« 花巡『桜~五条川~』 | トップページ | 映画『マリリン 7日間の恋』(12外-13) »

2012年4月14日 (土)

映画『東京プレイボーイクラブ』(12日-17)

2118_3  

 

怪しげな場所に座る大森さん、臼田さん、光石さん。

このチラシをもらった時から気になっていました、

この三人の共演となると、どうしても観たい!

『東京プレイボーイクラブ』(公式サイト)を見て参りました。

 

 

 

 

【みんな、カッコ良すぎだよ!】

4月14日 名古屋シネマテークにて

 

九州かな?町工場で働く(大森さん演じる)カツトシは

騒音にクレームをつけてきた若者にキレ、トラブルを起こします。

 

一方、東京の場末の飲み屋街。

客引きのタカヒロは、通りがかった若い男に因縁を付け

店(その名も「東京プレイボーイクラブ」)に、連れ込むことに成功。

どうやら、女性の過剰なサービスが受けられる店のようです。

(面接帰りの若い男役が森岡龍くん◎ケド、店内の場面はナシ)

341070view004

(タカヒロと同棲してるのが臼田さん演じるエリ子です。)

 

その店を経営するセイキチ(光石さん)が

故郷の先輩だったようで、カツトシがフラッと店に現れます。

341070view005

早速、飲みに行った店でトラブルを起こすカツトシ。 

一方、タカヒロも事件を起こして…

 

色と金と暴力と~よくあるタイプのバイオレンス映画。

笑えるセリフとかシーンもあるんですけどね。

341070view003

「このシーン、どっかで観た事あるぞぉ~」と

思わせちゃうのが残念ですね。

 

それに、この映画の主役に大森さんは「カッコ良すぎ」でしょ。

私の大好きな『ハゲタカ』の鷲津のまんまなんだもの。

タカヒロ役のお兄ちゃんもなかなかのイケメンで

強調していた情けなさ感、ゼロだし~

三浦くんに至っては、「髪だけ染めたってダメなんだよ!」と

コッチの方が「ガラ」が、悪くなっちゃいました。

 

ただ、光石さんは、やっぱりいいなぁ~。

何か「へタレな悪役」が、良く似合ってる。

なぜか、カツトシは標準語で、セイキチが方言なのも良かったです。

 

と、これは音楽が良かったです。

アコーディオンの音色が映画の色とピッタリマッチしてました。

終わりの消化不良のモヤモヤをエンディングのシャウトがちょっと薄めてたし。

 

★★★

嫌いじゃないけど、惜しい。

でも、大ヒット中らしい『スペック』よりは、ずっと良かった。

前の席のお兄さん、いっぱい笑ってくれて有難う!

 

それにしても、三浦くん出過ぎ!

正月以降、週1でご尊顔を拝してる気がします。

 

* 追記 *

いつも参考になるお話を伺うクマネズミさんの

ブログ映画的・音楽的・絵画的」の記事によりますと

本作がデビュー作の監督奥田庸介氏は

何と!!1986年生まれだそうで

1984年生まれのわが息子より、2歳も年下という事なんですねぇ。

これは、次回作に期待!応援して参りたいと思います。

 

 

 

« 花巡『桜~五条川~』 | トップページ | 映画『マリリン 7日間の恋』(12外-13) »

コメント

お、『SPEC』よりはいいんですか。私はもうそちらはスルー予定なんで(苦笑)
大森さんと光石さんという味のある2人がメインだからこそそこそこ楽しんでは
観ていましたが、この2人じゃなかったら辛かったろうなぁと思います。

今晩は。
おっしゃるように、「これは音楽が良かった」と思います。
それにしても、「三浦くん出過ぎ」ですが、「光石さんは、
やっぱりいい」ものの、もっと「出過ぎ」かもしれません。
そんなこともあり、今度の『レンタネコ』はパスしようかな
と思っています。
なお、拙ブログを「追記」で言及して下さり、恐縮至極です。
いつも拙い内容で冷や汗物ですが、今後ともよろしくお願
いいたします。
〔また、拙ブログを「貴ブログの「ブックマーク」欄に掲載し
ていただき、誠に光栄です。拙ブログの「ブックマーク」欄
にも貴ブログを掲載いたしたいと思います。〕

KLYさん
おはようございます。
いつも有難うございます。

あらら~KLYさん、『スペック』はスルーですか!
感想をお聞きしたかった気もするのですが…

そうですね!このふたりのインパクトで観れるけど
内容的には、ちょっと何を見せたいんだかでした。
でも、若い感性に期待したいです。

クマネズミさん
おはようございます。
コメントとトラバをどうも有り難うございます。
 
丁寧で詳しい記事のおかげで、この作品の視点が変わりました。
三浦くんは、たまたま、試写でみせて頂いた『スペック』と『わが母の記』にも
出ておられた上、NHKのドラマにも。
でも、どれもテンションが同じに見えて~
 
確かにこの光石さんは、『しあわせのパン』とイメージかぶっているかも。
でも、『レンタネコ』は、今一番楽しみにしています。

僕は東京公初日に見ました・・・・光石さんは
もう 今まで含め 最優秀助演演技賞与えても
それにしても 三浦君は最近ドラマも映画も凄いよね 
ヤンチャ役多いけどね!!

sakuさん
そうかぁ~、どっかで引っかかっていたと思ったら
sakuさんの記事だったんですね。
もうずっと前、監督さんの紹介もしてくれていたんですね。 
確かに「臼井」?映画~今後に期待ですね。

そして、三浦くん、NHKのドラマにも連荘で出てましたよね。
お兄ちゃんも舞台デビューだそうですし、三浦家はスゴイ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『東京プレイボーイクラブ』(12日-17):

» 東京プレイボーイクラブ(2012-017) [単館系]
東京プレイボーイクラブ ユーロスペース1 選定理由は 臼田あさ美さんが出ている 佐藤佐吉さんが俳優として出ている の2点。 監督は新人さんですか。 キャッチコピーに「戦い続けろ。かしこくな...... [続きを読む]

» 東京プレイボーイクラブ [映画的・絵画的・音楽的]
 『東京プレイボーイクラブ』を渋谷ユーロスペースで見ました。 (1)この映画は、ユーロスペースのHPに、「極めて個性的な新人監督のデビュー作の主演に、日本を代表する俳優が名乗りをあげた。いま、最も実力と人気を兼ね備える大森南朋」とか、「久々に大物新人監督、...... [続きを読む]

» 「東京プレイボーイクラブ」 最近よくある系の映画(-_-;) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
2010年のゆうばりファンタスティック映画祭でグランプリを 獲得した弱冠24歳の [続きを読む]

« 花巡『桜~五条川~』 | トップページ | 映画『マリリン 7日間の恋』(12外-13) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter