« 『エンディング・ノート』 | トップページ | 映画『あしたのパスタはアルデンテ』 »

2011年10月16日 (日)

『ツレがうつになりまして。』

NHKドラマを観た事がきっかけで原作コミックも購入。

ほのぼのとした夫婦の愛情物語が大好きなお話

篤姫、家定コンビが演じるとあれば、観に行かない訳にはいきません。

『ツレがうつになりまして。』(公式サイトを、観て参りました。

 

【健やかなる時も、病める時も。】

10月16日 名古屋ピカデリーにて

 

布団をかぶって落ち込む夫を「亀」に例えたり、茶化したりしたところで

四六時中、うつ病の人がそばにいたらどうでしょう。

ましてや、ずっと頼り切っていた人がそうなってしまったら~

 

340078view001

  

夫(ツレ)とイグアナ(イグ)と平和な毎日を送るハルは売れない漫画家。

「ボクが面倒を見ます、ハルさんは好きな漫画を描いていて!」と

言ってくれるツレのおかげで、ノンビリと暮らして来ました。

でも、ある日、その生活が一変します。

几帳面で、仕事もバリバリこなすサラリーマンのツレが

体の不調を訴えるようになり、終には「うつ病」と診断されてしまうのです。

 

「頑張ってはいけない」「頑張らせてはいけない」と、言いながら

自分は、額にしわを寄せて目いっぱい頑張っているハル。

それが、ツレにプレッシャーを与えることは十分承知しているのに…

 

340078view005

 

どちらかと言うと、原作は「うつ病の家族とどう向き合うか」が描かれていた気がしますが

本作は、「わかってはいるけど…」の部分を描いていたように思います。

そして、それは夫が「うつ病」だからではなく、ごく一般的な夫婦にも当てはまる事…

 

最後に「フィクションです」と表示されましたので

かなりオリジナルなエピソードも盛り込まれているんでしょうね。

(原作は、「ツレうつ」と「その後のツレうつ」しか読んでいないのですが…)

どの演出も良かったです、特に「同窓会」のシーン。

 

常にお互いを見つめ合って、わかりあって、寄り添って

健やかなる時も、病める時も変わらない…

わかっているけど、実行の難しい時もあります。

今からでも遅くないかな?~心に留めておかなければ…

 

340078view003

 

あおいちゃんがいいですねぇ、笑顔がキュートで~

堺さんは役作りで痩せられたんでしょうか。

本当に辛そうな表情をなさるので、切なくなりましたね。

 

この方のお母さん役は、間違いがないのですが

余さんと大杉さんのご夫婦がまたいい~ご両親も、いつも一緒に仕事をして

同じものを見ていると言う設定がすごくいいと思いました。

(大杉さんって、床屋の役が多い気がします…)

 

秋にピッタリのほっこり温かいハッピーエンド、これもお勧めです。

 

★★★★☆

「日本語字幕版」の鑑賞でしたが、これはたまたまでしょうか?

BGMのクラッシック曲のタイトルが表示されて有難かったです。

音楽が心地いい作品でもありました。

 

 

 

« 『エンディング・ノート』 | トップページ | 映画『あしたのパスタはアルデンテ』 »

コメント

こんちは。

くだらない事を書きます。

「ツレがうつになりまして……つれー」

演じている堺さんがインタビューで自分なりに悩んだ末にこういう演じ方を
したと言ってました。彼はうつ病そのものを理解して表現するというより、
自分の中の弱い部分、いわゆる心の風邪の原因となるような部分を取り
出し増幅して演じていたそうです。
結局のところ、うつ病と一口で言ってもその症状は千差万別。それぞれの
病気に対するスタンスもあって当然で、原作通りの夫婦というよりは、堺雅人
と宮崎あおいの演じる夫婦ではこうなったと言うことのようです。
でもこの作品のお二人はとても素敵でした。

時と場合によっては、頑張らないことが大切だと教えられる映画でした。
ツレのような仕事は、いちばんウツになりそうな仕事ですよね。
割り切ってこなせる性格の人じゃないと向かなそうですね。
と考えると、ウツになる男性の大半は、仕事が原因なのかなと思ったりもしました♪。

僕も原作「ツレうつ」二作と「イグアナの嫁」二作を買ってきましたので、これから読みたいと思ってます。
映画はとても気に入りました。
あおいちゃんはかわいいし、堺さんの演技も何かほのぼのしちゃって、笑って泣かされました。
売れない漫画家のハルさんですが、ツレの為にガンバらないと言いながらも、一所懸命さにはホロリとさせられました。

☆ふじきさん☆
悩ませてしまったでしょうか、素敵なコメントを有難うございます。
夫婦なのに「ごめんなさい」とか「ありがとう」が多すぎるんですよね、この二人。
ハルも「ツレ~~~」って、もっと素直に言えればよかったのにね。

☆KLYさん☆
そうなんですよね。
この作品はデリケートなテーマを扱っているので
演じる方は、本当に大変だったと思います。
全くの平和ボケな鑑賞者ですが
「夫婦っていいな」「足りないものを補い合えるっていいな」って
この二人は伝えて下さいました。

☆ふぁろうさん☆
実際、知人が同じような経験をしています。
某宅配業者の電話オペレーターをしていたのですが
やはりクレーム対応に追われて、体を壊して…
でも、女性だったので(パートでしたし)アッサリと退職。
頑張らなくなったら、元気になりました。

ただ、やはり日本では、男の家長が家族を養うと言う考えが一般的なので
もっと厳しいプレッシャーがあるかも知れませんね。
 
上手に空気を抜きながら、明るく暮らしていけたらいいですね。

☆のびたさん☆
わぁ~、大人買いですね。

あおいちゃんと堺さんの演じる夫婦も素敵でしたが
原作のご当人おふたりが本当によくって~
もちろんテンテンさん「頑張らない」と言いながら
健気に過ごしてるんですが
それが全く感じられないように、描かれているんですよね。
絵のタッチも可愛いですしね。

『イグアナの嫁』もすごく気になっていました。
まずは、原作を読み返そう・・・っと。

「ほし★ママ」さん、お久しぶりです。
TBをありがとうございます。
この映画は、おっしゃるように、「あおいちゃんがいいです」し、堺雅人の演技も素晴らしいと思いました。
それと、興味深いなと思ったのは、彼らの住んでいる家が日本家屋だという点。今時こんな家に若い夫婦が住んでいるのはなんだか変ではと思いましたら、監督は、ここで『東京物語』をやりたかったとのこと。どうりで、宮崎あおいのイラスト集から様々のイラストが空に飛んでいくなど、ファンタジックな要素も沢山盛り込まれているなと思いました(そんなこともあって、「最後に「フィクションです」と表示」されているのでしょう!)。

クマネズミさん
こちらこそ、コメントとトラバをどうも有り難うございました。

現在的な夫婦の姿を投影した二人ですが
少し生き方が不器用だったり、それはあの日本家屋に似合いますね。
イグアナには日光が必需だそうですが、日当たりもよさそうでしたし…
 
「ツレうつ」実際に細川ご夫妻に起きた事とは
隔たりがあるかも知れませんが、夫婦愛を素敵に描いてる作品でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ツレがうつになりまして。』:

» ツレがうつになりまして。 [LOVE Cinemas 調布]
漫画家・細川貂々の同名ベストセラーを『日輪の遺産』の佐々部清監督が実写映画化。ある日突然夫がうつ病になったのをきっかけに、夫婦の絆と成長していく姿を描いたハートフルドラマだ。主演『日輪の遺産』の堺雅人と『神様のカルテ』の宮崎あおい。共演に吹越満、大杉漣、余貴美子らが出演している。細川貂々の直筆漫画を交えたユーモラスなタッチが重いテーマを和らげる。... [続きを読む]

» 『ツレがうつになりまして。』を109シネマズ木場1で観て、評判はいいがそのアプローチには賛同しかねる男ふじき☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆この映画を評価する人がいたとしても、それはそれで全然正しい。ただ、物事には二面性があり、私は違う側面から見て評価を落としているのだ】 原作マンガを ... [続きを読む]

» ツレがうつになりまして。 [日本映画の女優たち]
うつ病と闘うのではなく、うつ病と前向きに付き合っていくために、夫婦が出した答とは、、、。 − 宮〓あおいの瞳に自然とにじみ出る涙は、夫を想う妻のリアルな愛情表現の形 − お弁当を作っている時は、それを食べる瞬間を、あるいは食べてもらう瞬間を想像しながら、 いろんな思いを込めて作るのが、お弁当づくりの楽しみだと思います。ところが冒頭、 自分のお弁当を作ってい..... [続きを読む]

» ツレがうつになりまして。★★★★ガンバらないぞ! [のびた@映画の話をしようよ]
宮崎あおい(高崎晴子) 堺雅人(高崎幹夫) 吹越満 津田寛治 犬塚弘 梅沢富美男 大杉漣 余貴美子 監督 佐々部清 脚本 青島武 原作 細川貂々 ジャンル ドラマ 製作年 2011年 製作国 日本 配給 東映 上映時間 121分 [ 2011年10月8日公開 ] うつ病になった夫との二人三脚の闘病記を綴った漫画家・細川貂々の同名コミックエッセイを映画化した本作。自身の周辺にもうつ病になった知り合いが何人もいるという佐々部清監督が、4年をかけて映画化にこぎつけた意欲作だ。主..... [続きを読む]

» ツレがうつになりまして。(2011-078) [単館系]
漫画家・細川貂々の同名ベストセラー作品を篤姫の夫婦役を演じた 堺雅人と宮崎あおいで実写映画化。 監督は佐々部清 うつ病って結局のところ本人ですらどういうことなのかわからないんじゃないかと 思う...... [続きを読む]

» 『ツレがうつになりまして。』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ツレがうつになりまして。」□監督 佐々部 清 □脚本 青島 武□原作 細川貂々 □キャスト 宮崎あおい、堺 雅人、吹越 満、津田寛治、犬塚 弘、梅沢富美男、大杉 漣、余貴美子■鑑賞日 10月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ...... [続きを読む]

» 「ツレがうつになりまして。」 病気になってわかること [はらやんの映画徒然草]
宮﨑あおいちゃんファンなので、さっそく観に行ってきました。 「神様のカルテ」でも [続きを読む]

» ツレがうつになりまして。 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ツレがうつになりまして。』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)現代病と言われるうつ病を巡る映画にもかかわらず、宮崎あおいと堺雅人とのコンビが絶妙で、実に清々しい気分で映画館を後にすることができました。  映画では、外資系ソフト会社のサポートセンターで懸...... [続きを読む]

» 出来ない事よりも出来る事を見つける事。『ツレがうつになりまして。』 [水曜日のシネマ日記]
細川貂々のベストセラーコミックエッセイを実写版映画化した作品です。 [続きを読む]

» ■映画『ツレがうつになりまして。』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
宮崎あおいちゃんが、映画『神様のカルテ』に続き、“ハルさん”と呼ばれるほのぼの奥さんを演じた映画『ツレがうつになりまして。』。 “うつ”という心の病気が、誰の身近にもある今、うつとの付き合い方を明るく教えてくれる映画です。 夫のツレを演じた堺雅人が、どうし... [続きを読む]

» 映画:ツレがうつになりまして。 [よしなしごと]
 この映画、暗くなりそうで見ないつもりでした。けれど部長がエキストラで出演しているということで、急遽見に行くことに。そんな理由でいいのか??と言うわけで、ツレがうつになりまして。を見てきました。... [続きを読む]

« 『エンディング・ノート』 | トップページ | 映画『あしたのパスタはアルデンテ』 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter