« 『クロエ』 | トップページ | 映画『東京公園』(11日-22) »

2011年6月18日 (土)

映画『プリンセストヨトミ』(11日-21)

公開4週、なかなかタイミングが合わず

先日もネッ友さんと話して、これはDVD鑑賞に回す予定でしたが

更新でもらった今月期限の「1000円で鑑賞できる券」と貯まったポイントがあったので

夫と二人で1000円、『プリンセストヨトミ』(公式サイト)を、観て参りました。

 

【壮大な歴史ファンタジー、小さくまとまる】

6月19日 地元シネコンにて  ★★★☆

 

『鴨川ホルモー』のセンスのいい笑いにはすっかりはまって

実は、今回もかなり期待していました。

大好きな堤さんの主演ですしね。

堤さん、関西が舞台の作品では必ず笑わせてくれるので

そっちでもかなり期待をしていたのですが

「一度も笑い顔を観た事がない男」役なんて大丈夫かなぁ。

 

前作で、はまった割には「万城目学氏の原作」を

結局、手に取ることはありませんでした。

そして、「会計監査院」の知識も全くないままの鑑賞となりました。

338644view001

「大坂夏の陣」で、物語は幕を開け

次のシーンでは、東京からの三人組が大阪に会見監査に訪れる。

ボスが、松平ってわかりやす~~~い。

補助のゲンズブールがファーストネームで呼ばれるのを拒むのは?

 

「豊臣の末裔」とか「大坂全停止」とか

CMや予告でもかなり叫ばれていましたし、何せタイトルが~ですから

それなりにイメージがあったので、冒頭の掴みはオッケー!! 

会計監査の訪問先の中学校で男女生徒に出会うのも、キター!!

338644view005

 

いよいよ、謎の団体「OJO」に乗り込み、会計の不備を暴くとともに

歴史の謎に踏み込んでいくぞ!と、思ったら~

 

う~~~ん、あらあら~~~、そっちに行っちゃったのね。

まぁ、確かに「父と息子」の間ってちょっと微妙で

この物語の底に流れるテーマみたいなものには

ウルッと来るところもあるにはあったのですが…

結局「小さな感動作」でまとめちゃったんですね。

  

あっ!でもキャストの演技はとってもいいです。

あの落語坊やの森永くん、おっきくなったのね~。

沢木ルカちゃんは、絶対、キレイになりますね。将来が楽しみ。

そうそう、彼女が演じているのが「チャコ」で

私の頭の中では「ひさこ」って名前が浮かんでたんだけど「茶子」だった。

なぁ~んだ、こっちもわかりやす過ぎ(わかってなかったけど…)

 

岡田くんがね、今回もなかなかいいの。

中井さん演じる真田へ一礼するシーンに拍手!

笹野さんはね、誰を演じても「この人しかいない」って思わせてくれるし…

 

もちろん、はるかちゃんの喰いっぷりもね。 

それにしても「食い倒れの街」が舞台だけあって、みんな食べる食べる~

ベタだけど、帰りは「お好み焼き」を食べて帰りました。

 

* * * * *

 

商店街が空っぽになって、カラスとイヌだけとか

5000人のエキストラが集合するシーンとか

映像としては見応え十分なシーンもたくさんありましたが

ちょっと納得できない設定もあったので

これは、是非原作を読んでみようと思います。

 

本作とは、全く関係ない話題なんですが

(ただの堤さんつながりで、思い出しました。)

先日、美容院で週刊誌を読んでいたら

手術中に音楽を流す外科医って、結構多いんだそうですね。

「アンコ椿は恋の花」も流れているのかなぁ~。

 

 

 

slate

« 『クロエ』 | トップページ | 映画『東京公園』(11日-22) »

コメント

最後は今ひとつ盛り上がりに欠けた気がしました。
大きく期待していただけにちょっと残念。
せっかくがちで大阪が舞台なので、もっと笑いもほしかったです。
でも父と息子の絆というテーマはしっかり伝わってきて、そこは良かったです♪。

☆ふぁろうさん☆
コメントとトラバを有難うございます。
そうなんですよね~
大阪と言えば「笑い」を期待しちゃいます。
「ボスを笑わせたら、補助金倍増」とか~こりゃだめかhappy02

感動的なテーマなのに、舞台が壮大過ぎて
ちょっと霞んでしまったって事でしょうか…

ええと、とりあえず乳揺れ中心にしか書いてない私の記事へのTBを貼っておきます(何から何まで最低だ)。

面白くないことはないんだけど、DVDでいいかなと思う。

やはり同じような感想に落ち着きましたか。

はるかちゃん可愛いし、岡田君もいいし、堤さんもとぼけているんだけど。
キャラは立っているけど、何か物足りない。

わたしとしては、本気で大阪全停止してほしかったΣ( ゜Д゜)!
ちょっとだけ発砲騒ぎがある程度の集会で終わるなんてbearing

そして、どうしてもわからない、富士山fuji十字架の謎。
続編あるんですか?と、知っている人に問い詰めたい。

綾瀬はるかが、たこ焼を落とすシーンに意味があるのかも問いたい。

玉木宏がなぜたこ焼屋の兄ちゃんなのかも問いたい。

問いたいことが多い作品でした。

ほし★ママさん、こんばんは!

意外な展開でしたよね。
僕もどちらかというと「鴨川ホルモー」のようなとんでも展開にいくかと思っていたのですが、まったく違う方向にで少々驚きました。
とはいえ、父親と息子の話は、自分自身も感じるものがあり、これはこれでいいかなぁと思いました。

お早うございます。
この映画は、地下の国会議事堂とか、千成り瓢箪の合図、富士山の十字架、真田の抜け穴などなど、素材としては面白いものを一杯持っているにもかかわらず、「ほし★ママ」さんがおっしゃるように、「「小さな感動作」でまとめちゃった」感じで、事前の期待が大きかっただけに、「小さな感動作」にもなりきれなかったのではと思いました。
なお、「ほし★ママ」さんは、堤真一のファンでいらっしゃるようですが、このところ大人の女性とのまともなラブシーンを見かけないように思われますが、如何でしょうか?

☆ふじき78さん☆
TB有難うございます、私の方は、またエンストしています。
いえいえ、いつも楽しませてもらっています。
堅苦しい上着は脱いで、Tシャツ姿で走ってましたね@はるかちゃん。
でも、残念ながら「ミラクル度」は、低かったですねhappy02

☆ゆうりちゃん☆
夫もね、『鴨川ホルモー』がすごく気に入っていて
何かの番組で同じ原作者の映画化と知ったらしく
「まぁ、雨やし、行ってみよか!」ってなったんだけどね。
やっぱり、「尻すぼみかげん」にガッカリしていましたね。

たこ焼き屋のあんちゃんは、そここそ吉本のお笑いタレントでも起用して欲しかった。
玉木くんも若手ながら大阪国の要人かと思ったら、そうでもなかったし…

たこ焼きは、落ちた場所の地下に~
何せミラクルですから…って事でしょう、多分。

十字架は私もわからなかったsign02
少年が何で女の子になりたいのかも…sign02

☆はらやんさん☆
コメントとトラバをどうも有り難うござました。
前作のイメージ+予告やCMのイメージから
ちょっと期待を膨らませ過ぎてしまいまいました。

でも、はらやんさんのお話heart04を伺って
ステキなテーマだったのに
逆に、もったいなかったなと思ってしまいました。

☆クマネズミさん☆
こんばんは!
コメントとトラバをいつも有難うございます。

堤さん、そう言われれば、独身役が多いですね。
SPシリーズは残念ながら観ていないのですが
私的ベストツツミの『孤高のメス』も 2位『容疑者Xの献身』もそうですね。
女性が絡んで浮かぶのは『地下鉄に乗って』くらいだわぁ。
色っぽい役もみてみたいです。
 
千なり瓢箪の合図のシーンはなかなかでしたね!
ニュースキャスターの机の上にまであったので、さぁ!っと期待したら…
あそこまでやってこのオチ・・・crying

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/40448704

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『プリンセストヨトミ』(11日-21):

» プリンセス トヨトミ(2011-035) [単館系]
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ [日本映画の女優たち]
財団法人OJO、その名前に、その場所に隠された、歴史を覆す400年越しの真実とは、、、。 − 綾瀬はるか、大阪の街を走り、大阪の味を堪能し、ちょっと苦しい大阪弁も披露 − 「このことは誰も知らない。2011年大阪。7月8日金曜日。午後4時のことである。大阪が全停止した」。 こんなメッセージと共に、その瞬間の映像(誰もいない閑散とした大阪の繁華街の風景)が映し出され、 異様にさ..... [続きを読む]

» 『プリンセストヨトミ』を池袋ヒューマックスシネマズ4で観て、ゆっさゆっさの話題中心ふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆ゆっさゆっさはOKだ】 ツイッター上で、 映画はともかく「綾瀬はるかの胸揺れが凄い」と評判になった映画。 評判通りであった。 っつか、胸揺れみじけ ... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ [風に吹かれて]
大阪の男とは公式サイト http://www.princess-toyotomi.com万城目学の同名小説の映画化2011年7月8日金曜日、大阪が全停止した。4日前の月曜日、東京から会計検査院の松平元 [続きを読む]

» 「プリンセス トヨトミ」 父親と息子 [はらやんの映画徒然草]
万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作 [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ [映画的・絵画的・音楽的]
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。 (1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくるも...... [続きを読む]

» 『プリンセス トヨトミ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...... [続きを読む]

» 映画:プリンセス トヨトミ [よしなしごと]
 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。 [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ [食はすべての源なり。]
プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しりつぼみ? ...... [続きを読む]

» 別館の予備(プリンセス・トヨトミ 感想230作品目) [スポーツ瓦版]
6月28日 プリンセス・トヨトミ(感想230作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当 ... [続きを読む]

« 『クロエ』 | トップページ | 映画『東京公園』(11日-22) »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter