« 映画『ヒミズ』(12日-3) | トップページ | 映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12日-5) »

2012年1月23日 (月)

映画『月光ノ仮面』(12日-4)

板尾監督の前作『脱獄王』が、大好きでした。

散々シリアスに、ミステリアスに描いて来ての「オチ?」「サゲ?」

國村さんの一言に膝を叩いて大笑い~

期待を込めて、2作目『月光ノ仮面』(公式サイト)を観て参りました。

感想は ラストシーンを含め、色々ネタバレ しています、ご了承ください。

 

【想像力を掻き立てられて…】

1月22日 伏見ミリオン座にて

「かの有名『粗忽長屋』を題材に…」と言うのは、知っていたのですが

「かの有名な作品」を全く知らないまま観に行こうとした「粗忽者」です。

これだけは知っておいた方がいいかと思い直し、ネットであらすじ

シナリオ化したもの、立川談志師匠高座の動画を拝見してから鑑賞しました。

  

現実味のあまり感じられない街にひとりの復員兵。

ふらっと、寄席を覗いたかと思うと、いきなり「高座」に上がってしまいます。

大騒ぎで、引きずりおろされる謎の男、観客はドタバタに大爆笑。

  

人が「その人」が「誰であるか」を決める決め手って何なんでしょう。

「粗忽長屋」では、八公が行き倒れの死体を熊と決めつけ

「俺は、毎朝顔を洗うたび、自分の顔を確認してる。だから自分の顔がわかる

お前の顔もよく知ってる、そんな俺が言うんだから絶対だ」と

当の熊に納得させてしまう訳ですが…

339550view006

本作では、師匠の娘の弥生が「あるもの」を見て断言したので

謎の男が真打目前にして出征した人気噺家で、弥生の許嫁でもある

「うさぎ」だと決めつけられてしまいます。

さて、弥生は気づいていたのか気づいていなかったのか。

うさぎではないとわかっていながら、それでも謎の男をうさぎと信じたかったのか。

  

全編通じてこんな感じ…謎だらけ。

欠けることのない月、遊女との穴掘り、タイムトラベラーの出現~

どれ一つをとっても首をかしげることばかりです。

でも、何とも想像力を掻き立てられます。

 

石原さとみちゃんがすごくよかったです。

本物のうさぎ(岡本太郎←何ってネーミング!)の出現に戸惑う様子。

謎の男に複雑な視線を投げたり、太郎に対して思わぬ行動に出たり・・・

弥生の気持ちだけは私なりに解釈、納得した気がしています。

339550view014

「カ・イ・カ・ン」なラストには、ただ呆気にとられましたが

辛く悲しい戦場の死と寄席での笑いながらの死~の対比に

メッセージが込められているのかな!? 

どう落としてくるのか想像もつかなかったので

さすが、「ウマイ!」と、思いました。

 

おっと、ラストにもう1シーンありましたね。

あれは、いつの事なのか? という疑問と

「車夫、あなたはいったい誰なの?」

やっぱりようわかりません。

 

★★★☆

池に並んで座ってるシーン、板尾さんと浅野さん、結構似ていてビックリ。

339550view012

月夜の池のシーンに流れる「月光」はとにかく

エンディングの「非情のライセンス」がはまりすて、ノリノリになってしまいました。

 

☆  追記 ☆

観ようと決めていた映画は、極力情報を入れずに出かけるようにしています。

その代わり、記事を書いてからはみなさんのレビューや記事を読み漁ります。

何せ「粗忽者」なので、記事のミスのチェックの目的が大きいのですが

本作に関しては、みなさんの解釈が気になって、気になって~

 

すごい!すごい!

怒り、酷評あり、絶賛もたまにあり…どれも読み応え十分で

映画鑑賞のオマケとしては、かなり得した気分です。

 

情報によると、ノベライズ本があるそうなので読みたくなりました。

と、これはDVDが出たら絶対にじっくりと検証したいです。

 

 

 

 

« 映画『ヒミズ』(12日-3) | トップページ | 映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12日-5) »

コメント

石原さとみちゃん、最近益々綺麗になってますよねぇ。
この間「ひみつの嵐ちゃん」に出てたの観ましたけど、
かわいいというよりホント美人になったし、しかも色気が
でてきたなぁと思います。
正直なんじゃこりゃ!って作品でしたが、舞台挨拶で
しかも2mぐらい前に板尾さんがいたの見れたんで、それ
で満足してたりww

KLYさん
コメント、有難うございます。
石原さとみ「ちゃん」、というより「さん」ですかね。
本作では、上品な色気もあって本当にきれいでした。
ラストの表情もすごくよかった!
 
板尾監督の舞台挨拶を近くでご覧になったんですね
羨ましいです、独特の雰囲気なんでしょうね。
いつもレポート、本当に楽しみにしています。
また、よろしくお願いします。

こんにちは!!なんかこの映画 みんな「解りません」って感じで
今度 キネマ旬報受賞式で見る事にして
「脱獄王」も借りました!!  なんか見るのが楽しみになりました!!

sakuさん
コメント、どうも有り難うございます。
『脱獄王』のオチは関西人の私には、たまらないモノでして
ストーリー自体もあんまり矛盾がなかったんですが
本作は、かなり手ごわいと言うか、訳ワカメ。
でも、何か興味を惹かれたんですよね~。
またまた濃い東京遠征になりそうですね。
色々な感想、楽しみにしております。

今晩は。
おっしゃるとおり、「謎だらけ。欠けることのない月、遊女との穴掘り、タイムトラベラーの出現~どれ一つをとっても首をかしげることばかり」ながら、「何とも想像力を掻き立てられ」るので、色々考えるのですが、敢えなく討ち死にといったところです。
でも、これはこうあれはあれと隈なくパズルを解かれてしまったら、それもまたつまらないのでは、解釈が難しいところが幾つも転がっている方が人生そのものではないか、と開き直ることにしています。

クマネズミさん
こんばんは!
コメントとトラバを有難うございます。

「あ~、そう言う事だったのか!」が欲しい、または
絶対ないといけない作品もあると思うのですが
これに関しては、全然気になりませんでした。
 
しばし「何やったんやろ?」って考えましたが
それもどうでもええわ~となり
それでも「面白かったやん」と、なりました。
 
確かに世の中は不思議な事だらけですよね。

観劇ありがとうございました。
ブログを読んでなんだかうれしくなり、コメントさせていただきました。
ありがとうございました。

アイハラミホ。さん
こんばんは~
キャストの方からコメントを頂くなんて
今までなかったので、とっても興奮しています。
どうも有り難うございました。
「お亀」~インパクトのある役でしたね。
実は帰ってすぐに、「遊女役」で検索したんですよ。
次の作品も楽しみにしています。

今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^

バーバリーアウトレットさま
こんにちは、すごいですか!?有難うございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『月光ノ仮面』(12日-4):

» 『月光ノ仮面』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「月光ノ仮面」□監督・脚本 板尾創路□キャスト 板尾創路、浅野忠信、石原さとみ、前田 吟、國村 隼、六角精児、        津田寛治、根岸季衣、平田 満、木村祐一、宮迫博之、矢部太郎、        木下ほうか、柄本 佑、千代将...... [続きを読む]

» 「月光ノ仮面」 ・・・よくわからん [はらやんの映画徒然草]
「板尾創路の脱獄王」でデビューした板尾創路監督の第二作目です。 古典落語「粗忽長 [続きを読む]

» [映画『月光ノ仮面』を観た(すまん、超短信だ)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆最近、落語を聴くことに凝っているので、予備知識なく見たこの作品が、落語の「粗忽長屋」をベースにしていると知って、ちょいと嬉しくなった^^  コメディかと思いきや、見ようによっては文芸作品っぽくて、すっとぼけた板尾創路らしく、なかなか面白かった。  戦...... [続きを読む]

» 「月光ノ仮面」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 板尾創路第二回監督作品。終戦後の東京に、突如現れた傷痍軍人。記憶を失ったその男の正体は、かつて寄席で一、二を争うほどの人気落語家・森乃家うさぎだった…?    いきなりでなんだが、察するに本作は何も言っていない。  おそらくは多くの批評サイト、あるいは個... [続きを読む]

» 月光ノ仮面 [だらだら無気力ブログ!]
まったくもって何が何やら意味不明。 [続きを読む]

» 月光ノ仮面 [映画的・絵画的・音楽的]
 『月光ノ仮面』を渋谷のシアターNで見ました。 (1)前作の『板尾創路の脱獄王』がなかなか面白かったものですから、この映画もまたと期待して映画館に向かいました。  そういえば、前作も、吉本の喜劇人が作る映画だからと思って見たら、なかなか一筋縄ではいかない仕...... [続きを読む]

» 月光ノ仮面 [とりあえず、コメントです]
板尾創路監督&主演の戦後の混乱期を舞台に描いたちょっと不思議なドラマです。 この人の作品は初めてだったのですけど、今はフリーパスポート月間中なのでチャレンジしてみました。 とってもシュールな展開で、思いっきり分からないところが面白いかもという雰囲気の作品でした(^^ゞ ... [続きを読む]

» ■映画『月光ノ仮面』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
これぞ板尾創路ワールド!という不条理な世界がこれでもかというほど展開していく、板尾創路が監督・脚本・主演を務めた映画『月光ノ仮面』。 妖しい満月が続く町にやって来た一人の復員兵と、ある落語家一門で起こる出来事を描いています。 こういう言い方は映画を表するの... [続きを読む]

» 「月光ノ仮面」 なんかおしい映画(-_-;) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「板尾創路の脱獄王」で映画監督デビューを飾った人気 お笑い芸人・板尾創路の監督第 [続きを読む]

» 映画『月光ノ仮面』 [かえってきた秘宝館]
監督・脚本・出演 板尾創路 浅野忠信 (岡本太郎)石原さとみ (弥生)前田吟 (森乃家天楽)國村隼 (席亭)六角精児 (森乃家金太)津田寛治 (熊倉隊員)根岸李衣 (岡本孝子)平田満 (達造)木村祐一 (平尾小隊長)宮迫博之 (神楽文鳥)矢部太郎 (森乃家福次郎...... [続きを読む]

« 映画『ヒミズ』(12日-3) | トップページ | 映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12日-5) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく