« 『コクリコ坂から』 | トップページ | 『髑髏城の七人』 »

2011年8月 9日 (火)

『海洋天堂』

例年、7月中旬から9月中旬までは、休日になると

義兄の経営する果樹園の直売所でお手伝いをします。

 

『海洋天堂』 (公式ウェブサイト)は、

早くからすみちんさんのブログのサイドバーで紹介されていて

観たい作品だったのですが、こちらの公開が7月30日で

日程的に劇場鑑賞はムリだと、諦めていました。

 

ところが~、成熟の関係で直売所を数日間お休みをすることになり

私も予定が一日開き、ラッキーにも鑑賞することができました。

 

東京遠征まで考えていたと言うすみちんさんは試写で観れたそうですし

これは、「映画の神さま」が、天堂から応援して下さってるとしか思えません。

 

 

【公開に尽力くださった方に感謝いたします。】

8月6日 名演小劇場にて

「また肥えたんとちゃうかえ!?年行ってから、肥えたらあかんでぇ」

最近、頓に物忘れがひどくなって、廻りの者をハラハラさせている母が

50を過ぎた娘の顔を見ると、口にする言葉です。

親って、いつまでたっても子どもが心配なものなんですよね。

 

ましてや、息子に時間をかけてゆっくりと生き抜く力を

身につけさせようと思っていた父親に、残り時間が少ないとわかったら…

 

339378view006

海が大好きな息子と沖に舟を出し、舳先で笑いあう二人~

父親の胸にある絶望は、息子には全く伝わっていません。

 

そして、父親もまた、息子がロープの結び目をほどく力を

備えていた事に、気付かずにいたのです。 

339378view005

息子の生き抜く力を信じようと決めた父親ですが

障がいを持つ息子が一人で生きて行くのは簡単ではありません。

 

でも、願いを込めてつけた名前の通り

息子大福には、多くの素敵なサポーターがいます。

大福が、生活に必要な事を覚えていくのと

多くの暖かい人との出会いが、同時に描かれていくのがいいです。

大福は、恋(出会いと別れ)を知ってさらに成長します。

結局、人は一人では生きて行くことはできないんですよね。

 

339378view002

久石さんの音楽はもちろんですが、舞台が水族館と言うのがよかったです。

鈴鈴を始め女性陣が可愛い、キレイ、ステキ~

(鈴鈴=ピエロ=ドナルドおじさんだけは、ちょっと残念でしたが。)

 

大福役のウェン・ジャンさん、いい役者さんですねぇ。

そしてジェットさん、何とも言えない情愛のあふれる演技でした。

 

「平凡で偉大なるすべての父と母へ」そして「子どもたちへ」~お勧め!

 

ただ、ジェット大好な私の友だちには、お勧めはしないつもりです。

「海亀の格好をして、犬かきをするジェットなんか見たくない!」って言うでしょうから…

 

★★★★★

水族館の館長と『息もできない』の社長のイメージが、かぶったなぁ(号泣)

  

* 気になった予告 *

『一枚のハガキ』(公式サイト)。

予告映像の前に、新藤監督の舞台挨拶の様子が流れたんですが

98歳にして、ご自分の戦争体験をベースに撮られた作品との事。

戦争を知ってる世代に育てられた者として

これは観ておかないとと、思いました。 

 

 

 

« 『コクリコ坂から』 | トップページ | 『髑髏城の七人』 »

コメント

こんばんは!

”海洋天堂”、ジーンとする作品でした。
観た後も余韻が残りました。
アンクション・シーンのない、ジェット・リーも良いですね。

新藤監督は、TVで”愛妻物語”を観てから好きになり
他の作品も観るようになり、自伝的な著作も読みました。

8月12日、21時からの”金スマ”にゲスト出演されますよ。

おおお、全く知らない映画でした。海洋天堂、
必ず、観に行きます。
いつも貴重な情報ありがとうございます。

僕は今 お盆の最盛期で 忙しく
今月下旬に プロレス見に東京まで行くので
この映画と「一枚のハガキ」「日輪の遺産」
見ようと思います!!
素敵な 記事ありがとうございます。

お久しぶりです♪

とってもとっても見に行きたい作品です♪

おだやかな演技をするジェットもみたいです

☆kunishimaさん☆
コメント、有難うございます。
kunishimaさんのレビューも☆5つ付いていたので
これはいい作品だと確信しての鑑賞でした。
不器用な父親像が意外でしたが、違和感は全くありませんでしたね。

新藤監督作品は、実はそんなに拝見していないのですが
奥さまの最後の出演作を撮っていらっしゃる時の様子を
テレビのドキュメンタリー番組で拝見して
愛情の深い方だなぁ~と、思っていました。
なので、実体験ベースのオリジナル作品がとても楽しみです。

☆真冬ちゃん☆
ご無沙汰ばっかりで申し訳ありません。
コメント、うれしいです~なのにお返事が遅れまして…m(__)m

ノーチェックでしたか!?
日本公開予定がなかったのを
多くの方の力で公開にこぎつけたそうですが
上映館は、多くはないようですね。
ご覧になったら、感想をお聞かせくださいね。

上映前、『人生、ここにあり!』の予告(こちらは9/10から)も掛りました。
真冬ちゃんのレビューを読ませてもらって、鑑賞決定です。

☆sakuさん☆
暑い暑い毎日が続きますね。
震災の影響も気になっておりましたが
商売繁盛、お仕事がお忙しいのは何よりです。

いつも観たい作品が同じで、うれしくなります。
プロレスもお好きなんですね。
スポーツ観戦は大好きなのですが
残念ながら、格闘技は、イマイチ楽しみ方がわからない私です。
sakuさんの素敵な記事と遠征レポートを、楽しみにしています。


☆ココロちゃん☆
こちらこそ、すっかりご無沙汰してすみません。
毎日、暑いですねぇ~。
ほし★共々、すっかり「夏バテ」でも「夏ヤセ」なし
 
本作は、季節的にも夏にピッタリの作品です。
私は、水族館や動物園が大好きなので
そこが舞台と言うだけでもテンションが上がりました。

確かココロちゃんちの近くにも掛っていたと思います。
是非ご覧になって、感想をお聞かせくださいね。

アクションを完全に封印しての、ジェット・リーの演技は素晴らしかったと思います。ジェット大好きなお友達、やっぱガッカリするかなぁ?
映画を観終わるまで、音楽が久石譲さんとは知らずにいたので、軽く聞き流しておりました。きれいなメロディだなぁ、くらいにしか思っていなくて、見抜けなかったのがファンとして悔しいです。
映画用に書いた曲数も少ないようで、サントラは出ていないようでした。
いつかオリジナル・アルバムの中の曲として発表してくれると嬉しいです。

☆のびたさん☆
こんばんは! 遠いところを、どうもです。
コメントとトラバを有難うございます。
 
ジェットファンの友だちは、あくまでも痛快アクションモノが好きなんで…
と、言うより私が忙しくて話をしないうちに上映終了してしまいました。
 
久石さんは、中国映画の音楽を結構手がけていらっしゃるんですね。
優しくて温かい旋律が、映画に本当にマッチしていましたね。
大きなプールの青い水と心地よい音楽に包まれるような気がしました。
 
また、観たくなりました(年末年始に名画座に掛るみたいなのです)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『海洋天堂』:

» 映画「海洋天堂」名古屋でも公開スタート [soramove]
「海洋天堂」★★★★ ジェット・リー、ウェン・ジャン、 グイ・ルンメイ、ドン・ヨン出演 シュエ・シャオルー監督 98分、2011年7月9日より全国順次公開, 2010,中国,クレストインターナショナル (原作:原題:海洋天堂 ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 名古屋では名演小劇場で公開中!← 「我らがジェット・リーがただのおっさんで登場、 妻... [続きを読む]

» 海洋天堂★★★★TVの上のぬいぐるみ [のびた@映画の話をしようよ]
監督 シュエ・シャオルー 脚本 シュエ・シャオルー 撮影 クリストファー・ドイル 音楽 久石譲 出演 ジェット・リー(Xing chang) ウェン・ジャン(Wang Dafu) グイ・ルンメイ(Ling Ling) ドン・ヨン(Aquarium Director) ジュー・ユアンユアン [ 2011年7月9日公開 ] ジャンル ドラマ 製作年 2010年 製作国 中国 配給 クレストインターナショナル 上映時間 98分 自閉症の息子を持つ父親が、..... [続きを読む]

« 『コクリコ坂から』 | トップページ | 『髑髏城の七人』 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく