« 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』@午前十時の映画祭。(12外-2) | トップページ | 映画『ロボジー』(12日-1) »

2012年1月12日 (木)

映画『永遠の僕たち』(12外-3)

ノーチェックだったのですが、時間がピッタリだったのと

加瀬くんが出ていることを知って、観て参りました。

『永遠の僕たち』(オフィシャルサイト)

 

【もう、大丈夫・・・】

1月8日 TOHOシネマズ名古屋ベィシティにて。

 

両親を事故で亡くし、自らも臨死体験をしたうえ

友だちは、特攻隊員のゴースト(英霊ですかね?)だけ…

339726view003

面識のない人物のお葬式に出席したり、死体ごっごをしたり

現実から目を逸らし、無益な毎日を過ごすイーノック。

あるお葬式で、不治の病に侵されたアナベルに出会います。

 

普通、こういう不幸を背負った少年は

健気ないい子と相場が決まってる気がするのですが、イーノックは違います。

平気で相手が傷つく事を言ったり、追い詰めたり…

 

屈折した生き方しかできないイーノック。

アナベルと過ごし愛し合うようになって

その凍りついた心が、徐々に溶けていきます。

339726view006

アナベル演じるミアちゃんが、もう可愛くて可愛くて~~

アリスを演じてたお嬢さんだそうですね。

ショートカットで透明感のある素顔に近いこっちの方が断然ステキ! 

ヘンリーくんも、瞳がいいですね。

(お父さまとはかなりタイプが違うような…!?)

このふたり、絵になるんです~

 

アニマル柄のコートに真っ赤なグローブの彼女。

ローブのようなコートをまとった彼。

ファッションがまたすっごくいいの。 

そこに、加瀬くんの特攻服が加わると、さらにスタイリッシュ。

339726view001_2

 

ふたりが大人なのか子どもなのか、その辺の微妙な感じ

ゴーストがそばに居ると言うファンタジックな設定。

でも、現実にふたりを見守る人も、きっちりと描かれています。

 

イーノックが立ち直ったのを見届けたかのように…

 

手紙がとっても切ないです。

死を美化してるわけではないけど、美しい作品。

ラストシーンがすっごくいいです。

 

★★★★☆

ミアちゃんは、『キッズ・オールライト』にも出てるんですね。

ちょうど今、レンタルしてきています

そして、ヘンリーくんのこれからも、とても楽しみ♪

« 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』@午前十時の映画祭。(12外-2) | トップページ | 映画『ロボジー』(12日-1) »

コメント

お早うございます。
この映画は、「アニマル柄のコートに真っ赤なグローブ」の「ミアちゃんが、もう可愛くて可愛くて」に尽きるかもしれません!
でも、そればかりか、「ローブのようなコートをまとった」「ヘンリーくん」も、「特攻服」の「加瀬くん」も素晴らしいのですから、堪えられません。

今年もよろしくお願いいたします。

クマネズミさん
コメントとトラバをどうも有り難うございます。

加瀬くんの「特攻服」をほめたら不謹慎かなとちょっと不安でしたが
ハロウィンのシーンもあったので、思った通りに書きました。
クマネズミさんにも賛同いただいて、すごく嬉しいです。
衣装がステキと言うだけでなく
心情とリンクしているところがすごくウマかったですね。

年末年始は、公私とも色々あって結局お休みしてしまいましたので
すっかりご無礼をしています、こちらこそよろしくお願いいたします。

ほし★ママさん、こんにちは!

ヘンリーはお父さんと似てないなーと思って観ていたのですが、時折ふとした表情がとても似ていて、やっぱり親子だなぁと思いました。
彼の最後の笑顔は良かったですよね。
ミアも中性的で透明感のある役でしたよね。
とても役にあった雰囲気でした。
加瀬くんは英語上手いなーと思ったら小さいときはアメリカにいたんですね。

こっちは昨年、シメに観た映画

絵になってましたね!
ミア・ワシコウスカめちゃめちゃかわいかった
ほんでヘンリー君もハンサムで!お父さんと似てないようで
やはり似たところも見受けられて胸が熱くなりました。

『キッズ・オールライト』も好きな映画です。
もうご覧になったかな??

はらやんさん
今回のヘンリーの役がとても繊細な感じだったので
お父さまと違うタイプかなと思ったのですが
やはりよく似てらしたのですね、これからが楽しみです。
 
加瀬くんは、バイリンガルなんですか!
本当に違和感なく作品に溶け込んでいてステキでした。
 
ミアちゃんもショートカットがとてもお似合いでした。

kenkoさん
まとめて記事が上がっていて
チョイスが結構合っていたので、うれしくなりました。
やはり、kenkoさんもヘンリーくんのパパ似を発見されたのね。
違うタイプなんて思った私がちょっと恥ずかしいです。
 
『キッズ・オール・ライト』観ました。
ミアちゃん、可愛かったね。
kenkoさん2011年ベスト作品、『冷たい熱帯魚』と『スーパー』もDVDで…
まとめ記事に少しづつ上げています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『永遠の僕たち』(12外-3):

» 『永遠の僕たち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「永遠の僕たち」□監督 ガス・ヴァン・サント □脚本 ジェイソン・リュウ □キャスト ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬 亮■鑑賞日 12月30日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)...... [続きを読む]

» 「永遠の僕たち」 消化しきれていない死 [はらやんの映画徒然草]
2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。 他のブロガーさんの昨年の [続きを読む]

» 永遠の僕たち [映画的・絵画的・音楽的]
 『永遠の僕たち』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)本作は、自閉症気味の青年が主人公ですが、実はこれもまた、余命3カ月と宣告された少女を巡る物語でもあります。  であれば、『50/50』と『私だけのハッピー・エンディング』、それに本作という具合に、短期間...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [風に吹かれて]
two of usthree of us か?公式サイト http://www.eien-bokutachi.jp舞台劇“Of Winter and Water Birds”の映画化監督: ガス・ヴァ [続きを読む]

» 映画「永遠の僕たち」生きることに実感できない毎日の空虚 [soramove]
「永遠の僕たち」★★★☆ ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮出演 ガス・ヴァン・サント監督、 90分、 2011年12月23日公開 2010,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (原題:RESTLESS) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 不治の病に冒された少女と、 死に取り憑かれた青年の恋の物語 ... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [C note]
映画納めはガス・ヴァンサント監督の新作。 昨年亡くなったデニス・ホッパーの息子ヘ [続きを読む]

» 永遠の僕たち [うろうろ日記]
普通に映画館で観ました。 【予告orパンフの印象】きっと、女の子は死んじゃうんだ [続きを読む]

» 映画:永遠の僕たち Restless「死」に取り付かれた青春映画、ってかなり嫌悪しつつ妙に残るものが、嗚呼... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「死」にまつわるストーリー展開は、基本パスな私。 なのだけれど、監督がガス・ヴァン・サントなので。 他人の葬式に勝手に参加する少年。 これにからむ女性、そして幽霊(なんと特攻隊員!) この関係性が少しずつ動き出す。 最初は嫌々(笑)観ていた。 のだが、...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [食はすべての源なり。]
永遠の僕たち ★★★★☆(★4つ) 余命三ヶ月と、臨死体験をした期限付きラブストーリー。 死を死として描き、美化されずよかったと思います。 加瀬さんの英語発音がきれい!と思ったら、帰国子女だったんですね。...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [映画三昧、活字中毒]
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞永遠の僕たち/RESTLESS 2011年/アメリカ/90分 監督: ガス・ヴァン・サント 出演: ヘンリー・ホッパー/ミア・ワシコウスカ/加瀬亮/シュイラー・フィスク/ジェー...... [続きを読む]

» [映画『永遠の僕たち』を観た(スマン、短信だ)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは、激烈な傑作であった。  残業を午後八時までした後、家と逆方向の多摩センターまでレイトショーを観に行き、心に、淡々と、だが大きな感動を、この作品は与えてくれた。    ◇  見知らぬ者の葬式に参列し、雰囲気をそれとなく観察することを趣味としている...... [続きを読む]

» 映画:永遠の僕たち [よしなしごと]
 まだ見てから1ヶ月もたっていないのに、見たこともすっかり忘れてました。と言うわけで今回は永遠の僕たちのレビュー記事です。 [続きを読む]

» 映画『永遠の僕たち』を観て [kintyres Diary 新館]
11-93.永遠の僕たち■原題:Restless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:寺尾次郎■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ □監督・製作:ガス・ヴァン・サント□脚本(脚色):ジェイソン・リュウ□撮影監督:ハリス・サヴィデス□編集:エリオ...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★余命わずかな女の子との恋物語は日本のドラマなどでもわりとよくある話のように思います。 この映画の面白いところは、人の死に惹かれてしまったという主人公と、その友人のヒロシの存在だと思います。 赤の他人の葬儀に参列するなんて常識では考えられない不謹慎な奇行ですよね。 イーノックの両親が死んだ事故の際、一緒に車に乗っていた彼は昏睡状態となり、臨死体験をします。そんな中で両親の葬儀が執り行われ、言ってみればイーノックが知らないうちに両親が墓に入ってしまった形になってしまうのでした。そんなことを考える... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [悠雅的生活]
葬式ゲーム。自然観察者。敬意のお辞儀。 [続きを読む]

« 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』@午前十時の映画祭。(12外-2) | トップページ | 映画『ロボジー』(12日-1) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter