« 紀行「上高地」~河童橋周辺散策と立寄り湯~ | トップページ | 映画『鍵泥棒のメソッド』(12日-32) »

2012年10月 6日 (土)

映画『ダークナイトライジング』『おおかみこどもの雨と雪』『あなたへ』(12日-30,31)(12外-25)

7月後半から8月に観た映画の感想を、まとめて残しておきたいと思います。

『ダークナイトライジング』

340611view002

7月26日 地元テレビ局合同試写会(名古屋市公会堂にて)

【「思い」は、継がれていく

★★★★☆

ゆうりさんが試写会に誘って下さいました。

前2作を観ていませんでしたので

せめてDVDで…と、思いましたが、総て貸し出し中で~

一応、ネットであらすじやお友だちのレビューを読み漁っての鑑賞となりました。

感想は一言、想像していたよりずっとずっと「切ない」

思いが、心も体も強くしてくれるとは言え

何と言っても「普通」の人間のヒーロー物語。

そして、倒そうとする相手も「哀しみ」を背負った生身の人間なんですよね。

終盤、アレッ?この人の言動(まぁ、配役的にも)おかしいと思ったら

ラスト、「ア~、やっぱり!」と、なりましたね。

ただ、その後に大どんでん返しが用意されていたのに拍手!

サマーのお兄さんとネコのお姉さんがすごく良かったです。

「思い」は継がれていくのでしょうか、ちょっと楽しみ♪

『おおかみこどもの雨と雪』

Img_11266_62029655_2

8月13日 (地元ユナイテッドシネマにて)

【子育ては、「親離れ」「子離れ」のために・・・

★★★★

『時をかける少女』『サマーウォーズ』と、細田作品には感情移入しまくり。

本作は、年子の男女児を育てる物語でしたので

またまた、アレコレ色々な思いがこみ上げてくる場面はありました。

ただ、当然元々の設定から「ファンタジー」なので仕方ないけど

どう考えても「あり得ない設定」が、気になりまして~

「親離れ」「子離れ」を描いているのだけど

「子育て」の描き方が、雑すぎるのでは…、ちょっと残念に思いました。

今、シチューのCMに掛ってる「美味しく食べるシーン」が

もうちょっと映画の中で見たかったなと思います。

『あなたへ』

20121005_150357_large_2753

9月1日 (地元ユナイテッドシネマにて)

【「思い」は、継がれていく

★★★☆

「高倉健さん」と言えば日本の宝とも言える俳優さん。

久々の主演作だという事で、公開を楽しみにしていました。

おまけに、共演陣が「超豪華!」しかも「全員善人!!」

ロケ地も「超一流」の場所が選ばれていましたね。

映画館で配られたアンケートにも答えましたが

雲海に浮かぶ武田城址には、絶対行きたい!

それには、膝を治さなければ…

「いい景色」や「いい演技」を観れた事は、よかったのですが

登場人物の心情がかなりわかり辛く

「オチ(でいいのかな?)」が、主役にまつわる話ではなかったので

ちょっと感情移入には遠かったです。

このシーンやこの登場人物はいるのかな?と言う部分も多かったかな。

映画のクライマックスを「ビシッ」と決めて下さった大滝秀治さん

残念です、ご冥福をお祈り申し上げます。

« 紀行「上高地」~河童橋周辺散策と立寄り湯~ | トップページ | 映画『鍵泥棒のメソッド』(12日-32) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

» 『ダークナイト ライジング』 バットマン最大の敵に立ち上がる [映画のブログ]
 A hero can be anyone...  クリストファー・ノーラン監督は、三部作のテーマをそれぞれ一言で表現している。  『バットマン ビギンズ』は"Fear(恐怖)"。  『ダークナイト』は"Chaos(混乱)"。  そ...... [続きを読む]

» 『おおかみこどもの雨と雪』 ことはそう単純ではない [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  一見すると、『おおかみこどもの雨と雪』は細田守監督の前作『サマーウォーズ』(2009年)の延長のようだ。  だが、ことはそう単純ではない。  『おおかみこどもの雨と雪』は、大...... [続きを読む]

« 紀行「上高地」~河童橋周辺散策と立寄り湯~ | トップページ | 映画『鍵泥棒のメソッド』(12日-32) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく