« 映画『夢売るふたり』(12日-33) | トップページ | 紀行「木曽路」~3つの乗り物スペシャル・バスツアー~ »

2012年10月 8日 (月)

映画『最強のふたり』(12外-27)

C966nvio7pmj3955_ 9月の3連休の後半に関東に行っておりました。

娘が休みを取れなかったので

夕ご飯だけ、新宿で一緒にとることにしました。

このチャンスに、ミニシアター系映画の聖地のイメージがあって

一度行ってみたかった場所「新宿武蔵野館」へ行くことに…!

話題の映画『最強のふたり』 (公式サイト) を、観て参りました。

【「立ち見」も納得です。】

9月17日 新宿武蔵野館にて

「観て参りました」と簡単に言いましたが

実は、あと一歩で鑑賞を断念しないといけない状態でした。

初めて行く場所なので、劇場のサイトで時間など下調べをしていたら

「混雑が予想されるので、開演の一時間前くらいに席の確保を」…と、あり

何せはじめて行く場所ですからね。

張り切って3時間も前に行きましたよ!

ところが~3時台は、すでにSOLD OUT

4時台も前のカップルが「立ち見です」と言われていて…

しかたなく、諦めて(心積りはしていたので)

「韓国映画の『凍える牙』を観るしかないな」と、思っていたら

何と!ラッキーな事に「おひとりさまでしたら~」と

80番のチケットをゲットすることが出来ました。

341701view005

本作、いち早くご覧になったゆうりさんから「太鼓判」と

お薦めいただいていたのですが

確かに評判が評判を呼ぶのも納得です。

クラッシックの生演奏の場面があるかと思えば

ノリノリの歌って踊ってのロックのシーンがあり

341701view003_2

カーチェイスのシーンにスカイダイビング

爽やかなお色気話も、いいんですよね~

実話ベースという事ですが

映画らしい楽しいシーンが演出臭くなく織り込まれています。

341701view004_2

最強、最高のふたりは何もかもが違っていて

しかも、決して妥協をしないで本音をぶつけ合うので

何が起こっても笑いが生まれるんです。

身体が不自由な事は確かに辛いし、苦しいでしょう。

最初、フィリップはいくら財力があったって…

こんな体で長生きできたって…と、考えているのですが

ドリスとの出会いによって、どんどんプラス思考に。

一方、ドリスも「弱者への思いやり」や「家族を思う心」

すっかり置き忘れて来ていた事に気づくんですね~~。

ドリスが踊り出すシーンで、笑いながら気がつけば涙が…

ゆうりさんによると公開劇場が、どんどん拡大しているそうです。

まだご覧になっていない方は是非! お薦めです♪

★★★★★ 

ハリウッドがリメイク権を獲得したとか…

それもまた楽しみです。

結局、私の後から入場された方も着席されていました。

この劇場の、チケット販売はどうなっているんだろう?

« 映画『夢売るふたり』(12日-33) | トップページ | 紀行「木曽路」~3つの乗り物スペシャル・バスツアー~ »

コメント

鑑賞後スッキリ爽やかな映画でしたね。

人口の多い関東は映画館の数が多くてもそれなり混雑するのですね。
やっぱ田舎(名古屋)でゆったり観るのがいいです♪

こにさん
すっかりご無沙汰してしまっています、
おまけにお返事が~本当にすみませんm(__)m
 
ウルッ…そして心から笑顔になれる映画でした。
生きてるっていいなって思えましたよ。
 
3連休の最終日だったので
山帰りと思われるカップルもおられました。
「立ち見」と表示されていても平気でチケットを買う人も…
さすが街中!と、驚くばかりでした。


そうですね、やっぱり行き慣れた場所が落ち着きます…

ほし★ママさん、こんばんは!

武蔵野館はちょっと箱が小さいのですよね・・・。
いい映画をやっているのですが、すぐに席がいっぱいになってしまうので、僕は日比谷のシャンテのほうに行くことが多いです(ネットで予約できますし)。
本作、よかったですよね。
予告編の時から期待していたのですが、期待通りでした。
二人とも良かったですが、ドリスが特に良かったです。
彼の前向きさがフィリップにもいい影響を与えられました。
本音を言い合える人がひとりでもいると人生は豊かになれますよね。

はらやんさん
こんばんは~
こちらにもコメとトラバを有難うございます。
 
武蔵野館>よくミニシアター系の作品がまず封切られるので
一度行って見たかったのですが
確かにあの人の多い街にしては、小さいですよね。
 
「日比谷シャンテ」は、シアターが集まっているんでしょうか。
ここも魅力的な作品が掛るみたいで~今度、一度行って見ます。
 
『最強のふたり』は、本当に最強で最高でした。
ドリス、良かったですよねぇ。
歌って踊るシーンでは、役柄にしては、ちょっとカッコ良すぎなくらいでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『最強のふたり』(12外-27):

» 『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い [映画のブログ]
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...... [続きを読む]

» 最強のふたり [風に吹かれて]
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ [続きを読む]

» 映画・最強のふたり [読書と映画とガーデニング]
2011年 フランス 原題 INTOUCHABLES 英題 UNTOUCHABLE スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づいた物語 映画冒頭、高級車で...... [続きを読む]

» 「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク [はらやんの映画徒然草]
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が [続きを読む]

» No.332 最強のふたり [気ままな映画生活]
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ... [続きを読む]

« 映画『夢売るふたり』(12日-33) | トップページ | 紀行「木曽路」~3つの乗り物スペシャル・バスツアー~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく