« 『ジュリエットからの手紙』 | トップページ | 映画『マイ・バック・ページ』(11日-16) »

2011年5月19日 (木)

映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(11日-15)

ゴールデンウィーク明けの土曜日、母の顔を見に和歌山に行きました。

最近、途中で必ず立ち寄るのが「天理PA」(公式サイト)です。

ここの「焼きたてメロンパン」が、めっちゃおいしいの♪

 

そこで配られてる「パスティ」なるフリーペーパーをもらうのも楽しみ!!

今回は、巻頭インタビューが「竹野内豊さん」

Book_0420

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(公式HP)について語っておられました。

竹野内豊さん、ほぼコメディ初主演&

大好きな水川あさみちゃんがヒロインという事で、観て参りました。

 

【言葉を失くしたら…】

5月19日 伏見ミリオン座にて  ★★★★★

いやぁ~、笑った!笑った!

設定は、思いっきりファンタジー~と言うか、ありえん世界。

ところが 夫婦の間に「あるある!!」会話が、ずっと続いて行きます。

 

新婚なのに同棲が長くて倦怠期って、ありそうでしょ!?

そんなふたりが、怪しい占い師とガイドに導かれて

地獄ツアー(地獄甘海老食べ放題オプション付き)に、行くことに!

338675view008

占い師は樹木希林さん、ガイドは片桐はいりさん。

もうこの時点で、かなりすごいです。

 

地獄に落ちたふたり~

地図を頼りに「後ろを振り返らずに」進んでいきます。

さて、道中で何があるのか?

ふたりは無事、ホテルに辿り着けるのか?

338675view006

これは、「パスティ」からの引用なんですが

歩いて行く途中に、周りの景色が一転するシーンが出てきます。

シーンの途中で撮影終了、次の日になったら辺りが雪景色に!!

それを上手ストーリーに盛り込んで、撮影したんだそうです。

 

★5つです、『ブラック・スワン』を、超えました!!

呆れて下さい~でも、大好きなんです。

人間が言葉を失ったら!?

人と人との間に会話がなくなったら!?

そもそも生きてるって何なの!?

終盤、たたみかけてくる「心に沁みる」シーンの数々…

   <最近、大切な人と笑ってる?>

ウルウル来てしまったのは、私だけかなぁ。

 

竹野内さん、いいですねぇ~。

ホンワカした天然ぶりがお見事でした。

水川さんも、「初」よりこっちの方が似合ってるぞ!

サイドのキャストもめっちゃ(ある意味ですが~)豪華です。

山内圭哉さんまで出てるじゃないですか、もう最高♪

 

音楽もね、ノリノリなんですよ。

最初、ちょっと外れたようなBGMが流れて「えっ?」ってなったんですが

そこは、ラジカセから流れてくる音楽と言う設定で、笑えました。

それから、すごく気になったのが地獄の「文字」

なかなかキュートで、使いたくなりました。

 

『大木家のたのしい家族旅行 子連れ天国篇』とかも、観たくなっちゃいました。

« 『ジュリエットからの手紙』 | トップページ | 映画『マイ・バック・ページ』(11日-16) »

コメント

この映画、予告を見た時からめちゃめちゃ気になっていたんですよ。
一瞬、くどかん監督の『真夜中の弥次さん喜多さん』を連想したけれど、そっちよりはずっと、わかりやすそうだし普通に楽しめそうですね。
( ̄▽ ̄)

☆ゆうりちゃん☆
こんにちは~、コメントどうもありがとう。
『真夜中の弥次さん喜多さん』観てないのよ、残念~~~
なので私のイメージだけど、クドカンさん的笑いとはちょっと違うかな。
ギャグは、一切なくて
こんな会話ってアルアル~な笑いです。
出てくるシチュエーションは「ないない!」尽くしなんだけどね。
そう!まさに「普通」に楽しめます

来週、よろしくね~楽しみにしています。

こんにちは。コメントありがとうございます。^^

私は観ていて何気に驚いたのが竹野内さんの若さ!
水川さんは20代後半ですけど、竹野内さんは40超えてますからね。
でもぶっちゃけ2人並ぶと全然差を感じないし。
思わず『ロンバケ』思い出しましたよ。(笑)

強烈な脇役が多くてその人たちとの格差が笑えますよね。
片桐さんの腹話術とか反則ですww

☆KLYさん☆
こちらこそ、お尋ねくださって嬉しいです。
いつもいち早い、そしてあらゆるジャンルの
素敵なレビューを楽しませて頂いています。

竹野内さん>私はね、『ビーチボーイズ』でした
まだ、泳げそうやわぁ~ってね。
そう言えば、温泉(?)で泳いでましたね。
『ロンバケ』からは、もう15年くらい経っているんですよね。
ホント、ちっとも変わらないです。

コメントとトラバを有難うございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

水川あさみのゆるキャラがいいですね。
最近は大河でも、江より、初や茶々のキャラも際立ってきました。
江に飽きたわけではありませんが(笑)。

しかし、大木夫妻はすべてを受け入れる寛容さがありますね。
あの甘海老の正体は何なんでしょう、気になります♪。

☆ふぁろうさん☆
コメントとトラバを有難うございます。
水川さん、本当に良かったです。
セリフとはとても思えない、「素」みたいでした。

はっちゃんは、恋してしまってから一気に目立ってきましたね。
今までは、どうも年齢的に無理があったような気がして~
私としては、お相手の斉藤工クンがかなりツボです。
そして、ごうちゃんも向井くんと~うーん、楽しみ。

おっと!『大木家』でした
そう!甘海老が本当に気になる~

お早うございます。
「ほし★ママ」さんご指摘のように、「設定は、思いっきりファンタジー~と言うか、ありえん世界」で、そっちの方に気を取られていると、実際は、「夫婦の間に「あるある!!」会話が、ずっと続いて行」くといった展開で、まさに「人間が言葉を失ったら!?人と人との間に会話がなくなったら!?そもそも生きてるって何なの!?」という深ーいことに気づかされるといった具合で、たかがコメディだなんて見過ごせないところが幾つもあって、随分と楽しめました!

☆クマネズミさん☆
こんばんは!
コメントとトラバを有難うございます。
すっかりお返事が遅くなって申し訳ありません。

クマネズミさんも楽しまれたんですね~~
ファンタジー系で笑いどころのある非日常を感じさせてくれる作品は
大好きなので、まさに「ツボ」な映画でした。

こんちは。
個人的に「深い」は感じなかったんですが、ワンピースが出てきた時の水川あさみの笑顔がステキでした。

☆ふじきさん☆
こんばんは~。
コメントとトラバをどうも有り難うございます。

そうでした!
あのワンピースのシーンは良かったですね。
前半のフリのシーンをすっかり忘れていた時だったので
ちょっとホロっと、してしまいましたよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(11日-15):

» 大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇(2011-030) [単館系]
大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は 新婚にもかかわらず、すでに倦怠(けんたい)期を迎えているような状態。 新居に引っ越しをしてみたものの雰囲気が良くなることもなく、痴話げんかが絶えない...... [続きを読む]

» [映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆非常に面白かった。  ジャンルで言うと、ちょいハートフル・シュール・ファンタジー&コメディってとこか?  交際期間が長く、惰性で結婚、初夜にして倦怠期に突入してしまった二人が、ひょんなことから地獄を旅行することになり、そこでお互いの存在を再認識するに...... [続きを読む]

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [LOVE Cinemas 調布]
人気劇作家・前田司郎の小説を映画化。新婚早々の倦怠期を迎えた夫婦が何と地獄への旅行を通じて愛情を取り戻すコメディー映画だ。主人公の夫には『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の竹野内豊がコメディ初挑戦。その妻に「のだめカンタービレ 最終楽章」シリーズの水川あさみ。共演に樹木希林、片桐はいり、でんでんら超個性的なメンバーが揃う。監督は本田隆一。... [続きを読む]

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 晴れた日は映画を観よう [映画のブログ]
 「晴れた日は映画館へ行こう」というのは、『ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍が、ユナイテッド・シネマ浦和のオープンのために考えた惹句である。  天気の良い週末、別になんの予定があるわけでもなく...... [続きを読む]

» 映画「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」次は天国編もあるのかな [soramove]
「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」★★★ 竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、 片桐はいり、荒川良々、柄本明 出演 本田隆一監督、 121分、2011年5月14日公開 日本,ギャガ (原作:原題:大木家のたのしい旅行)                      →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「傑作『ブラック・スワン』の余韻を引きずりながら そんな時は軽めのこんな映画が良いだろうと劇場へ、 長く付き合った末に結婚... [続きを読む]

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [日本映画の女優たち]
地獄はそんなに怖くない?、、、探していたものより、もっと大事なものを見つけた旅の顛末。 − 水川あさみ、倦怠期を感じさせる新妻像、そのマイペースぶりとゆる〜い笑顔の魅力 − ダンボールに囲まれ、ぼーっとしている咲(水川あさみ)の、なんとなく疲れた表情から幕を開ける物語。 夫の大木信義(竹野内豊)と新婚生活を始めるため、新居のマンションに引っ越してきたばかりのようです。 ところが二人は長い同..... [続きを読む]

» 大木家のたのしい旅行 [映画的・絵画的・音楽的]
 『大木家のたのしい旅行』を新宿バルト8で見てきました。 (1)『太平洋の奇跡』では随分とシリアスな演技をしていた竹野内豊と水川あさみが、本格コメディに初めて出演するというので、新婚早々倦怠期に陥っている二人が「地獄」に行くとしても、そこは従来のものとは大...... [続きを読む]

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』をシネマート六本木2で観て、本田らしいなふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆押し寄せるような笑いじゃないから誉めづらいんだよなあ】 一番いいのがチラシのデザイン。 このチラシのデザインに こんな風に映画が作られるべきだとい ... [続きを読む]

» [映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆非常に面白かった。  ジャンルで言うと、ちょいハートフル・シュール・ファンタジー&コメディってとこか?  交際期間が長く、惰性で結婚、初夜にして倦怠期に突入してしまった二人が、ひょんなことから地獄を旅行することになり、そこでお互いの存在を再認識するに...... [続きを読む]

» ■映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
竹野内豊と水川あさみが、長い同棲を経て、なし崩し的に結婚してしまった新婚カップルを演じたコメディ映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。 あんまりコメディのイメージが亡い竹野内豊ですが、テンション低めの脱力系演技が、妙にこの映画の世界観にハマっています。... [続きを読む]

» 映画:大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [よしなしごと]
 暗い話題が多いので、楽しい作品を観たいということで、大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇を見てきました。まぁ、本音は水川あさみの入浴シーンなんですけどね(^^;; [続きを読む]

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [食はすべての源なり。]
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 ★★★★☆(★4つ) 面白いっ!これ。声出して笑っちゃった。 ゆる~い感じと、「そうそう!それ思う」っていうツボを押さえている。 細かい、くだらないことに男って「適当にそうだね、とか言っておけばいいのにいちいち突っ掛るじゃーん」て。...... [続きを読む]

« 『ジュリエットからの手紙』 | トップページ | 映画『マイ・バック・ページ』(11日-16) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく