« 映画『永遠の僕たち』(12外-3) | トップページ | 『キッズ・オール・ライト』『冷たい熱帯魚』とかアレとかコレとか…(12宅) »

2012年1月13日 (金)

映画『ロボジー』(12日-1)

映画 ロボジー(公式サイト) を

思いがけず「舞台挨拶付」の試写会でみせて頂くことができました。

 

矢口監督、吉高ちゃん、岳くんそして五十嵐信次郎さんの4人が

登壇されると言う豪華さ~公開週の試写会という事で

全くそんな事は期待していなかったので、開場後に到着

2階の後方端っこに座った事を、とても後悔しました。

 

総てオーディションでキャスティングされたそうです。

特に新人・五十嵐さんが映画とは別人、メッチャかっこ良かったです。

体力勝負の役、老人でも健康だという事での抜擢だったそうです。

30キロの衣装?は、簡単に脱ぐことができないので

休憩でも、ずっと中腰でいらしたとか…

吉高ちゃんも岳くんもカワイイ洋服でテンションも高くて楽しい挨拶でした。

会場内ひとつになって「ロボジー!!」と、コールしたりもしました。

 

【「福笑い」を頂きました。】

1月11日 名鉄ホール(東海テレビ試写会)にて

340605view007

「ロボジー」が「ロボ爺」であること。

竹中直人さんとの遭遇、吉高ちゃんとの出会いの場面や

ムラタセイサククンに対抗してママチャリに乗るシーンなどなど

かなり「予告編」や「チラシ」でネタバレしちゃっていたんで

実はあんまり期待していなかったんですが

とんでもない!メチャクチャ面白かったです。

340605view003

『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』は

笑いが味付けの感動作、達成モノでしたが

本作は、小っちゃい感動を隠し味に

コメディに徹してくれたところが大好きです。

340605view004

吉高ちゃんのコメディエンヌぶりは最高!本当に可愛かったです。

デブ・チビ・ノッポのお約束の三人組にも、ちゃんと意味があったし

五十嵐信次郎さんの偏屈で孤独なうらぶれた老人になり切り振りも最高。

どこに着地するのかなと、予想がつかなかったラストも

見事に決めてくれました。

   

本領発揮のエンディング、ロッカー・ミッキーのシャウトもお聴き逃しなく!

 

★★★★☆

楽しい舞台挨拶後の鑑賞だった事もあると思うのですが

1200人入っていると言う場内のテンションが異常に高くて

手をたたいて大笑い・・・が続出。

 

新しい年には、きっといい事があると思える~

まさに「福笑い」でした、有難うございました。

 

追記

2足歩行ロボットと言うと「アシモくん」しか知らない私。

自転車に乗っているのも、アシモくんだと思い込んでいました。

勝手に映画評」のkatte_cinemaさんの記事で

ムラタセイサククンだという事を教えて頂き、訂正いたしました。

 

 

 

« 映画『永遠の僕たち』(12外-3) | トップページ | 『キッズ・オール・ライト』『冷たい熱帯魚』とかアレとかコレとか…(12宅) »

コメント

ををー!ほし★ママさんとビンゴ♪

同じ会場でしたよ^^
楽しい試写会になりましたよね~。

しかしあの試写会場での開場待ちの要領の悪さには、
いつもこうなの?ってちょっと驚きました。
ほし★ママさんは何階で並んでたでしょうかねぇ。
10Fから6Fまで階段で下ろされるなんて。
過ぎゆく人たちはもっと下まで…
ブーブー言いながら下りて行きました。目が回る(笑)
1Fで教えて欲しいですわ。
ってタダで文句言う^^;

manaさん
をーをー、manaさんもいらしたねぇ~

あそこはねぇ~、元々試写会向きの施設ではないのよね。
前は、エレベーターの前で「7階で降りて階段付近へ」と
案内して下さる方が立っておられましたが…
 
私たちは、うっかり改札の前のエレベーターで
10階に行っちゃったから、さぁ大変
9階に降ろされ、踊り場で階段を上ってくる人を
全員お迎えしてからの入場となりました。
・・・って事は、あの列にmanaさんもいらしたって事よね。
 
まぁ、あのサプライズの舞台挨拶でみんな吹っ飛びました。
映画も期待していなかった分、メッチャ楽しめましたし…

ほし★ママさん、こんにちは!

面白かったですよね。
ミッキー・カーチスさんのしょぼくれたおじいちゃんぷりに驚いてしまいました。
失礼ながら予告のときはただの素人さんかと思ってしまうくらい「普通」なおじいちゃんでしたよね。
雑誌とかで見るミッキー・カーチスさんのイメージと全然違いました。
吉高さん、こういう役も似合いますよね。
三人組が主役かと思ったら、実際のところは彼女が主役くらいな感じでしたね。
楽しめました!

はらやんさん
いつもコメントとトラバを有難うございます。
三人組も五十嵐さんも吉高さんもしっかりキャラが立っていて
それぞれに見せ場があって、本当に楽しめました。
ミッキーさんには特にビックリ。
あれだけ「なりきれる」ってすごい役者さんですよね。

結局、吉高ちゃんが演じる葉子が話を動かしていたのが良かったと思います。

この映画 ブログ見たら 結構賛否両論なんですが
このブログ見て 本当に嬉しいですよ
うんうん 映画って やっぱり 良いですよね!!

sakuさん
あっちにもこっちにも、コメント有難うございます。
地元に初めてシネコンがやってきて
最初に掛ったのが、「ウォーターボーイズ」でした。
以来、矢口監督のファンなんですが
着地点が見えてた今までの作品と違って
この映画のオチには膝を打ちました。
吉高ちゃん、今までで一番可愛かったかも~

今晩は。TB&コメントをありがとうございます。
本作は、おっしゃるように、「小っちゃい感動を隠し味にコメディに徹してくれた」感じがして、大層愉快な映画に仕上がっていると思いました。
ただ、これは映画に対する文句ではありませんが、こんなに色々のロボットが日本では見られるのなら、どうして福島原発の事故現場で活躍するのが外国製のものが多いのかと不思議な気持ちにさせられてしまいます!

クマネズミさん
こんばんは~。
こちらこそ、コメントとトラバをどうも有り難うございます。
楽しい映画鑑賞の必殺技「ハードルを低く」
「どうせ、ネタバレしてるし、矢口監督右肩下がりだし~」
なんて思いながら出掛けたのが、功を奏したようです。
 
本当に役に立つロボットとは…ですよね。
ニュー潮風が、産業ロボットに振り回されるシーンで
アイドルやマスコット的ロボットへの風刺も効かせてるのかなとも思いましたが…

確かに、日本の技術力があれば、素晴らしいものが造れるはずですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ロボジー』(12日-1):

» 『ロボジー』 2012年1月10日 朝日ホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ロボジー』 を試写会で鑑賞です。 東宝の正月映画はクオリティ高いですね~ 【ストーリー】  弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週間前にロボットが大破してしまう。慌てた3人はとっさの判断で、一人暮らしの頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したところ、鈴木の奇妙な動きが絶賛され……。 冒頭は不安のよぎる滑り出しだったが・・・というのも、ロボットに爺さ... [続きを読む]

» ロボジー [LOVE Cinemas 調布]
次々とヒット作を生み出す矢口史靖監督が『ハッピーフライト』以来3年ぶりに贈る新作。ロボット開発を任された3人の技術者がお披露目の1週間前にうっかりそのロボットを壊してしまう。切羽詰った彼らはとある老人に中に入ってもらうように頼むのだった…。主演にミッキー・カーチスが新人俳優・五十嵐信次郎としてデビュー。共演は吉高由里子、濱田岳ら個性的な実力派が揃った。... [続きを読む]

» 「ロボジー」(試写会・舞台挨拶付き)みた。 [たいむのひとりごと]
このところずっと惨敗続きだった試写会が久しぶり当選。しかも矢口作品の新作「ロボジー」だったのが嬉しくて、会場と時間しかチェックしていなかったのだが、チケット引き換えの時点になってはじめて上映後に舞台挨... [続きを読む]

» 『ロボジー』 サプライズゲスト! [美容師は見た…]
試写会の舞台挨拶に、吉高ちゃんキタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!ハイボール、ウェ~ィ♪(≧∇≦)ノ   モノマネはCMで確認 → こちら『座頭市 THE LAST』での生慎吾ちゃん以来のサプライズに大興奮!待ってたんですよ、この日が来るのを(笑)矢口史靖監督、主演の五十嵐信次郎ことミッキー・カー... [続きを読む]

» ロボジー [うろうろ日記]
試写会で観ました。【予告orパンフの印象】ロボットになったお爺ちゃんが吉高ちゃん [続きを読む]

» 「ロボジー」主演・五十嵐信次郎って誰? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした-。』爆笑必至のエンタテインメント作品です。ところで主演の“五十嵐信次郎”って、誰??  弱小家電メーカー・木村電器の木村社長(小野武彦)は、『CMより安く宣伝が出来る』と、二足歩行のロボットを開発してロボット博に出展するよう、社員... [続きを読む]

» ■『ロボジー』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2012年:日本映画、矢口史靖監督、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫ [続きを読む]

» 意外にあり得そうw 【映画】ロボジー [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】ロボジー 監督に『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖。 【あらすじ】 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週... [続きを読む]

» [映画『ロボジー』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。  後から書き足しをすると思う、あしからず。    ◇  私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良性...... [続きを読む]

» ロボジー [A Day In The Life]
劇場にて鑑賞 解説 『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などで人気の矢口史靖監督が メガホンを取った、頑固なじいさんとロボットをテーマにした爆笑コメディー。 弱小家電メーカーの3人組が新型ロボットの開発に失敗し、その場しのぎで中に 老人を入れてロボ... [続きを読む]

» ロボジー [勝手に映画評]
『ウォーターボーイズ』で男子シンクロを、『スウィングガールズ』でビッグバンドジャズを、そして『ハッピーフライト』で航空業界を描いた矢口史靖監督の最新作品。今回は、ロボット業界にメスを入れています(笑)。 何と言っても、主演の『新人』五十嵐信次郎が話題です...... [続きを読む]

» 『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! [映画のブログ]
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...... [続きを読む]

» ロボジー ぎゃはははは〜っそないくるか〜! [労組書記長社労士のブログ]
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた...... [続きを読む]

» No.296 ロボジー [気ままな映画生活]
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー、木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業 ... [続きを読む]

» 「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ [はらやんの映画徒然草]
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで [続きを読む]

» ロボジー [★tip of the iceberg★]
面白い! 土曜日公開でしたが、矢口監督大好きな主人が珍しく邦画に腰をあげると仰るので待っていたら、月曜日になってしまった。 だから、期待マックスでスクリーンに向き合いましたよ。 展開がどうなることやら、こっちが心配になるほどのロボット開発チームの3人。...... [続きを読む]

» 『ロボジー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆...... [続きを読む]

» ロボジー [Cest joli〜ここちいい毎日を〜]
ロボジー10:日本 ◆監督:矢口史靖「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」◆出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉 ◆STORY◆家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの...... [続きを読む]

» 「ロボジー」 感想♪ [★ Shaberiba ]
もう間に合わないぃ〜!!ってわかるけど。でもやっぱコレ、やばいよ。ねっ?(わはは!!) [続きを読む]

» ロボジー [映画感想メモ]
中の人などいないっ! いい加減あらすじ 社長の気まぐれからロボット博に出展するよ [続きを読む]

» 「ロボジー」ROBO-G (東宝=フジテレビ=電通=アルタミラピクチャーズ) [事務職員へのこの1冊]
YouTube: 映画「ロボジー」主題歌 MR. ROBOTO by 五十嵐信次 [続きを読む]

» ロボジー(2012-005) [単館系]
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...... [続きを読む]

» ロボジー [だらだら無気力ブログ!]
吉高由里子が素晴らしい。 [続きを読む]

» 「ロボジー」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「ハッピーフライト」の矢口史靖監督最新作は、とある事情からロボットを演じる事になった老人と、彼に振り回される家電メーカー技術者の姿を描くドタバタコメディ。  正直、昨今のフジテレビ製作、特にコメディ映画には「オタクら、いつまでバブルの頃みたいな絵が通用す... [続きを読む]

» ロボジー [映画三昧、活字中毒]
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ロボジー 2011年/日本/111分 監督: 矢口史靖 出演: 五十嵐信次郎/吉高由里子/濱田岳/川合正悟/川島潤哉 公開: 2012年01月14日 公式サイト 家電メー...... [続きを読む]

» シネトーク98『ロボジー』●アイデアはグーッなんだけど消化不良な感も否めない [ブルーレイ&シネマ一直線]
映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「予告編を見ただけで内容が分かる映画は大概面白くない」 シネトーク98 『ロボジー』 監督・脚本:矢口史靖 出演:五十嵐信次郎/... [続きを読む]

» ロボジー [映画 K'z films 2]
Data監督矢口史靖出演五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 和久井映見公開2012年 1月 [続きを読む]

» ロボジー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...... [続きを読む]

» 映画「ロボジー」 [空想俳人日記]
初春にエエなジジイの活力や  面白いし、ノリも軽いし、こりゃ楽しい作品だ、わいな。と、そんでもいいんだけど、こいつは、意外や意外、鈴木くそスケベじじいをスルメに例えるなら、噛めば噛むほど味がある映画でもあるじゃないか。  それにしても、ロボットに入る鈴木さ... [続きを読む]

» ロボジー [我が頭に巣くう映画達]
8点 2012年の日本映画で、 監督は「スウィングガールズ」、「ハッピーフライト」の矢口史靖さん、 主演は五十嵐信次郎ことミッキー・カーチスさんです。 家電メーカーで働く3人のエンジニアは、 ロ...... [続きを読む]

» 映画:ロボジー [よしなしごと]
 映画ブログのクセして映画の記事は約1ヶ月ぶり。久々の映画記事はロボジーです。 [続きを読む]

» 映画『ロボジー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー吉野□主題歌...... [続きを読む]

« 映画『永遠の僕たち』(12外-3) | トップページ | 『キッズ・オール・ライト』『冷たい熱帯魚』とかアレとかコレとか…(12宅) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく