« 映画『灼熱の魂』(12外-4) | トップページ | 映画『キツツキと雨』(12日-7) »

2012年2月11日 (土)

映画『サラの鍵』(12外-5)

劇場鑑賞は逃してしまったのですが

先日、自宅で『黄色い星の子供たち』を観ました。

Img_957875_61573170_0

鑑賞後、ネッ友さんのレビューを読ませてもらっていたら

せぷたか。さんが、本作について書いておられたので

全くノーチェックでしたが『サラの鍵』(公式サイト)を、観て参りました。

 

 

【真実を知る事の意味。】

2月10日 名演小劇場にて

 

『黄色い~』と、元々の扱っているテーマは同じ

パリでユダヤ人が大量検挙された「ヴェル・ディヴ事件」です。

『黄色い~』は、事件そのものがノンフィクション風に語られましたが

本作は、この事件に興味を持ったジャーナリスト・ジュリアが取材によって

事件に迫っていくと言う~ストーリー性を持たせた作品です。

 

1942年、パリの町中のマンション、黄色い星の付いていない寝間着姿で

無邪気に弟とはしゃぐサラ、椅子には猫がはべっています。

そんな明るく可愛いサラの笑顔は、ある朝、突然の乱入者によって奪われます。

フランス政府によるユダヤ人一斉検挙が始まったのです。

Sara3

機転を利かせ「弟は田舎で療養中」と嘘をつき、クローゼットに隠すサラ。

鍵を近所の人に預けて助けてもらおうとするのですが…

ここで、悲しいのは昨日まで隣人だと思っていた人たちが

今日には、敵に回ってしまっている事です。

普段から、声高に「ユダヤ人、キライ」と言ってる人ではないのですが…

 

屋内自転車に連行され、その後臨時収容所に移送されたサラ。

Sara02

ここから、サラは数奇な運命を辿ることになります。

 

一方、現在のパリ、夫と娘とで新居のリフォームを見学に来たジュリア。

新居は、夫の一家が長く住んだ場所で、夫が譲り受けたものでした。

義祖母から家の思い出話を聞いたジュリアは引っ掛かりを感じます。

ジュリアは、ジャーナリストで「ヴェル・ディヴ事件」を取り上げようとしているのですが

パリ市内のアパートで、戦争中の引っ越し~

家の取得は、「ヴェル・ディヴ事件」と関係があるのではないか。

1_2

ジュリアは「ホロコースト記念館」に取材に出掛けある事実を知ることに。

 

サラのたどった運命と、ジュリアの日常が交互に語られていく本作。

たどり着いた先には「事実を伝えることを恐れる人たち」が、います。

夫からも「事実を知って誰かが幸せになれるのか」と

取材の姿勢を批判されますが、それでも、ジュリアは続けます。

ジュリアが(夫の望まぬ子を)妊娠中、アメリカ出身など

色んな要素がうまくかみ合って物語も進んでいきます。

 

ジュリアが最後に手に入れたのは、固く閉ざした人たちの心の鍵。

鍵は開けなくてはいけなかったんです。

 

★★★★★(お気に入り作品登録)

これは、多くの方に薦めたい素晴らしい作品でした。

 

 

 

« 映画『灼熱の魂』(12外-4) | トップページ | 映画『キツツキと雨』(12日-7) »

コメント

こんばんは!

過去(1942年)と現在(2009年)が、巧く交互に描かれていました。
自らの家族に罪悪感を覚え、サラの辿った過去を追うジュリア。
何とも言いようのない感動作でいた。
ジュリアが我が子につけた名前を聞いた時には・・・・・涙・・

お早うございます。
おそらく、モット早くにサラはクローゼットの鍵を開けなくてはいけなかったのでしょう。でもそんなことをしたら、弟はスグに警察に捕まって、やっぱりガス室に送り込まれてしまったかもしれません。サラの息子も、ジュリアが無理に真実の鍵を開けなかったら、自分がユダヤ人であることを知らないままでいられたでしょう。
ですから、「鍵は開けなくてはいけなかった」わけでもないようにも思われるところ、そんなことを言ったら、日本橋署の加賀刑事がすぐさま飛んできて、「真実ときちんと向き合っていないからこそ、世の中の事件は起こるのだ!」と厳しくお説教することでしょう!

kunishimaさん
コメントとトラバを有難うございました。
しばらくROM専門で、読み逃げを繰り返していましたが
少し、時間に余裕ができてきました。
 
私は、赤ちゃんには男女どっちかの名前を付けるんだろうと
想像はしていたんです、でも「ルーシー」が出て来たから・・・
いやぁ、本当にあのラストにはやられました。
 
今日もまた早朝からお出かけでしょうか。
風もなくて、晴れていてよかったですね。

クマネズミさん
おはようございます。
コメントとトラバをどうも有り難うございます。

あはは~、そうですよ。
隠されているのが、どんなに悲しい真実でも
加賀は、それを明らかします。
きっとサラの夫のような人物が一番嫌いなはず~
ごくごく「普通な考えの持ち主」なんですけどね。
と言う意味で、このサラの夫をもっと「いい人」に
描いて欲しかったとは、思っています。

作品には、いくつもの「〇〇しなければ~」が、ありますね。
でも、サラがカギをかけなかったら、もっと早く開けていたら
サラの息子は、きっと存在しなかったでしょう。

開けなければいけない、その通りですよね。
キチンと真実に向き合わなければ人間前には進めないですもん。
ただ私いっつも思うんですけど、どうしてあそこまで子どもをいらない
っていうなら避妊しないんだよ!って。
結構海外の映画ってこのパターン多いんで、自分の中では車のドア
ロックをしないのはなぜ?ってのと同じぐらい不思議です。

KLYさん
コメントとトラバを有難うございます。
すっかりリコメが遅くなってしまって申し訳ありません。
 
あはは~、確かにそうですよね。
もうできる訳がないと思っていたんでしょうか。
まぁ、このお話でソコ押さえてたら締まらない映画になっちゃったでしょうが…
 
そう言えば、「どうぞご自由にお乗りください」って
都合よく停まっていますよね。

事実を知って幸せになれるのかと夫は言いましたが、
目を逸らしたままでも、結局ジュリアと夫は擦れ違ったままでしたよね。
サラが鍵を開けることを(そこにどんな現実が待っていようが)諦めなかったことに対し、
ジュリアも自分の本当の気持ちを諦めることをしなかった。
結果、サラと名付けられた子供が存在することになって、そこにこの作品の救いが見えた気がしまいした。観て良かったです!

やまべさん
こんばんは!
TBとコメントを有難うございました。

そうでしたね、夫は結局逃げているだけでしたね。
でも、ジュリアの強い信念が結局サラの息子も救ったのよね。
本当に観て良かったです。
過去の悲劇が現代に繋がっていることを描いたところも好きです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『サラの鍵』(12外-5):

» サラの鍵 [映画 K'z films 2]
Data原題ELLE S'APPELAIT SARAH監督ジル・パケ=ブランネール出演クリスティン・スコット・トーマス メリュジーヌ・マヤンス ニエル・アレストリュプ エイダン・クイン フレデリック・ピエロ公開2011年 12月... [続きを読む]

» 『サラの鍵』 [映画を楽しむ]
2月4日            名演小劇場3F(18:55〜)         ☆☆☆☆☆ 4本目 製作国:フランス            上映時間:111分        製作年度:2010年 原作:タチアナ・ド・ネロ 監督:ジル・パケ=プランネール 脚本:       〃 撮影:パスカル・リダオ 音楽:マックス・リヒター 出演 クリスティン・スコット・トーマス/ジュリア・ジ..... [続きを読む]

» サラの鍵/Elle s'appelait Sarah [LOVE Cinemas 調布]
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行してゆく。主演は『ずっとあなたを愛してる』のクリスティン・スコット・トーマス。監督はジル・パケ=ブランネールが務めた。... [続きを読む]

» サラの鍵 [映画的・絵画的・音楽的]
 『サラの鍵』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)この映画は、以前見た『黄色い星の子供たち』で描かれたのと全く同様の事件(注1)を取り扱った作品で、そちらがかなり実録ベースであるのに対して、こちらはフィクション仕立てになっています(注2)。  そして、そ...... [続きを読む]

» サラの鍵☆独り言 [黒猫のうたた寝]
銀座から新宿武蔵館に駆け込み、宿題の2本目は『サラの鍵』でした。1942年パリ。ユダヤ人一斉検挙ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)。ナチス占領下のフランスでユダヤ人約1万3000人が味方であるはずのフランス警察に検挙されドイツの強制収容所... [続きを読む]

» サラの鍵 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・ ... [続きを読む]

» サラの鍵 [映画感想メモ]
その場にいて、何が出来たのか。 いい加減あらすじ 1942年。サラは当時10歳。 [続きを読む]

» サラの鍵 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”と話し、ジュリアにサラのことを調べようとするのを止めるように言います。 第二次世界大戦を体験したパリの人々の間には、“知っていたとしても口にしてはいけない”、“目を向けてはいけない”というような、自らが罪を犯してしまったかのような後ろめたい空気があ... [続きを読む]

» 映画『サラの鍵』を観て [kintyres Diary 新館]
11-86.サラの鍵■原題:Elle sappelait Sarah(英題:Sarahs Key)■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:111分■字幕:斎藤敦子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿武蔵野館(新宿)□監督・脚本:ジル・パケ=ブレネール□脚本:セルジュ・...... [続きを読む]

» サラの鍵 [うろうろ日記]
映画館に見に行きました。 【予告orチラシの印象】自分が住む予定のアパートで起こ [続きを読む]

» サラの鍵 [映画、言いたい放題!]
脚本ゼミの仲間でやっている映画を観る会が 皆のスケジュールが合わず 今月はお休みです。 何となく淋しい気がして、 一人で映画を観る会を勝手に実行。 なーんて、一人で映画を観るのはよくあるのですがね。(笑) この作品は私が作品を決める回の時に観ようと思ったのですが... [続きを読む]

» サラの鍵 [いやいやえん]
フランスでユダヤ人が迫害されていたという事実。そういう事実があったことは知ってはいましたが、詳しくは知らなかった自分が恥ずかしいですね。とてもよく出来ている作品でした。 現代、ジャーナリストのジュリアは、夫が祖父母から譲り受けたアパートに、かつてユダヤ人家族が住んでいたことを知る。過去、ユダヤ人一斉検挙の朝、少女サラは弟を納戸に隠して鍵をかける。 「サラの鍵」とは、ユダヤ人の一斉検挙が行われた際、サラが弟をとっさにかくまった納戸の鍵のこと。すぐに帰れると思っていたサラが何気なく取ったこの... [続きを読む]

» DVD:サラの鍵  ヴェルディヴ事件を追う女性記者が、少女サラを通して辿り着く真実とは。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1942年、ナチス占領下のパリ。 ユダヤ人一斉検挙がフランス警察によって行われ、競輪場に集められ迫害を受けた後、収容所に送り込まれ 死に追いやられていた。 この重い事実をネタにした映画(ヴェルディヴ事件) 最近でいうと「黄色い星の子供たち」 LA RAFLE(2011-07-...... [続きを読む]

« 映画『灼熱の魂』(12外-4) | トップページ | 映画『キツツキと雨』(12日-7) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく