« 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(11日-10) | トップページ | 映画『まほろ駅多田便利軒』(11日-11) »

2011年5月 3日 (火)

映画『八日目の蝉』(11日-12)

ちょうど1年前、ドラマの第1回が放映された後

多くのネッ友さんからお薦めいただいて

1週遅れて見始めて、すっかりはまってしまった『八日目の蝉』

映画公開と同時に絶賛の声がアチコチから届いています。

  

あんまり期待をしすぎると、ガッカリするかなぁ~!?

いえ、いえ、全くそんな心配はいりませんでした。

今年は、あんまり心に響く邦画に巡り合えないと思っていたら

『阪急電車』に続き、いやもっと素晴らしい作品に出会えました。

 

 

【あなたに名前を呼んで欲しくて…】

5月3日 地元シネコンにて鑑賞。 ★★★★★(お気に入り作品)

 

人間には誰も欠点があり、弱いところを持っています。

でも、何とか人に迷惑をかけないように

人を傷つけないで生きて行こうと思っています。

 

この作品に出てくる人たちも、また

みんなそう思っているに違いありません。

ところが、悲しいことに人は過ちを犯す生きものでもありますよね。 

妻のいる人を愛してしまう。

愛人を憎み、とことん傷つける。

さらに本作では、愛人が本妻との子を誘拐してしまいます。

 

ドラマでは、主人公希和子が誘拐した赤ちゃんと逃亡する内に

どんどん母性に目覚め、深い愛情を注ぐ姿が丁寧に描かれていましたが

338475view006

映画版は、誘拐された娘恵理菜が自分の過去と向き合う中で

希和子や母が描き出されていくので

希和子の罪も、しっかり浮き彫りにされています。  

憎むべき人たち、罪深い人たちばかりが描かれているのに、本当に切ない…

  

井上真央ちゃん、いい女になりました。

太陽の陽子とは違い、とても難しい役だったと思います。

永作さんはもちろん、すごいです。

そして、私が一番すごいと思ったのは森口さん。

いつもは物静かな役が多かったと思います。

声の質まで変わっているように感じました。

 

ゆうりさんから、田中泯さんが出演されているとお聞きして

この作品のどこに?と、思っていたら…う~ん、なるほど!

 

主題歌もドラマ版は『童神』~愛しい子どもに歌う子守歌。

そして、映画版は『Dear』~恵理菜は、どんな名前で呼ばれたかったのでしょう!?

どちらも大好きな曲になりました。

 

自分が愛されていたことに気づき、前を向くラストが素晴らしい。

338475view003

せぷたか。さんが「もう一度」ご覧になると言うのもわかります。

お勧めです!!

« 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(11日-10) | トップページ | 映画『まほろ駅多田便利軒』(11日-11) »

コメント

本当に良かったですね♪

やばいぐらい泣いてしまった!(笑)

「八日目の蝉」のエピソードも好きですね。
なんて寂しいんだ…ではなく、
この世界はなんて素晴らしいんだ!と気付いた時の感動。
そして、この美しい世界を大切な人に見せてあげたいと心から感じた時、
人は本当の愛を知る…
それが母親になる…ということなのだと力強く伝わってきました。

田中泯の存在感は絶品ですね!

☆デンさん☆
わぁ~、ビックリ
早速のコメント、どうも有り難うございました。

あまりに好き過ぎて、書けなくなることがあるので
みなさんへのお返事を後にして、先に記事を上げてしまいました。
 
母親って欲張りなんですよね~
総ての美しいものを見せてあげれなかった希和子は、さぞ心残りだった事でしょう。
そして、もっと辛かったのは恵津子でしょうね。
 
田中さんなら、顔を見ただけで誰かがわかると言うのもアリと、思えました。

おはようございます。
朝早くからお邪魔しちゃいました

実は、わたしと同じことを思ってたことがうれしくて!

私も、予告編をちらりと見た段階から、
今作のカギになるのは、森口瑤子さんと
小池栄子さんだとにらんでいたのです。

ここがキッチリ浮き上がらないと、
井上真央さんの存在が曖昧になってしまうかなって。

森口瑤子さん、
この前の昼ドラは姉御系でしたが、
おしとやか系のイメージが強いですよね。

ただ、ずいぶん前に、
明石家さんまさんが主演された漣ドラに
悪女役で出演されたことがあるんです。
たまたま、その演技を見たときに、寒気が
しましたので、今作もかなり期待!!

期待を上回る好演を見せてくれました。


8日にみる順番は締めくくりにしましたので、
じっくり見ながら、また泣いてきます
(名前を出して頂いて恐縮です

ママさん、こんにちは~^^

この映画はひとことでも書きましたけど、
今年一番泣いたで賞をかってに授与しております、もちろん暫定的にですが。

上に貼り付けてある家族写真を撮るとこのシーン、
また見て号泣やん(TT)
もう希和子さんを許したってくれ~・・・。

で、あの、クマ坊には後でこっそり教えるけんとか
言った事実があるんですが、
ここで告白しちゃいます!!
ネタバレじゃないですよ俺のことです。

実はラストシーン近くでどうしてもトイレに行きたくなり、ラストシーンはすっきりして観たいな~と思い、
トイレへ・・・2分ほどして帰ってきたら、
何と!エンドロールでした(TT)
オー・マイ・ゴッド!!・・・呆然自失であったのは言うまでもありません・・・
俺ももう一度観ようかな~。

すみませんっ、言い忘れました!!
子役の女の子もすご可愛かったですね♪
だけん涙も倍増に!!
わ~~~~~ん(TT)

こんばんは~
やっと観てきました(^^
原作、テレビドラマ、そして映画。
それぞれ良かったし 好きです。
映画はカオルの視線が貫かれていましたね
周りのかたの洟すする音が聞こえましたが
涙はこぼれずで申し訳ない(誰にともなく)
劇中歌を気に入ってしまいました。
愛されて初めて人を愛せるのかも

☆せぷたか。さん☆
一日遅れの「おはようございます」
レビューアップの時間を見て、いつも思うんだけど
せぷたか。さんって、ホント早起きですよね~
時間を有効に使ってらっしゃるのね。
 
森口瑶子さんって、主人公の先輩の彼女役とか
ヒロインの職場の花屋の店長!?
私には、おしとやかにほほ笑んでるイメージしかなくて~
だから、尚更あの演技が生きてた気がします。
姉御役かぁ、それもピッタリかも~

そして、小池さんは、相変わらずうまいですね。
猫背でおどおどした話し方の割には、ずうずうしい
そんな役をこなせる人はそう、居ないと、思います。
 
8日は、鑑賞(滑走?)順も完璧みたいですね
レビューを楽しみにしています。

☆たっそーちゃん☆
いつも来てくれてありがとう。
うん、うん、優しいたっそーちゃんは
すっかり希和子に感情移入しちゃったのね。
私はね、希和子は許しませんよ。
だって、結局自分が一番愛した存在さえも
不幸にしちゃったんだから…
 
でも、きっと恵理菜は立ち直れますね。
すごくいいラストシーンだったし~~~って
えぇーー見逃したのぉ信じらんない。
これは、是非DVDででも、リベンジしてね。

クマちゃんへ
映画の前にはちゃんとトイレをすませてね

☆たっそーちゃん☆
可愛かったね、子役ちゃん。
子どもって純粋で、素直だから役になり切れるのね。
マロンちゃん役の子も、可愛かったなぁ。

☆まふ~ゆちゃん☆
おはようございます。
この作品に出会えたのも、まふゆちゃんのおかげ
いっぱいいい作品に出会わせてもらって有難う。
私は、今更ですが、原作を読み始めました。

私は逆にテレビドラマは、冷静にみれたんだけど
今作は、カオルと娘が被ってしまったかもしれない。
そのうち、母になる悩みを持つのかなぁ~って…

井上真央は、太陽の陽子とはぜんぜん違いましたね(笑)。
いろんな表情を豊かに見せる陽子とは対称的に、
恵理菜は、その境遇から感情をあまり表に出しませんもんね。好演でした。
それ以上に、永作博美の演技は素晴らしく、
他の女優陣も完璧に脇を固めましたね♪。


☆ふぁろうさん☆
こんばんは!暑い中での駅伝、大変でしたね。
お疲れの中、コメ&トラバ、どうも有り難うございます。

そうなんです!真央ちゃんと言うと明るくて元気なイメージで
現在の陽子はまさにイメージピッタリなんですが
恵理菜もしっかり演じていました。

まさに「日本映画の女優」が輝いていた作品でした。

ほし★ママさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

これは原作を読んだときから思っていましたが、
やはり究極の女性視点なので、男性陣にはちと感情移入が出来なかったかもしれません。
エンディングはやはり母と抱き合って欲しかったなぁ・・・。

☆cyazさん☆
こちらこそ、丁寧なコメントを有難うございます。

確かに女性目線ですね。
女性の感情は、多角的に丁寧に描き出しているのに
男性の描写の薄っぺらい事…
 
私は、このエンディングが好きです。
もちろん、想像の中ではおじいちゃん、おばあちゃんが赤ちゃんに微笑んでいます。

TB&コメント、ありがとうございました。
本当に切ない物語でした。人生を狂わされた家族の気持ちはもちろん、加害者になってしまった女性の思いも分かると思い、ぐいぐい引き込まれました。
永作さん、見事でしたね。

☆HIROMIさん☆
こちらこそ、有難うございます。
誰も、人を傷つけたり泣かしたりしたくないのに
ひとつ歯車が狂ったら、総てがダメになってしまうんですよね。
永作さん、本当に良かったです。
希和子が、ラストに登場しない演出も良かったわぁ。

こんばんは。
女性ばかり登場するこうした映画については、男性側が全体をキチンと評価するのは難しく、せいぜい永作くらいにしか目が向かないのですが、さすが「ほし★ママ」さん、森口瑤子に一番注目され、「声の質まで変わっているように感じ」たと述べておられ、脱帽です!

☆クマネズミさん☆
こんばんは!
こちらにも、コメントとトラバをどうも有り難うございます。

ついつい母そして妻視線で観てしまったほし★ママです。
わかるけど、見ていられないよ!と言うのが恵津子だと思うのです。
つい希和子に肩入れしたくなってしまうのは
何と言っても森口さんの演技があってこそでは、ないでしょうか。

でも、もちろん永作さんも素晴らしかったですね。

こんちは。

余さんと田中泯さんがどうも怖くてねえ。

みんなうまいよね。特に子供が凄く自然。

☆ふじき78さん☆
こんばんは~、コメントとトラバを有難うございます。
余さん、なりきりぶりが怖かったですね~
特異な人物から普通のおばちゃんまで何でもこなす方ですよね。
田中泯さんの写真館で、おめでたい写真を撮ろうとは思わないかも…

子役ちゃん、可愛かったですね。
恵理菜の子ども時代の子はもちろん、マロンちゃんも、島の子たちも~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『八日目の蝉』(11日-12):

» 八日目の蝉 [日本映画の女優たち]
封印した記憶をたどる時、見えてきたものは誘拐事件に隠された真実、そして本当の母親らしさなのか、、、。 − 心を決めた表情が凛々しい井上真央も、衝動的な行動が逞しい永作博美も、自立する女の強さを表現 − 誰しも物心ががつく前の記憶はほとんどないでしょう。あったとしても断片的なものになるでしょうか。 しかし、その時期に何か特別な経験をしていたり、衝撃的な光景を目の当たりにしていたなら..... [続きを読む]

» 『八日目の蝉』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チネチッタ...... [続きを読む]

» 『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...... [続きを読む]

» 八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ...... [続きを読む]

» 「八日目の蝉」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 角田光代原作のサスペンス小説を、「孤高のメス」の成島出監督、「サマーウォーズ」の奥寺佐渡子脚本で映画化。      とにかく、何をさしおいても女優陣、特に主要人物を演じる3人の演技がハンパなく素晴らしい。この御三方の存在自体が、本作に魂を吹きこむアイデンテ... [続きを読む]

» 映画:八日目の蝉 永作博美が突出して良いところが、長所でもあり欠点?! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
愛人の娘を誘拐して逃亡する女性と、その成長した娘のストーリーが平行して物語を進む。 井上真央演ずる、0才〜4才まで誘拐され、その時に刷り込まれた「母」のイメージのトラウマを持ったまま、大学生になった恵理菜。 ちょっとしたきっかけで自分のルーツを探る旅に。 ...... [続きを読む]

» 映画「八日目の蝉 」他人と違う経験を自分がどう感じるか [soramove]
「八日目の蝉」★★★★☆ 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子出演 成島出 監督、 147分、2011年4月29公開 日本,松竹 (原作:原題:八日目の/ 角田光代)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「原作の評判が高かったので先に読もうと思っていたが 他に読む本がたまってきたので 映画を先に見ることにして劇場へ、 昨年の「告白」程の衝撃は無いにしても ホ... [続きを読む]

» ■映画『八日目の蝉』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった女の子を... [続きを読む]

» 八日の目の蝉(2011-027) [単館系]
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれてす...... [続きを読む]

» 八日目の蝉 [シネマ大好き]
 不倫の相手の子供を妊娠した希和子。子供ができたらつけようと二人で薫という名前も考えていたのに、相手は「君とはちゃんとしたいから。今産んだらせっかくの将来がめちゃくちゃになる」といい、希和子は子供を堕ろし、そのために不妊になってしまう。その同じ時期に男…... [続きを読む]

» 八日目の蝉 [にきログ]
さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりました ちなみに原作は読んだことな...... [続きを読む]

» 八日目の蝉 [映画的・絵画的・音楽的]
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っているの...... [続きを読む]

» 『八日目の蝉』をパルコ調布キネマで観て、役者がみんないいわあふじき☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆役者と脚本】 ●井上真央、意外にいいなあ。銀行の手先CMより何倍もいい。『おひさま』は見とらんから知らん。名前を与えられたり、余計に振られたり、 ... [続きを読む]

» 映画:八日目の蝉 [よしなしごと]
 久々の映画記事。見たけど記事にしていない作品が溜まってきた。今週末はブログに専念したい。と言うわけでその1弾は八日目の蝉です。 [続きを読む]

» 八日目の蝉 [映画、言いたい放題!]
テレビシリーズは良かったけれど、 キャストを変えて映画化すると聞いても 何度も観たいという話ではなかったので 観る気はありませんでした。 丁度公開している時に、 テレビで数人の映画評論家が この映画の感想を言っていて、 男性は、けちょんけちょんでした。 ただ一... [続きを読む]

» 八日目の蝉 [A Day In The Life]
公開初日にて観賞 解説 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代 原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。 監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。 誘拐された少女の大... [続きを読む]

» 八日目の蝉(感想232作目) [スポーツ瓦版]
7月5日 八日目の蝉(感想232作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB ... [続きを読む]

« 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(11日-10) | トップページ | 映画『まほろ駅多田便利軒』(11日-11) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく