« 『はやぶさ/HAYABUSA』 | トップページ | 『ツレがうつになりまして。』 »

2011年10月15日 (土)

『エンディング・ノート』

お気に入り映画レビュアーさんのsakuさんが紹介、お勧めしてくれた本作

sakuさんの記事 → 【頑張れ日本映画秋2011年秋~エンディング・ノート~。】

予告も観ていなくて全くノーチェックでしたので、早速調べたのですが

名古屋では一館、しかも夕方一回しか上映していなくて鑑賞を断念。(>_<)

ところが~、とんでもない勘違いでした(複数のスクリーンで上映してた)。

kunishimaさんの記事(『エンディングノート』で、昼の回もあることを知り

エンディングノート(オフィシャルサイトを、観て参りました。

 

 

【よく死ぬことは、よく生きることだ 】

10月15日 ミッドランドスクエアシネマにて

 

高度成長時代真っ只中でサラリーマンとして猛烈に過ごし

退職して数年でがんが見つかった砂田知昭さん。

「段取り」第一で過ごしてきた半生

やはり「段取り」~自分のやり方で締めくくろうとします。

 

1009149_01_2

 

ワタクシ、本音を言いますと「ドキュメンタリー」は、苦手です。

ちょっと演出過多でも、非日常が味わえる作品が好きなので~

それに、ドキュメンタリーって製作者の意図を押し付けられる気もしますし~

 

ところが、本作は(演技の余地のない)究極のドキュメンタリーでありながら

「こう言う事を伝えたくて撮りました!」がないんですね。

本人はもちろんですが、妻、子どもと孫、そして母~

家族のそれぞれが、主役の要素が組み込まれているからでしょう。 

 

カメラを回すのは、砂田さんの次女麻美さん

(是枝監督作品の助監督やスタッフとして活躍されてきた方だそうです。)

デビュー作という事ですが、砂田監督いいですよぉ。

キャスト選びは、映画の出来を決める大きなウェートを占めていると思うのですが

主役の砂田さん、お父さまを撮ろうとしたことが本当に素晴らしい。

砂田さんは、長年、営業職に就いてきただけあって

人の気持ちをつかむのがウマいと言うかサービス精神にあふれた方なんですねぇ。

普通なら、目の前でカメラが回っていたら、どうしてもぎこちなくなるところ

そこも親子っていう事で、実に自然に振る舞っていらっしゃる。

 

Tky201109300716

 

勿論、演出も素晴らしかったです。

古い写真や8ミリビデオの映像を随所に散りばめて~

 

普通なら、ココ同年代のおじさんを持ってきそうなところですが

監督ご自身によるナレーションも良かったです。

  

家族の姿に感動する映画です、お勧め。

  

「第59回サンセバスチャン国際映画祭のレポート」がすごく良かったので

そちらも是非読んでみて下さい。(goo 映画ニュース

 

★★★★★ (お気に入り映画登録)

実は、私も「エンディングノート」を、持っています。

数年前にパートの相方が、「私が急に死んだら、夫は通帳の場所さえ知らない」と

言ったことがきっかけで、自分なりの「覚書帳」を作り始めました。

今のところ、ブログやネットショッピングのIDとパスワードくらいしか書いていないので

ちょっと本腰を入れて、手を入れて行こうと決めました。

 

 

 

« 『はやぶさ/HAYABUSA』 | トップページ | 『ツレがうつになりまして。』 »

コメント

実は私はほし★ママ。さんとは逆にドキュメンタリーが大好きです。
自分で作りたくて今の職業を選んだぐらいなものですから。(笑)

それにしてもユーモアを交えて見せてくれていますが、そこに砂田さんの
人としての大きさを感じます。自らの中で死を受け止めて、今を精一杯生きて
いる姿に、私はそこまでの境地には達し得ないなと。
長男の方と私は同じ世代、しかも私も同じことをする立場になるとあっては、
彼の懸命さに心が震えました。

それから映画祭の情報、本当にありがとうございます。私が監督から聞きた
かったことがそこにありました。本当に素晴らしい。

この映画のことは新聞記事か何かで見ました・・
わたしもドキュメンタリーはちょっと苦手です。。
特に病気関係のものはぜったい泣きそうになるので・・

お父様に冷静に(ではなかったかもしれませんが。。)カメラ向けられる娘さんってすごいですね

エンディングノートなるノートも発売されているようですね
わたしの父は急逝しましたので、何か残してもらった言葉があったらな~って今更ながらに
思います

こんにちは!!  映画見てくてありがとう
そして こうブログを書いてくれて また違う人が興味を持って
映画冥利につきます  僕も10前からブログ書いて
映画専門は5年前からで・・・ これ 自分が もし 何時死んでも
良いように 何か「形」をと言う事で始めたのが ブログです
映画監督にも 若い頃なりたかったし  今年「奇跡」見たせいもあり
是枝監督の弟子の作品という事で 飛び付きました(笑)

そうそう 先日見た「ツレうつ」も良いですよ
もう 二回目行こうと決めてます!!
季節の変わり目 風邪には注意してくださね!!

☆KLYさん☆
映像制作の仕事をなさっておられるのでしょうか?
KLYさんのお撮りになったドキュメンタリーなら
もちろん拝見しますし、ファンになります。
 
私は、父と義父を見送りましたが
どちらにも跡取りの長男がおりましたので
ただ、悲しんでいればいい立場でした。
どちらも、兄が喪主を務めましたが、喪主は本当に大変です。
私が「覚書」を作ろうと思ったのもそれを見て
子どもたちに負担をかけるのは忍びないと思ったからです。
 
映画祭の情報、お役にたってうれしいです。
私も私の身内も父の病床や葬式など、写真に撮りまくった方なので
この質問には本当にビックリだったのですが
監督の答えには、この映画の意味が詰まっていると思いました。

☆ベルさん☆
名古屋では、一館しか上映していないので大勢の方がみえていました。
年配の方が多く、違う席に座ったり、予告が始まってもおしゃべりが止まなかったり
自由な鑑賞態度の方が多かったのですが、始まったとたんに水を打ったように~
「死」を扱ってはいるものの、決して「泣かせ」に来ていないので
身内を気持ちよく見送ったような気持ちになることができました。
 
そうですね、エンディングノートって、いい発想だと思います。
遺言状ではないので、公的な拘束はないのですが
その分、とても暖かい気がします。
砂田さんの奥さまへの心遣いも素晴らしかったですよ。
ハンディカメラで撮った映像なので、DVDでも大丈夫です。
機会があったら、ご覧になって下さいね。
 
ところで~
また、今日も「お預け」でしたね。
先に、巨人にCSプレゼントなんて悔しいわぁ。(>_<)

☆sakuさん☆
こちらこそ、本当にありがとうございます。
評判のよかった「あんにょん由美香」とかも
全くメッセージを受け止められなかった私ですので
多分、sakuさんのお薦めがなかったら観ていなかったと思います。
出会えてよかったです。

元をたどれば、sakuさんが私の記事の「ミリオン座」に
目をとめて下さったからで、どれもこれも「縁」ですね。

そして、「縁」と言えば『ツレうつ』、本日観て参りました。
駅のピカデリーです、旧館は閉じてしまいましたが
きっと懐かしいのではないでしょうか。

こんちは。

これからはこういう被写体と監督が父と娘、とか、夫と妻とか、隣人同士とか今迄だったら思いもよらない関係が増えていくんでしょうねえ。監督の声がいい声でした。

ふじき78さん
こんにちは~。
コメントとトラバを有難うございます。

確かにそうですねぇ。
家のすぐそばに小学校があるんですが
行事の度に、デジビデやらデジイチやら言うものを持った親さんたちが
ゾロゾロと歩いていますからねぇ。
画像や動画の加工やら編集やらのソフトも出回っているし…
ただ、他人の心に届く(膝を打たせられる)かと言ったら、難しいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『エンディング・ノート』:

» エンディングノート [LOVE Cinemas 調布]
是枝裕和監督の弟子である砂田麻美監督が、ガン宣告を受けた自身の父と遺される家族との最期の日々をカメラに収めたドキュメンタリーだ。熱血営業マンとしてならした砂田知昭さんは、自らの死までの段取りをエンディングノートの形で書き記そうと決めるのだった…。死を目前にした家族とのむき出しの絆に涙が抑えられない。... [続きを読む]

» 「監督」と「娘」が同居する映画って・・・〜「エンディング・ノート」〜 [ペパーミントの魔術師]
http://www.1101.com/ending-note/index.html ↑これは、ほぼ日刊イトイ新聞のリンク。 この映画をサポートしたプロデューサー是枝監督と糸井重里の 対談がはじまったばかりなんで、しばらく追いかけようと思います。 映画『エンディングノート』予告篇 この予告編だけ...... [続きを読む]

» 『エンディングノート』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「エンディングノート」□監督 砂田麻美 □キャスト 砂田知昭■鑑賞日 11月19日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  映画は所詮作られたものだ。  こういう映像を見せられる...... [続きを読む]

» エンディングノート(2011-107) [単館系]
わたくし終活に大忙し いきなり関係ないけど Google日本語入力、しゅうかつが変換できるんですね・・・・ がんの宣告を受けた監督の父を追ったドキュメンタリーだそうです。 公開時期ではエンディングノ...... [続きを読む]

» 『エンディングノート』を銀座シネパトス2で観て、ポンと膝を打たされる男ふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★評判の高さは嘘じゃない】 「癌患者の闘病そして迎える死」という 考える限りもっとも重く暗い題材を鼻歌を歌いながら 「人間一回は死ぬものさ」みたいに ... [続きを読む]

» 「エンディングノート」 (2011 ビターズエンド) [事務職員へのこの1冊]
砂田知昭。 医者の息子として愛知県の田舎に生まれ、化学関係の会社に就職。営業マン [続きを読む]

« 『はやぶさ/HAYABUSA』 | トップページ | 『ツレがうつになりまして。』 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく