゆうりさん
本当に一気に朝夕寒くなりましたね。
少し前まで、汗かきかきだったのに…

お~~、初日にご覧になったのですね。
面白かったでしょう!? あっ、でもおっしゃる通り
私ものぼうのフリしたスーパー戦略家の物語かと思いきや
 
>歴史に埋もれたちょっといい話
確かにそうですよね、現代の「石田堤」が出て来たときには
思わず「へ~~、本当にあるんだ」って声を出してしまいました。
 
現代語ですか…
いやぁ~、私、全く気がつきませんでした。
そう言えば、まともに時代劇って観ていないかもしれない
タイムスリップモノの観過ぎじゃ~~


大木さん
コメント、有難うございます。
すっかりご無沙汰しておりますのに訪ねて下さって嬉しいです。 
私も先日、久しぶりに寄らせて頂いたのですが
「読み逃げ」してきてしまいました
 
はい!やはり発声が違うと言うか
お腹から出ている声でしたよ>萬斎さん
意外と小柄な方でしたが、存在感がすごかったです。
 
ご覧になったら、感想をお聞かせくださいね。
 

これ 僕も 見たくて 待ちわびて・・・・
もう これから 忙しくて  削除・・・・見ないほうにしたんですが
やはり 見たほうが  ですね・・・・・
優先順位では「アルゴ」なんですが
もの 凄い評判ですよ  「アルゴ」

sakuさん
そうですね~、待たされ過ぎた気もします。
でも、期待しすぎてガッカリ…とはなりませんでしたよ。
結構、いい意味でイメージと違いました。
 
『ラルゴ』、すごい評判ですよね。
そしてsakuさんのお薦めとなれば
行かなくては・・・と、今「上映情報」調べました。
プラン立て直してみます。

こんちは。

上地くんがのぼう様だったら映画は失敗してたろうなあ。
ただ、明るいキャラで、あちこち宣伝に出向いてくれたのは映画の為にとてもよかったと思う。

ふじき78さん
こんばんは~、こちらにも有難うございます。
確かに上地くんだと、マンマ「〇〇のぼう」になっちゃいそうです。
クイズ番組でよくいじられていたイメージが強いですが
演技は決して悪くはないですよね。
人懐こい笑顔の彼の「田楽踊り」、ちょっと見てみたいかも~

お早うございます。
なんと一月遅れのコメントで恐縮です。
おっしゃるように、本作は「キャストが魅力的」でとても「面白」く、
なかでも野村萬斎の「田楽踊り」は「最高でした」。
ただ、この話を「長親vs三成(←光成)」としたら、もっと面白くな
るのではという気がしました。そうなると、「上地くん」では「役不
足(誤用!)」で、例えば伊勢谷友介あたりはどうかな、と随分
手前勝手に想像を巡らしたりして楽しんでいるところです。

クマネズミさん
記事を見つけて頂いて、コメ&トラバ有難うございます。
 
そうですね。
上地くんは、予想外に健闘はしていましたが
萬斎さんはじめ、忍城側がつわもの揃いだったこともあって
三成のインパクトが、ちょっと弱かった気がします。
そして、確かに伊勢谷さん面白いかも~~ 
色んなキャストを想像してみるのも邦画の楽しみに一つですね。
 
人物名を間違えておりました、さりげなく教えて頂き感謝です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『のぼうの城』(12日-38):

» のぼうの城 [風に吹かれて]
二万の軍勢と戦う方法お金では買えない秘策公式サイト http://nobou-movie.jp天下統一目前の豊臣秀吉(市村正親)は、北条勢を攻撃目標に定めていた。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち [続きを読む]

» 映画・のぼうの城 [読書と映画とガーデニング]
2011年 日本 和田竜さんによる原作は読んでおらず、映画も鑑賞予定に入れていなかったのですが 口コミ情報での評判は上々、さらに佐藤浩一ファンの主人がどうしても行きたい、と言うので夫婦50割で観てきました 天下統一目前の関白、豊臣秀吉の命により小田原...... [続きを読む]

» 『のぼうの城』を109シネマズ木場3で観て良し悪し半々ふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★ああ榮倉奈々が可愛いなあ。それが大事だよお】    まず、榮倉奈々が可愛い。 多分、この映画だから可愛いというのではなく、 榮倉奈々という生き物自 ... [続きを読む]

» 「のぼうの城」 人の力と銭の力 [はらやんの映画徒然草]
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先 [続きを読む]

» のぼうの城 [映画的・絵画的・音楽的]
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。  物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。  時の関白の豊臣秀吉(市...... [続きを読む]

» 「のぼうの城」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法]
2012年・日本/CIエンタテインメント=アスミック・エース配給:東宝、アスミック・エース 監督:犬童一心、樋口真嗣特撮監督:尾上克郎原作:和田 竜脚本:和田 竜撮影:清久泰延、江原祥二音楽:上野耕路... [続きを読む]

» 映画:のぼうの城 [よしなしごと]
 “戦いまする”という台詞が印象的。歴史物は苦手なので躊躇していたのですが、評判もいいし見に行くことに。そんなわけで今回の記事はのぼうの城です。 [続きを読む]

» 「のぼうの城」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法]
2012年・日本/CIエンタテインメント=アスミック・エース配給:東宝、アスミック・エース 監督:犬童一心、樋口真嗣特撮監督:尾上克郎原作:和田 竜脚本:和田 竜撮影:清久泰延、江原祥二音楽:上野耕路... [続きを読む]

» のぼうの城 [いやいやえん]
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描いた作品で、対するは石田三成率いる2万の大軍。史実をだいぶアレンジしているようですが、エンタメ時代劇ですしまあいいでしょう。面白かったですもん。 500 VS 20000…邦画版の「300」ですか。あー、こんなん勝てるわけないじゃんって思うわけですよ。戦国無双じゃあるまいし。しかし土壇場... [続きを読む]

« 11月です。 | トップページ | 映画『北のカナリアたち』(12日-39) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく