« 映画『八日目の蝉』(11日-12) | トップページ | 映画『婚前特急』(11日-13) »

2011年5月 4日 (水)

映画『まほろ駅多田便利軒』(11日-11)

4月24日の「ボクらの時代」に主役のお二人と

新井浩文さんが出ておられて、改めて魅力的な方々だなぁ~と。

独特の空気感をお持ちの方たちですよね。

(今、私の中では新井さんが来ています!!

期待していたのに、本作には出ておられなくて、すごく残念…)

原作を読んだこともないし、予告ではどんなお話なのか

想像もつかないまま、観て参りました。

【左側の人たちだけ大爆笑!!】

5月4日 ミッドランドスクエアシネマにて ★★★★☆ 

「まほろ駅」から走って1分・歩いて3分の多田便利軒。

頼まれた仕事は極力断らずに受けるこの店には

多くはないが、ユニークな仕事が持ち込まれます。

 

店主の多田も、心に傷を負っているけれど

依頼者たちにも、それぞれ事情があります。

そして多田の中学時代の因縁の人物

再会し、居候を決め込んでしまう行天にも…

338336view011

人生に疲れ、アウトローを気取ってるのかと思えば

意外と人情に厚く、おせっかいな多田と行天。

仕事の成果以上のものを依頼者に残して行きます。

338336view005

まった~りと暖かくて、ほのぼの。

「傷だらけの天使」とか「探偵物語」とか

’70年代後半のテレビドラマの匂いがする作品でした。

 

もうちょっとシャープでハードボイルドな方が

映画としては面白い気がするけど

何せ、主役のお二人が魅力的だし

アチコチに散りばめられた「優しい言葉」が心に響くので

これは、またとっても良作でございました。

 

実は、ワタクシ恥かしながら大森立嗣監督初体験です。

一番の感想は、お父さま、弟さんを含め

相当人脈を持ってらっしゃるな!って事。

警察を辞めたはずの岸部さんが所轄の刑事に戻ってたし~ (^_^;)

 

サブタイトルは、あるシーン。

私の中では、しばらく笑いが止まらなかったのですが

右側の方(いちばん後列で右に7・8人いました)が

しらぁ~~と、していらっしゃいました。

お若い方はご存じないのかなぁ~。

私は、まぁまぁ良かった(似てた)と、思います。

 

ところで~鑑賞された方にお聞きしたいのですが

タイトルバックのカットの数々は

「今、こうなってますよ~」って、事だったんでしょうか?

 

「みんな、ハッピーエンドでした」みたいな「あの絵」

私は、いらんかったなぁ。

それこそ、「フランダースの犬」の結末の解釈同様

鑑賞者の判断に委ねて欲しかったです。

« 映画『八日目の蝉』(11日-12) | トップページ | 映画『婚前特急』(11日-13) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

決してシャープではなかったですが、
どちらかと言えばゆるいですが、二人のコンビがよくて、
その時に温かい言葉が耳に残ったり、ちょっとした優しさが響いたり、
いい映画でした。
なんじゃこりゃーのシーンは、多田と行天ではなく、
まさに瑛太と松田龍平本人同士のやりとりに見えましたね(笑)♪。

☆ふぁろうさん☆
こちらにもコメントとトラバを有難うございました。
何とも言えないゆるい空気感がステキでしたね。
このふたりのコンビは、もっと見て居たかったです。
続編に期待をしてしまいました。
 
そう!あのシーン、絶妙でしたね。
役者が、逆だったら「ベタ」になっちゃっただろうけど~~happy01

お早うございます。
私も、この映画の、「まった~りと暖かくて、ほのぼの」したところは良いなと思いました。
ただ、「アチコチに散りばめられた「優しい言葉」」はなくもがなと思え、ですから、タイトルバックの「「みんな、ハッピーエンドでした」みたいな「あの絵」」についても、おっしゃるように「いらんかったなぁ」と思いました。

☆クマネズミさん☆
こんばんは!
たくさんコメ&トラバを頂戴して恐縮です。
 
あのラスト、そう感じられましたか…
同じように感じた方がいらして、ちょっと嬉しいです。
「後は、自分で考えて生きて行くしかない」
そんな作品に感じたので、誰も彼もが~は、ちょっと…
「見せ過ぎない」「言いすぎない」映画の方が良作に感じてしまいますね。
でも、私は少なすぎると理解できない情けない鑑賞者でもあります。

こんちは。

最近、主人公が世間以上に善人ってないような気がするんで、照れくさいながらもそこが良かったです。

ほし★ママさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
日常のほんの一コマを切り取ったような映画でした。
もちろん、原作に沿って描かれていましたが。
「なんじゃこりゃ~」は最高に笑えたシーンでした!

☆ふじきさん☆
すっかり、ご無沙汰しております。
コメントどうも有り難うございます。

観ている側が「気恥ずかしくなるくらいのいい話」、私も結構好きです。
ふたりの「おひとよしぶり」が心地よかったです。

☆cyazさん☆
こちらこそ、有難うございます。

起こる事件は、実は意外とシリアスな内容なんですよね。
それを「人情話」のようにいい意味で軽くまとめていました。
やっぱり、あのシーンは最高でしたね!
声も顔も、だんだんお父さんに似てくる龍平くんの突込み、ナイス!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/39861351

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『まほろ駅多田便利軒』(11日-11):

» まほろ駅前多田便利軒 [日本映画の女優たち]
30代のバツイチ男が二人、親の子供に対する愛情の必要性を真剣に語る理由とは、、、。 − 「あれはハッピーエンドでしょ?」「どうして子供が死んでハッピーエンドなんだ!」− たとえば昔の知り合いにしばらくぶりに会ったら、顔や体型がずいぶんと変わっていても、 名前は思い出せなくとも、どういう関係での知り合いだったか、たぶん気付くだろうと思います。 ただ、自分の知ってい..... [続きを読む]

» まほろ駅前多田便利軒 [映画的・絵画的・音楽的]
 『まほろ駅前多田便利軒』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)映画は、まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んできた行天晴彦(松田龍平)とが軸になって展開されます。  その際、行天の小指が要石の一つような気がします(注1)。...... [続きを読む]

» 『まほろ駅前多田便利軒』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前多田便利軒」□監督・脚本 大森立嗣 □原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳■鑑賞日 4月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyaz...... [続きを読む]

» 『まほろ駅前多田便利軒』をユーロスペース1で観て、ふむふむふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆楽な気分で観れる地味目な娯楽映画】 ・三面怪人ダダ便利軒  瑛太と龍平とチワワの顔を持つ異星出身の便利屋が  標本を採集しながら秘かに便利する。 ・ ... [続きを読む]

» 映画「まほろ駅前多田便利軒」髪の毛がうるさい [soramove]
「まほろ駅前多田便利軒」★★★☆ 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ出演 大森立嗣監督、 123分、2011年4月23日公開 2011,日本,アスミック・エース (原作:原題:まほろ駅前多田便利軒)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 直木賞を受賞した三浦しをんの同名小説を映画化。 「まほろ駅前で便利屋として働く主人公多田(瑛太)と、 そこに転がりこんで来た旧友の... [続きを読む]

» まほろ駅前多田便利軒 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
まほろ駅前多田便利軒'11:日本◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ゲルマニウムの夜」◆出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ◆STORY◆東京郊外のま ... [続きを読む]

» 映画の感想234作の目次(まほろ駅前多田便利軒を追加) [別館ヒガシ日記TB用]
斜視で医者から絶対3D観れない事を宣告された 管理人ヒガシが映画館&テレビなどで鑑賞したの 別館で感想を書いた映画(234作)の記事一覧です あ~か行で鑑賞した映画の感想(82作) さ~た行で鑑...... [続きを読む]

» まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) [スポーツ瓦版]
7月15日 まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当 ... [続きを読む]

« 映画『八日目の蝉』(11日-12) | トップページ | 映画『婚前特急』(11日-13) »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter