« 『髑髏城の七人』 | トップページ | 映画『探偵はBARにいる』 »

2011年9月27日 (火)

『うさぎドロップ』

台風12号の影響で、こちらも二日半は、突風と強い雨でした。

風の方向が幸いして、葡萄に被害はなかったのですが

直売所は、一日お休みさせて頂きました。

 

こんな時は、映画館だ!(1ヶ月ぶりです・・・)

水の確保だけして、『うさぎドロップ』(公式サイト)を観て参りました。

  

 

【「俳優力」で、魅せます。】

9月3日 地元ユナイテッドシネマにて

 

前日の夕方、職場のイクメンくんが、大急ぎで帰って行きました。

「警報が出たので、保育園に子供を迎えに行ってきます・・・」

いくら保育園にお世話になっていると言っても

幼児には、突発的な事はいくらでも起こります。

保護者って本当に大変!

 

34010_5

「おじいちゃんの隠し(?)子」

「母親は育児放棄」

「27歳独身男が引き取って育児」・・・と

ちょっとあり得ない設定で

どんなお話が展開するかと期待したけど 

繰り広げられるストーリーは、どれもこれも

呆れるくらいベタと言うか使い古されたモノ。

 

子どもが、「熱を出す」「突然いなくなる」…って

『ちょんまげぷりん』でも、マンマ同じだったんですけど!?

 

折り紙で飾り立てた部屋とか空想のダンス

ベルトコンベアに何か積み込んでる仕事も

いくら何でも「ありえなさ過ぎ」なんですけど!?

 

でもね、とにかく松山くんと愛菜ちゃんがいいんですよぉ~

Usagidrop480_large

池脇千鶴さん、桐谷美鈴ちゃんがね、引き立ててね。

「演技力」「俳優力」が、魅せてくれる作品でした。

 

★★★★

「世界は愛で溢れてる・・・」忙しい毎日に、「癒し」をいただきました。

 

* 気になった予告 *

『ステキな金縛り』 (公式サイト)

三谷幸喜さんの映画は、どれも大好きなので~

深っちゃんが主演って言うのも魅力です。

10月29日公開、待ち遠しいです♪

 

  ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 

台風12号の上陸から4週間が経とうとしていますが

爪痕は、まだまだ深いようですね。

 

「和歌山」「紀伊半島」に甚大な被害と報じられると

ネッ友さん方から、私の里や友人宅のご心配を頂き

お見舞いメールもたくさん頂戴いたしました。

どうも有り難うございました。

 

幸い、私の親戚・知人が住んでいますのは

和歌山でも『北』の地域なので、お陰さまで、被害はなく

ホッとはしていますが、ニュースを見ていると

知り合いが居ないからと言って喜んでいられる状態ではないですね。

被災した場所は、勿論、一度は訪れた事のある場所ばかりで

今更ですが、被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げるとともに

一日も早い、復旧と復興を心よりお祈り申し上げます。 

 

 

 

 

« 『髑髏城の七人』 | トップページ | 映画『探偵はBARにいる』 »

コメント

お久しぶりです・・
うさぎドロップちょっと気にはなっていたのですが・・ドラマの『マルモのおきて』
見て感動したからどうかなって思ってました・・
ドラマの阿部サダォさんのお父さんぶりがよかったもんで。。
紀伊半島は記録的な豪雨に見舞われましたね・・ご実家は被害が少なくちょっと安心ですね・・でも、被害にあわれた方々のお見舞いを申し上げます・・
あ、そういえば向井理くん主演の『僕たちは世界を変えることができない』は見にいかれましたか?見にいきたいと思っています^^

ママさん♪
お久しぶりです♪

『うさぎドロップ』はホントにツッコミどころが多い作品ですが、
やっぱり、作品に流れる根本的な空気感が好きです♪
芦田愛菜ちゃん、かわいいですしね♪

ダンスシーンとかの妄想は個人的にハマりまして、
笑いまくりました。

映画はちょこちょこ見てるのですが、
心身共にかなりのお疲れモードでレビューをなかなか書けずじまい…。
『ピラニア 3D』のエロとバカにときめかなかった時点で、相当キテルなぁ…と思ったものです(笑)

…とはいえ、ドラマ版がめちゃくちゃおもしろかった『モテキ』が見たい!
元気になってきた証拠ですかね?

『アジョシ』も面白そうですね!

台風の影響、紀伊半島の被害は甚大だった様子。
心から、お見舞い申し上げます。

『うさぎドロップ』
とりあえず芦田愛菜ちゃんが
見られたので、それだけで満足

あとは桐谷美玲さんの、
踊りを教えている姿がツボでした

お忙しいようですが、
お体には気をつけて、
またブログをお待ちしております

☆ベルさん
すっかりご無沙汰しています。
あ~~『マルモのおきて』 すごく評判がよかったですよね。
私は『仁』を観ていて、すっかり話題から遅れてしまいました。

親ではない独身男性が子ども(しかも愛菜ちゃん)を育てる~って
お話ですよね!?、設定が似ていて、片方に感動すると
ちょっとはまれないかも知れないですね。

『ぼく~せかい~』は、観に行く予定にしています。
ウルルンで、向井くんがカンボジアに旅したのも見ましたので~
 

水曜から、父の法事で帰省していました。
(お返事も遅くなってすみません。)
行きは、電車で出かけたのですが、新大阪発の特急が
普段の半分しか運行していませんでした。
水没した橋で紀勢線が寸断されて
新宮側に、何台かの車両があるためだそうです。
一日も早い復旧を祈るばかりです。

☆デンさん
こんばんは~、ご無沙汰ばかりですみません。
コメント、どうも有り難うございます。
 
デンさんのレビューも読ませて頂きましたよ!
私はSABU監督作、全く観ていなかったんですが
「この妄想ダンスシーン、イランやろ!!」と、突っ込みながら
いつの間にか楽しんでしまっていました。
ここが監督らしいと言うレビューを読ませてもらって
他の作品も観てみたくなりましたよ。

「親になろうとする気持ちを応援している映画」って意見にも大賛成。
ダイキチのお母さんの態度を批判してるレビューが目に入ったんですが
彼女の本当の気持ちは、私にはわかる気がしましたね。
~同年代ですからね。~

『モテキ』は、やっと明日観てこようと思います。
『アジョシ』も高評価みたいですね、気になっています。

こんばんは。
体力回復ある程度できましたか?
お疲れ様でした。

うさぎドロップ、松ケンなので観に行こうかなあと迷っていたのですが、予定が合わず行けずじまい

ほしさんの感想を読み、無理しなくて良かったと少し安心しました。
芦田愛菜ちゃんが誰かもよくわからない状態だし(汗、テレビあまり見ないので)

「ステキな金縛り」わたしも楽しみにしています。
昨夜の「モテキ」で予告編流れてました。
予告編で笑えました。あのテンションが本編でも続くことを期待です。

☆せぷたか。さん
こんばんは!コメント、有難うございます。

2泊3日で帰省していました。
父の法事だったんですが、集まって下さった親戚から
娘の友だちの実家や教師になっている孫の教え子が
被災したと言う話など、聞いてまいりました。
やはり、大きな災害だったのだと改めて…

そう言えば、せぷたか。さんも駅で足止めでしたよね。
娘もしばらく時間をつぶして深夜にやっと帰れたようです。
『離れていると心配』と、何度も感じた年です。
 
芦田愛菜ちゃん、本当にウマイですよね。
お遊戯になったら、ちゃんと保育園児らしく演じれるし~
そうそう!あのキリヤ演出は最高でしたね。
マンマ、踊ってる愛菜ちゃんが可愛かった!

愛菜ちゃん、せぷたか。さんのレビューにあった通り
体調には配慮してあげて欲しいですね。
そして、真央ちゃん以上の活躍を期待したいですね。

☆ゆうり(りんこちゃん)さん☆
せっかくお誘いくださったのに、いつもごめんねぇ。
お蔭で、やっと日常に戻れそうです。
今年もまた、暑くて忙しい夏でした。
そして、今日やっと『モテキ』観てきましたよ。
ゆうりさんが、おっしゃる通り音楽が、すごくよかったです。
 
『うさぎドロップ』ですが、これはDVDでOK!だと思います。
家でツッコミを入れながら観た方が、逆に楽しめそうです
 
『素敵な金縛り』~「トリックです!」がツボ過ぎて
予告でも吹き出してしまいました、楽しみ
 

ありえない設定で、ファンタジーのような一面を持つ作品でしたが、
芦田愛菜ちゃんの笑顔を見れば許せますね♪。

☆ふぁろうさん☆
そうなんですよね~。
親戚やお母さんも尻込みしてるのにありえんでしょ?って、思いながらも
可愛い愛菜ちゃんに癒されて、これもありかなぁ~って思えてきちゃうんですよね。
原作では、りんは高校生だそうですが、映画は愛菜ちゃんだけで十分だなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『うさぎドロップ』:

» うさぎドロップ(2011-066) [単館系]
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。 彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、 何と彼女は祖父の隠し子だということで 親族一同がパニ...... [続きを読む]

» 「うさぎドロップ」ほのぼの愛菜ちゃん、無敵! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[うさぎドロップ] ブログ村キーワード  人気大爆発中の芦田愛菜チャンと、新婚で絶好調の松山ケンイチの共演で描く、ハートウォ~ミング・ストーリー。「うさぎドロップ」(ショウゲート)。大人気コミック原作の実写映画化なんだそうですが…、吾輩やっぱり未読です…(>_<)。  27歳、独身サラリーマンのダイキチ(松山ケンイチ)は、亡くなった祖父の告別式で、見慣れない1人の女の子と出会う。その6歳の女の子りん(芦田愛菜)は、実は祖父の隠し子だった(血縁関係では、りんはダイキチにとっては叔母に当たる... [続きを読む]

» 「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから [はらやんの映画徒然草]
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら [続きを読む]

» うさぎドロップ [日本映画の女優たち]
親バカも悪くない?そんな気持ちをファンタジックに伝える、イクメンと愛と絆の物語。 − 悲しみを乗り越え、希望と自信に満ちた表情に変わる瞬間の愛菜ちゃんスマイル − 主人公ダイキチ(松山ケンイチ)の祖父の葬儀のシーンから始まるストーリー。この時、 おじいちゃんの葬儀の場に寂しそうに黙って立っていた少女・りん(芦田愛菜)はまだ6歳。 実は亡くなったおじいちゃんの隠し子だった!?と..... [続きを読む]

» 映画:うさぎドロップ [よしなしごと]
 去年の夏頃公開された映画ですが、DVD発売直前に劇場で見てきました。と言うわけで今回の作品は2本だての1作目、 うさぎドロップです。 [続きを読む]

« 『髑髏城の七人』 | トップページ | 映画『探偵はBARにいる』 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter