« 映画『岳-ガク-』(11日-14) | トップページ | 『ジュリエットからの手紙』 »

2011年5月15日 (日)

『ブラック・スワン』

今作は、公開が水曜日だったんですよね。

早々と多くの方がご覧になって、レビューや記事を上げてらっしゃいます。

早く「観たい」「感想を聞きたい」「話したい」…あせるぅ~(>_<)

やっと鑑賞にこぎつけました、話題作『ブラック・スワン』(公式サイト)

 

【映画鑑賞ならではの「鳥肌体験」】

5月15日(日) ミッドランドスクエアシネマにて  ★★★★☆

 

何かにつけて、知識が乏しい私でお恥ずかしいのですが

この作品がクローズアップされるまで

私はバレエ「白鳥の湖」では、白鳥と黒鳥を

同じバレーリーナが演じると言う事さえ、知りませんでした。

 

それを知った上で、何度か予告を観て

337733view005

一人二役~しかも対照的な~に挑んだプリマが

プレッシャーや仲間のイジメに耐えて

見事、素晴らしい舞台をやり遂げるサクセスストーリー、だと

いつもながら、私なりにベタな筋を勝手に妄想…

 

ところが、ところが~

もちろんいい意味で裏切られましたよ。

 

純真で真面目なニナは、バレエ団の次期公演

「SWAN LAKE」のプリマに抜擢されます。

337733view001

白鳥は完ぺきに舞えるニナですが

黒鳥となると、必要なダイナミックさもセックスアピールも足りない。

 

元バレーリーナで、ニナを自分の意のままにと縛る母親

引退を余儀なくされた元プリマ、開放的で自由奔放な後輩

そして、厳しく妥協を許さない演出家の存在

さまざまな呪縛から、自分を解き放ち

プレッシャーに打ち勝って黒鳥を演じ切る~

それが、ニナにはとてつもなく辛く苦しい事。

ニナは、どんどん心を病んで、幻覚を見るようになります。

 

普通以下の凡人の自分には全く想像もつかない世界。

この歪んだ心理状態を、映像はさまざまな形で映し出します。

エロくてグロいシーンもあるんだけど、決して「汚く」はないんですよね。

337733view002

この「鳥肌体験」は、映画鑑賞でしか味わう事の出来ないものだと思います。

黒い鳥も白い鳥も、そして人間も、流れてる血は赤い!!

十分、堪能致しました。

 

「眠りの森」でも、バレーリーナが体を絞る事が

一つのテーマになっていましたが

ナタリーさん、レッスンで随分体を絞られた様子。

いい筋肉もついていて、プリマになり切っていました。

 

ストイックな撮影の末にお幸せなご懐妊、安産を祈っています。

 

 

 

slate

 

 

« 映画『岳-ガク-』(11日-14) | トップページ | 『ジュリエットからの手紙』 »

コメント

今回もステキなレビューです♪
ご縁があって、愛知芸文の美術・音楽・映像
のレビュー作成研究に参加させていただいて
いますが、レビューはとても微妙で大変です。
白鳥と黒鳥が同じバレリーナというのは、ほと
んどの方がご存知ありません。レビューは、
知らない方を対象にするのがベターと思われ
ますので、それを書いたのはとても親切だと
思います。ほし★ママさんのレビューを読んで
レビュー作成力向上に励みます。
ありがとうございます。

☆NYAAGOさん☆
うわぁ~、何だか汗が噴き出してきましたcoldsweats01
でも、読んでいただいて、お褒め頂き光栄です。
 
そして、私の方こそいつもNYAAGOさんの記事で
色々な情報を頂いて感謝しています。
 
本作、もっと知識があったら楽しめただろうな、と思うところはアチコチにあり
~例えば、冒頭の夢を「ボリショイ的」と、言ってるけどバレエにも流派があるのかsign02とか~
これから、みなさんのレビューをいっぱい読ませて頂こうと思っています。

★マミー^^ はとっくにブラック・スワン観てると思ったよ。

ぼくも観る前はマミーと一緒で嫉妬によるイジメを乗り越えラストで衝撃の
ダンスで全ての人を魅了するようなベタな感じの作品だと予想してました。

しっかし見応えありましたね。

エロシーンでさえも痛々しさを感じてしまうなニナのガラスのような
精神状態をナタリーは上手く表現してたよね^^
でもダンスシーンは一部吹き替えらしいですね。まぁそれでも納得の主演女優賞
だけどね。

そんでやっぱり多くの人がレビューで触れてるように母親との関係も見所でしたね。

☆クマちゅぁ~~ん☆
コメント、どうもありがとう♪
私もレビューを読ませてもらいましたよsign03

本当に一筋縄ではいかない展開だったね。
壊れやすくて、総てを映し出して、時には傷つけられて~
そうそう!ニナは、まさにガラスの精神状態だったんだよね。
黒に染まるためのアンナ事、コンナ事も…要するにそっちは、不器用だよね~
「映画って面白いですね!」と、言える作品でした。
 
『八日目の蝉』のレビューも、読ませてもらいました。
そう!もうちょっとね、コンパクトでも良かったかも~
夫は、途中意識を失っていたわsleepy

お久しぶりです!
ほんとは『阪急電車』の記事にコメントしたかったよ~タイミング逃しちゃいました
同じく原作ファンとして納得な作品だったので、全く同意見で嬉しかったです

それにしても『ブラックスワン』、凄かったです
怖くて痛くて、腕を摩りながらみてました
トップアスリートの苦悩って共感しにくい題材だったんですけど、それでも体感させてくれる作品で、
どっぷり映画を観たーって気分になりました

ナタリーさん、振付師と結婚されたみたいで
まさに人生を一転させる作品となりましたね
私生活では黒鳥にならないように祈っております(笑)

☆K氏さん☆
こちらこそご無沙汰しています。
コメント、どうもありがとう。

どこにコメントしてもらってもいいよぉ~。
『阪急電車』~~良かったよねぇ。
一つ欠けても、お話が成り立たないモノね。
見事な演出だったよね。

クマちゃんとも話したんだけど
だいたいこう言う、そう!アスリート系sign03って
サクセスストーリー→感動か引退→感動が多いでしょ。
全然違ったよねぇ~、腕をさすりながら…わかるわぁ。

>私生活では黒鳥にならないように
ホントだね、幸せになって欲しいね。

この作品本当にすごかったね
演出が素晴らしい作品は
観ていても力がはいってしまう

私はこの作品は監督さんなりの白鳥の湖で
白鳥が最後に自害したのは
王子に失恋したからではなく
自分の心の闇に捕らわれたからだと
解釈しました

まさにホラーですshock

☆か~~ちゃん☆
どっかりと、座敷ブタで、ご無沙汰ばかりしています。
コメント、どうもありがとう。
か~~ちゃんのレビューも読ませてもらいました。

空想と現実の境があいまいになってしまう辺り
すごく面白かったよね~
実際は、誰とどんな風に交わっているのかわからない性描写とか
ゾゾゾ~っとしてしまいました。
「新しいスワンレイクをつくる」と言う演出家の声は
そのままこの作品の監督の声だったのね。

ナタリー・ポートマンはこの映画の振付師と結婚したんですよね。無事出産されることを祈っております。
映画は正に鳥肌もので、僕は思わず満点をつけてしまいました。
ナタリーの演技は、主演女優賞文句なしです。
演出も並みのホラー以上に怖かったです。
満点をつけてしまったので、この作品は僕の今年のベストテン上位確実です。

☆のびたさん☆
コメントとトラバをどうも有り難うございます。
演奏者を残して居残り練習するシーンがありましたが
実際にも、居残り練習でロマンスが生まれたのかなと
想像してしまいましたよ。
アカデミー賞の授賞式で少しお腹が目立っていましたよね。
そろそろご出産でしょうか。
 
のびたさんの満点は、久々に拝見しました。
私は、もっとユルイ作品が好きなんですが
映画でしかできない表現がいっぱいで見応えがありました。

白鳥と黒鳥を同一人物なんてご同様に知らんかったです。鳥が性格ごとに12色あって、みんな1人のプリマが演じるんだよ、とか言われても信じちゃったかもしれません。

こんにちはhappy01

いやー私も、こんなにもこわーい映画だとは全く思ってなくて
いい方向へ裏切られました。
ホラーですよね、完全に。。。
黒鳥に変身するクライマックスでは、まさに鳥肌体験。
この映画とラプンツェルは既に今年のベスト候補です☆

☆ふじきさん☆
コメントとトラバをどうも有り難うございます。
ハードルを上げての鑑賞だったようですね。
それにこの作品は、観た時の気持ちによっても感想が違いそうです。

12色の色鳥たち~色鉛筆みたいですね。
これで、ふじき(11)案のラストだときれいでしょうねぇ。

☆kenkoさん☆
こんにちは~happy01
コメントとトラバをどうも有り難うございます。

怖かったよね~。
どんだけミスリードな予告だよ!って
隣のお嬢さんが「キャァッ」ってなる度に突っ込んでました。
でも、きっとわかっていたら観てなかったので
これは、これでよかったかも…

私はね、同じ「血を見る」なら『キック・アス』だわぁ。
でも、『ラプンツェル』は、もちろんBEST3note

お早うございます。
この映画では、おっしゃるように、「歪んだ心理状態を、映像はさまざまな形で映し出し」ていて、どこまでが本当でどこからが幻想なのかが分からなくなってしまうほどです。
そういう工夫に加えて、ナタリー・ポートマンの圧倒的な演技ですから、言うことなしなのですが、筋の展開とか、バレエダンスの描き方などがいささか古めかしくて、がっかりした面があることも否めないのですが。

☆クマネズミさん☆
コメントとトラバをどうも有り難うございました。
記事を丁寧に読んでいただいて恐縮です。

リリーと一緒に夜の街に繰り出した日の出来事など
えっ!?これはどうなってるの?って、ポカ~ンとしてしまいました。

そうですね、ダークな味付けはされていますが
ストーリーは、よくある「舞台裏もの」でした…

私は、素人なのでよくわからないのですが
メークやあの肌や羽やらではなく
白鳥と黒鳥の違いが見れたらもっと楽しめたかもしれません。

はじめまして。
ブログにコメントありがとうございました。
バレエも強い精神力がないと、まわりはライバルばかりですし、生き残れない世界ですよね。
バレリーナの生き様を見たって感じでした。

☆風子さん☆
こんばんは!
こちらこそ、トラバとコメントを有難うございました。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

どんなに強い精神力を持っていても
大きな舞台の中心になると言うのはプレッシャーでしょうに
母親の言うがままに生きてきたニナには
とても耐えられなかったのかと思っていました。
が、風子さんのお母さんの存在自体も幻と言う感想には
なるほど~と、驚いて納得もしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/39999724

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラック・スワン』:

» 『ブラック・スワン』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
王子役のダンサー以外の主要キャストはバレリーナではないが、それがちっとも気にならない見事な演技と編集だったので、余計なことを考えずストーリーを追うことができた。途方もない努力の賜物であろう。聖女と悪女、あなたはどちらに心惹かれるだろうか。バレリーナの執…... [続きを読む]

» ブラック・スワン★★★★★純白の野心・漆黒の狂気 [のびた@映画の話をしようよ]
監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ナタリー・ポートマン (Nina Sayers) ヴァンサン・カッセル (Thomas Leroy) ミラ・クニス (Lily) バーバラ・ハーシー (Erica Sayers) ウィノナ・ライダー (Beth Macintyre) [ 2011年5月11日公開 ] ジャンル スリラー/サスペンス 製作年 2010年 製作国 アメリカ 配給 20世紀フォックス映画 ナタリー・ポートマンが第83回アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝..... [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ日劇1で観て熱狂しない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレなので映画観てから) [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆よく出来てるけど熱狂はしない】 ネット、ツイッター、初日興収1億突破、 なんて話題からハードルが上がってしまったのか、 ムチャクチャ打ちのめされ ... [続きを読む]

» ブラック・スワン [C note]
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督。 予告篇から想像するに、バレエの世界 [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...... [続きを読む]

» ブラック・スワン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...... [続きを読む]

» ブラック・スワン [風に吹かれて]
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ [続きを読む]

» 「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 [はらやんの映画徒然草]
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ...... [続きを読む]

» ■映画『ブラック・スワン』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対悪、秀才... [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 ブラック・スワン 』 (2010) 監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...... [続きを読む]

» 映画「ブラック・スワン」 [itchy1976の日記]
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ア...... [続きを読む]

» ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・ [労組書記長社労士のブログ]
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...... [続きを読む]

» 映画:ブラック・スワン [よしなしごと]
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。... [続きを読む]

» 2011年上半期No1 ブラック・スワン 妄想の終着駅(最後までネタバレ満載) [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
【福知山シネマ初日(7/2)】チェンマイ帰りの飛行機のなかで見て、大興奮の ブラック・スワン。それ以来劇場でみ見たく見たくてこの日を心待ちにしており ました。珍しく、会社の同僚と野郎3人で入場。実はこの3人で行くのは スターウォーズ3以来で、あの映画もナタリー...... [続きを読む]

« 映画『岳-ガク-』(11日-14) | トップページ | 『ジュリエットからの手紙』 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter