« 『大鹿村騒動記』 | トップページ | 『海洋天堂』 »

2011年7月18日 (月)

『コクリコ坂から』

携帯電話の待ち受けをこれにしましたぁ~。

Simg_2313

娘を始め、私の廻りには「ジブリファン」が多いのですが

私は、どちらかと言うと観ていない方です。

でも、本作は予告からとても惹かれていました。

寝不足 (なでしこJAPAN、感動をありとう!)でしたが

『コクリコ坂から』 (公式サイト)を観て参りました。

 

【なぜ今、この時代が描かれる?】

7月18日 地元ユナイテッドシネマにて

 

1963年の横浜、高台の洋館の二階で海(mer)は、目を覚まします。

たたんだ布団の下には、寝押しされたプリーツスカート。

壁には、セーラー服が掛っています。

83019_201012160075457001292467157_2

merの朝は、毎日とても忙しい。

マッチを擦りガスに火をつけ、船に向かって旗を揚げます。

洗濯機を回し、弟や妹・下宿人の為に朝ごはんを作ります。

彼女の家は、コクリコ荘と言う下宿屋さんなのです。

 

お手伝いのおばさんに後を頼み、海は学校へ。

後に理事長が登場するので私立の高校なんでしょう。

 

学校では、バンカラ学生などが根城にする文化部の殿堂

カルチェラタンが、存亡の危機に直面しています。

何もかもをハイカラに変えようと言う時代

大半の生徒が、クラブハウスの建築に賛同しているのです。

 

ある事件がきっかけで、カルチェラタン存続派の俊と出会った海。

ふたりは、共に活動をするうちに惹かれあっていきます。

 

この記事を読んで下さっている方で、「ガリを切る」が

お解りになる方は何人いらっしゃるでしょうか。 

「ガリを切る」をはじめ、私にとってはどの場面も懐かしい物ばかり。

オート三輪のハンドルや洗濯機の絞り・・・

お肉屋さんのコロッケ~は、今でもあるか!

  

『マイ・バック・ページ』でも、思った事なのですが

若い監督さん、なぜ今この時代を描こうとなさるのでしょう。

(企画は、宮崎駿氏で少女漫画の原作モノらしいですが…)

本作では、海と俊の出生に絡んで(予告に出てきたので敢えて)

その親たちの恋愛や結婚、友情~その青春時代も描かれます。

 

ジブリ作品は、やはり音楽がいいですねぇ。

手嶌さんが歌う主題歌はもちろんですが

大合唱も良かったし、テレビから流れる「上を向いて歩こう」も…

そして、私はカルチェラタンのシーンで流れたタンゴが一番好き。

 

長澤まさみちゃんの声も、とっても良かったです。

それから、風吹ジュンさん~実年齢より若い役の方がアフレコには向くのかな…

 

私にとっては、「こんな時代があったなぁ~」と、

ただ、ただ懐かしく、胸がキュンとなる作品でしたが

若い方にとってはどうなんでしょう

色んな年代の方の感想が聞いてみたい・・・と思った作品でした。

 

★★★★☆ どっぷり思い出に浸りました。

 

クラス文集や遠足のしおりなどを作る役を引き受ける事が多かったので

重いやすりのはまった下敷きにパラフィン紙を置き

鉄筆でカリカリと書いて行く感触が、よみがえってきました。

字の上手下手より、いかに四角い字を書くかが見栄えを決めていたと思います。

この後、ガリを切る作業は鉄筆からボールペンになり

一枚づつガリ版で印刷していたのが、輪転機になり 

今は、パソコンで書いたものをレーザープリンターで印刷

この進歩に比べれは、人の本質の変化なんて

「『ない』に等しい」のかも知れませんね。

 

新コーナー * 気になった予告 *

『モテキ』(公式サイトのキャスティングがすごい!

大好きな森山未來くんが主演のコメディものらしいのですが

取り巻く女性が魅力的!~長澤まさみちゃん、麻生久美子さん

仲里依紗ちゃんに真木よう子さんheart04~9/23公開だそうです、楽しみ♪

 

 

 

slate

« 『大鹿村騒動記』 | トップページ | 『海洋天堂』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/40864124

この記事へのトラックバック一覧です: 『コクリコ坂から』:

» コクリコ坂から [LOVE Cinemas 調布]
1980年に「なかよし」に連載された同名漫画を『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督が映画化。企画・脚本を父親の宮崎駿が務めている。60年代に生きる高校生の男女の青春物語だ。主人公の少女の声をを長澤まさみ、少年の声を岡田准一が演じる。共演にも竹下景子、石田ゆり子、風吹ジュン、内藤剛志、風間俊介、大森南朋、香川照之と実写映画も真っ青の名優が揃った。... [続きを読む]

» 映画「コクリコ坂から」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「コクリコ坂から」観に行ってきました。 1963年の横浜の港町を舞台に繰り広げられる青春ドラマ系のスタジオジプリ作品。 この映画、当初観に行く予定はなかったのですが、映画公開がちょうど1ヶ月映画フリーパスポート有効期間中だったことから、急遽映画観賞リストに追加されました。 「SP 警視庁警備部警... [続きを読む]

» コクリコ坂から [Akira's VOICE]
じわりじ〜んわりと効能を発揮する良作。   [続きを読む]

» コクリコ坂から [食はすべての源なり。]
コクリコ坂から ★★★★☆(★4つ) う~ん。良いか悪いかで言ったら良かったんだけどね。 「なぜ、今、ジブリからこの作品なんだろう」って思ってしまったのが正直なところでした。 1960年代の横浜を舞台に、高校生男女の交流を描く。 戦争で船乗りの父を亡くした海は、父が亡くなった後も毎朝信号機を上げるのが日課。 そんな中、海が通う高校の文化部室棟(通称カルチェラタン)の取り壊しをめぐって学生運動を繰り広げられる。 取り壊し反対の風間俊と出会い、心惹かれていく。 ~~以下、ネタばれ... [続きを読む]

» コクリコ坂から [日本映画の女優たち]
日本が大きく変わりつつある時代を生きるヒロインを包み込むノスタルジックな世界観。 − 長澤まさみ、憧れのジブリアニメのアフレコ初挑戦は、ありのままに爽やかに − 港を見下ろす小高い丘の上に建つ古い洋館。ここに住んでいる松崎海(長澤まさみ)の朝は、 庭で信号旗を上げることから始まります。特に誰か決まった人に見てほしいというものではなく、 すべての船の安全な航行を祈るものでした。そして朝食の支度に取り掛かるので..... [続きを読む]

» 『コクリコ坂から』 忘れ去られたモデルとなった事件 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  なぜ1963年なのだろう?  マンガ『コクリコ坂から』が少女マンガ誌『なかよし』に連載されたのは、1980年である。もちろん、その時代を背景に、その時代の少女たちを対象に描かれ...... [続きを読む]

» コクリコ坂から (試写会) [風に吹かれて]
説明が足りない公式サイト http://kokurikozaka.jp同名少女マンガを時代設定を変えて映画化監督: 宮崎吾朗東京オリンピックの前年、1963年の横浜。港の見える丘にある下宿屋を切り盛り... [続きを読む]

» 『コクリコ坂から』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「コクリコ坂から」 □監督 宮崎吾朗□脚本 宮崎 駿□原作 高橋千鶴□キャスト(声) 長澤まさみ(メル:松崎 海)、岡田准一(風間 俊)、竹下景子(松崎 花)、石田ゆり子(北斗美樹)、風吹ジュン(松崎良子)、内藤剛志(小野寺善雄)、...... [続きを読む]

» 「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく [はらやんの映画徒然草]
「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに [続きを読む]

» [映画『コクリコ坂から』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏線と収束に至る脚本を練り上げていた。  『ゲド戦記』でケチ...... [続きを読む]

» 純愛を振りかざす確信犯。『コクリコ坂から』 [水曜日のシネマ日記]
スタジオジブリの最新アニメ映画です。 [続きを読む]

» しっぽり。 【映画】コクリコ坂から [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】コクリコ坂から ゲド戦記の宮崎吾朗によるスタジオジブリ最新作。 【あらすじ】 東京オリンピックの開催を目前に控える日本。横浜のある高校では、明治時代に建てられた由緒ある建物を取り壊すべきか、保存すべきかで論争が起きていた。高校生の海と俊は、そんな... [続きを読む]

» コクリコ坂から★★★★上を向いて歩こう。 [のびた@映画の話をしようよ]
監督 宮崎吾朗 出演(声) 長澤まさみ(小松崎海) 岡田准一(風間俊) 竹下景子(小松崎花)   石田ゆり子(北見北斗) 風吹ジュン(小松崎良子) 内藤剛志(小野寺善雄)   風間俊介(水沼史郎) 大森南朋(風間) 香川照之(徳丸社長) [ 2011年7月16日公開 ] ジャンル アニメーション 製作年 2011年 製作国 日本 配給 東宝 『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督がメガホンをとった、スタジオジブリ作品。原作は、1980年頃に少女マンガ誌「なかよし」に連載されていたコミック。ちょっぴりノスタ..... [続きを読む]

» 「コクリコ坂から原画展」/池袋西武 [京の昼寝〜♪]
「コクリコ坂から原画展」/池袋西武 7月23日(土)  時々   「コクリコ坂から原画展」  今月16日から公開中のジブリ映画『コクリコ坂から』の美術資料約100点をが池袋の西武ギャラリーで開催されています早速、暑さもや一段落したので出掛けて来まし...... [続きを読む]

» スタジオジブリ 最新作【コクリコ坂から】を観て・・・(笑)。 [MY ALL]
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!今日は、曇り空が広がり、湿度が高く蒸し暑かったですね。時間が経つにつれ、太陽が顔をだし、私を干し柿にするような強い日差しのジリジ ... [続きを読む]

» 「コクリコ坂から」 [大吉!]
<木曜日> (2011年7月27日・TOHOシネマズ・15時50分〜・95分) 1963年の横浜。東京オリンピックの開催を目前に控え、古いものはすべて壊し、新しいものを作ることだけが素晴らしいと信じていた時代、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた──。主...... [続きを読む]

» 映画「コクリコ坂から」 [FREE TIME]
話題の映画「コクリコ坂から」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» コクリコ坂から [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:うまく歌えたらイイナ!と思う曲は? 参加中 COPDのイベントの後、 会場の近くの映画館で観ました。 宮崎吾郎氏のジブリ作品第二段ですね。 最近のジブリ作品は今一つだし、 吾郎氏の最初の作品も然りだったので 行く予定はなかったのですが、 テレビ... [続きを読む]

» 映画「コクリコ坂から」ノスタルジーに今は浸る時じゃない [soramove]
「コクリコ坂から」★★★ 岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、 大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、 柊瑠美、風吹ジュン、内藤剛志、声の出演 宮崎吾朗監督 91分、2011年7月16日より全国公開, 2011,日本,東宝 (原作:原題:漫画:コクリコ坂から ) ←                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「見る予定に無かったが 上映時間が丁度良く ポイントで無料で見れたので鑑賞、 描かれる... [続きを読む]

» コクリコ坂から [映画的・絵画的・音楽的]
 『コクリコ坂から』を、新装なったTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、1963年の横浜を舞台に、男女の高校生の清々しい恋愛を描いた作品と言えるでしょう。ですが、下記の前田有一氏が述べるように、「話にも、絵にも、演出にも目を見張るものがない。こ...... [続きを読む]

» シネトーク71『コクリコ坂から』●良くも悪くないんだけど・・・・何かが足りない [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「レディースデーがあるのにメンズデーがないのは男女差別じゃね?」 シネトーク71 『コクリコ坂から』 監督:宮崎吾... [続きを読む]

» 映画 コクリコ坂から [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 観に行こうかどうか迷っていたのだが、手嶌葵による挿入歌があまりにも良いので結局行ってきた「コクリコ坂から」。迷っていた理由は主に二つだ。まず、同じ監督の前作の ... [続きを読む]

» 映画 コクリコ坂から [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 観に行こうかどうか迷っていたのだが、手嶌葵による挿入歌があまりにも良いので結局行ってきた「コクリコ坂から」。迷っていた理由は主に二つだ。まず、同じ監督の前作の ... [続きを読む]

» コクリコ坂から [青いblog]
スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」 コクリコ坂から サウンドト [続きを読む]

» コクリコ坂から [青いblog]
スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」 コクリコ坂から サウンドトラック コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~ コクリコ坂から イメージアルバム~ピアノスケッチ集~ ...... [続きを読む]

» 映画:コクリコ坂から [よしなしごと]
 個人的にはゲド戦記が微妙だったので見ようかやめようか迷っていたのですが、ネットでも今回の作品はおもしろい!との評判。と言うことでコクリコ坂からを見てきました。 [続きを読む]

» コクリコ坂 朝鮮戦争の日本への影響、光と影 [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
【序】 もっきぃです。(映画は)約1ヶ月ぶり、元気ですかーっ。 昨日、久々に映画をみてきました。今年の56本目「コクリコ坂」です。 会社の「ALWAYS三丁目の夕日」が大好きな同僚(60年代生れ)が 『同監督の「ゲド戦記」の1000倍よかった』というのを聞き、 「...... [続きを読む]

» コクリコ坂から [C note]
『ゲド戦記』宮崎吾朗氏の監督2作目。 観ない予定でしたが、ひょんなことからおとも [続きを読む]

» コクリコ坂から [いやいやえん]
少女漫画が元になっているようなので、少女漫画として観ませう。 いやーそれにしても、ジブリの描くヒーロー(ヒロインの相手役)の男の子ってどうしてみんなこうカッコイイんでしょうね!ヒロインの海、ヒーローの俊の甘酸っぱくも爽やかな青春の物語に、胸がキュン。恋のような感情はとても淡いですがはっきりとしてる。でもそこがたまらん感じなんですよね。告白シーンよりも兄妹ではと疑惑を打ち明けたときの傘をぐっと引っ張る所作がとてもせつなくて良かったです。 実は海と俊の間には、同じ父親ではないかといった出生の... [続きを読む]

» コクリコ坂から(2011-050) [単館系]
ゲド戦記の監督である宮崎吾朗氏がなかよしに連載された同名漫画を 映画化。 原作は読んでいない様な気がしますが映画館での予告で「兄妹」だ とネタばれした時点で気になってしょうがなかった作品。 ...... [続きを読む]

« 『大鹿村騒動記』 | トップページ | 『海洋天堂』 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter