« 『ヒア アフター』 | トップページ | 新年度がスタートしました。 »

2011年3月 1日 (火)

『英国王のスピーチ』

サイドバーに「ぴあ映画生活」のベストテンを張らせてもらっています。

ここしばらく、トップは『バーレスク』(私の記事

2位は『キック・アス』(私の記事)~2作とも、お気に入り作品です。

 

3番目は変動するのですが、土曜日の公開と同時に

『英国王のスピーチ』(公式サイト)が、ランクインしました。

以前から気になっていた作品でもあったし

午後から雨らしいから行ってみようか~

2月27日(日)、地元のTOHOシネマズで夫と鑑賞しました。

出会いによって、人は変われる】 

★★★★★

『GANTZ』で、ニノ演じる玄野が繰り返し口にする言葉~

「人には、それぞれ役割があります」

338127view001

イギリス王室の皇族たちの「役割」とは何でしょう。

国民の気持ちを一つにし、国をまとめ上げる事が

重要な仕事であることは、間違いはないと思います。 

その為に、事あるごとにスピーチと言う形で

国民に声をかける国王、息子にもその任を負わせます。

 

ところが、王の次男バーティは吃音と言うハンディのため

任務を全うすることができないどころか

国民の不安をあおる材料にもなってるのです。

 

治療の為に、多くの医者が呼ばれ

色々な方法が試されますが、むしろ悪化する始末。

見かねた妻のエリザベスは、民間の治療師ライオネルを訪ねます。

 

対等の立場を要求し、ユニークな治療を始めるライオネル。

バーティの発音の障害は、生まれつきではない事を突き止め

心と機能の両面から治療を始める事になりますが~

 

この二人のやり取りが、まるでお笑いコンビの

「ボケ」と「ツッコミ」のようなんです。

演じたお二人が、本当に素晴らしくていつまでも

その「かけあい」を、観て居たかったです。

 

そして、それぞれの奥さまと家庭がまたいいんですねぇ~

前半、バーティーが娘たちにお話をせがまれて

してあげるんですが、そのお話が笑えて泣けるんです。

338127view012

国王を呼びつけ、対等な立場で会話してると知った時の

ライオネスの妻、それを受けてのエリザベス皇后のリアクション、最高でした。

 

当然、ラストはバーティ(いや、その時にはジョージ6世)が

国民の心に響くスピーチを成し遂げるのですが

それを迎える妻と娘たち、そして母(皇太后)の姿。

338127view013

時代は違っても、立場は違っても家族の思いは同じなのですね。
そして、運命の出会いってあるんですね。
ステキな妻、ユニークな友人、出会いによってバーティーは変わることができました。

音楽も素晴らしいし、王室の再現も見どころ。
しみじみと心が温かくなり
自分も前向きになろうと思える本当に素敵な作品です。  

私がもしこの時代にこの国に居たら

国王に心を預けようと思ったに違いないと思いました。

~ * ~ * ~ * ~

追:

今朝、すみちんさんの記事を読ませて頂いて~

「チエブクロ受験生」に、是非この映画を観て欲しいと思いました。

 

 

« 『ヒア アフター』 | トップページ | 新年度がスタートしました。 »

コメント

★マミ~^^ おはようさん^^

話題騒然の英国王のスピーチですね~友レビさんからも進められてます。
しかし、4冠ですからね~映画館も一気に込みそうです><

最初は観に行こうか?迷っていたのですがね~デンさんもかなりテンション上がって
いたので、観に行こうかなぁ~っと思っています。

マミ~はバーレスクが1位なんだね~確かにアレは鳥肌者でしたね~。
観終わってルンルンでしたもん^^ 
今はキック・アスを観たくてしかたないんですよね~@@

これ!むっちゃ見たいです!

彼のことは全然知りませんでしたが、史実に基づいていることや
好きな役者さんたちなので、注目してました。

なかなかの良作だったようですね。
見逃さないように気をつけます。
すでに今週来週に見る映画は決まっているので。

こんばんは☆彡

公開初日に観に行こうと思っていたのですが、
午前中の段階で、残席少で観るのをあきらめてしまいました
(今週末、地元のガラガラシネコンで鑑賞予定です)。

コメディテイストもありつつ、
感動要素もありそうで、かなり楽しみにしています。

アカデミーの助演男優賞を
先生役の俳優さんが逃したのは、
正直、わたしの中では驚きでした。
予告編だけでも「すげぇな」って感じましたから。

あと、心配なのは、
総じてみなさんの評価が高いときに限って
「あれっ?」って思うときが多い私の悪癖だけかな

バーティー(レビューでジョージと書いてしまいました)とライオネルの出会いのシーンで
「あっ…これはハマるぞぉ♪」と思いました。
作品全体のトーン・リズムが良いですね♪
重すぎず、軽すぎず。
この映画の雰囲気、大好物です♪
ちょうど良い位置で映画が進んでいく感じがたまりません。
その上、要所要所でグッと作品が濃くなる!

本当に良い映画を観た~~ぁ♪って感じです。

観る前、助演男優賞の結果は出ていて知っていたので、
ジェフリー・ラッシュの素晴らしい演技を目の当たりにして、
「えっ…これでハズレたということは、C・ベイルはもっとすごい?」と
『ザ・ファイター』がすごく楽しみになりました♪
『フローズン・リバー』が素晴らしかったメリッサ・レオも本当に楽しみです。

「ぴあ映画生活」のベストテンは「おぉっ!納得♪」って感じです。
『バーレスク』と『英国王のスピーチ』と『冷たい熱帯魚』は小さく拍手しました(笑)

☆クマちゃぁ~~ん☆
こんばんは~、いつも早々にコメント有難うねぇ~。
今日は、冷たい雨だったけど、風邪ひいたりしてない

話題騒然~そうなんだねぇ。
私は、あんまし意識しないで観たのがよかったかも。
第二次世界大戦が起ころうとする時までの話なので
その後を知ってる観客としては、余韻があるのよね~
是非是非、観て頂きたいな。

『キック・アス』は、栄で凱旋上映中だよ!
お休みが取れたら、来ればいいのに~

☆ココロちゃん☆
私は、知ってる役者さんは「赤の女王」だけでした~
で、帰ってからチェックしたら、コリン・ファースさんは
フェルメールを演じた方だったんですね。
あまりに違うイメージでビックリでした。

洒落た笑いが散りばめられていて、じんわりと来る感動。
きっと、ロングランになると思うので観て下さいね。

今週、来週…と、鑑賞予定が決まってるんだ~
お~~、何をご覧になるのかな?
レビュー、書いてね感想を楽しみにしています。

☆せぷたか。さん☆
そんなに話題になってるとは知らずに、フラッと行ったので
普段は誰も座っていない端の席しか空いていませんでした。

私と夫は、一言一言に反応して大笑いしていましたが
反応してる人は意外に少なかったかも~
だから、コメディテイストかと言われると実は微妙なんです

アカデミー賞にも全く疎い私なので判断できませんが
(あっ!でも去年は「ランダ大佐」を当てました←だから、何
賞を獲った方は、もっと素晴らしいんでしょうね。
そちらの作品も機会があったら観てみたいです。

>評価が高いときに限って、「あれっ?」って思うときが多い
わたしもいつもそうですが~
来週のレビューUPを楽しみにしています。

☆デンさん☆
デンさんの「絶賛ひとこと」を読ませてもらって
これは、早く記事を書いて語り合わねば~と、思った次第
その割には、どこから切り込んでいいのかわからず
何だかフワァ~っとした感想しか書けなくて残念です。

クマちゃんのレビューにもありますが
デンさんのレビューのテンションはすごかったですね!
そして早くもベストが出ちゃいましたか

以前、朝ドラの「あぐり」で、皇室関係のやんごとなきお方が
お忍びで、お店に来ることになり大騒ぎになる様子が描かれていましたが
王子のお妃の大胆な行動にビックリでした。
エレベーターのシーンが好きです。

ぴあ映画生活は、本作が2位に上がってきましたよ!
『冷たい熱帯魚』勝手にカウントダウンしていたら
3月5日ではなくて19日からの公開でした、待ち遠しすぎる

自分でもビックリのテンションでレビューを書いちゃいました(笑)
あまり詳細を書いてネタバレをしたくなかったのもあるのですが、
若干、書き散らした感や抽象すぎる感があって、この作品の良さを伝えられたのかどうか…
まぁ、観て興奮してる奴がいるのは伝わったと思います(笑)

ママさん♪まずはコレでしょう♪
やっぱり、スピーチがサイコーでした!
すごく盛り上がるように演出されていて、ホントに拍手しちゃいました(笑)
スピーチの素晴らしい内容もさることながら、やはりスピーチをするジョージ6世や見守る人たちの心境…
もうここに一番感動しました♪
国民たちを鼓舞した力強いスピーチですが、
映画を観てる私たちはその心境を知ることもでき、感情移入もできる。
そして、そのスピーチまでに映画はきちんと積み重なっている。
そんな状態であのスピーチを目撃したら、これほど心に響く上に沁みるスピーチはありません。

…っで、終わったあとのそれぞれの人間のひとことがまたGoodでしたね!
あのテイストでのひとことが飛び出すのが、この映画の良さだと思います。

まさかこんなに笑うとは思ってもみませんでしたから(笑)
プルプル体操とか(笑)

ママさん、こんにちわ!!

この映画はですね~観たいんです!!
俺の観たいムービーにも入れてるんです、
ママさんのレビュー読ませていただいてますます観たくなったんですが、
俺んとこ佐世保じゃやってないんです><
なんでやねんと・・・。

『キック★アス』 超面白ですよね~~!!
あちこちで宣伝してますから^^
プロフもついにヒットガールになっちゃいました(^^;

『バーレスク』せっかく佐世保でもやってたのに未見でした~
もったいないことをしてしまいました!!
DVDになったら必ず観ますけん!!

☆デンさん☆
またまたありがとうござました。
>観て興奮してる奴がいる
ハイ!それはもう痛いほどに伝わってきましたよ~
そして勿論、良さも伝わってきました。

確かに「ネタバレなし」は、なかなか難しいですよね。
「あそこがよかった!」「ここがよかった!」と
語り合いたい作品ですもの~。

スピーチのシーンは、本当に感動的でしたね。
ライオネスの名指揮者ぶりが最高でしたし
そうそう!あの一言のやり取りには「泣き笑い」でした

先生役のジェフリー・ラッシュさんのプルプルは、芸術的でしたね

☆たっそーちゃん☆
読んでくれてどうも有り難う。
でも、やっていないんだね~~残念
観たいなぁ~って思うのに限ってやってなかったりするんだよね。
クマちゃん地方では、『キック・アス』がやってないって言うし~

こっちでも、公開館はすごく少ないんだけど
たまたま地元のシネコンでやっていてラッキーでした。
そうね、室内のシーンが多いし、会話劇を楽しむ部分が大きいので
DVD鑑賞でも感動は同じだと思います。
是非、ご覧になって下さいましぃ~
と、『バーレスク』も、すごくええ映画じゃけん観たってなぁ

ああ、俺向いてないんだよなあ・・・。
ということは、よくあるのですが、主人公の立場は、こりゃ大変です。

その心情を思うと、たまらん!作品ですね。
最後のスピーチは、さすが!です。

素晴らしい作品に出合えて、ありがとう!です。

トラックバックさせてください。

☆てるてるさん☆
コメントとトラバをどうも有り難うございます。
そうですよね、やりたい仕事に就いている人なんて一握りでしょうけど
主人公は、「転職不可」ですからね。

本当に心から「ありがとう」が言える作品でした。
先生と奥さんも素晴らしかったですね

ママさん、わー、記事を貼って頂きビックリ!!ありがとうございます
英国王、こちらは4月なんですよ…
もともとゆっくり全国順回するつもりだったんでしょうね。
受賞もしたし、前倒しで早くやって欲しい!

ママさんレビュー読みたいのは山々なのですが、
いつも鑑賞前は情報をシャットアウトした状態で出かけたいので、
また鑑賞後、改めて伺いますね~

☆すみちんさん☆
こちらこそ、どうも有り難うございます。
記事を読ませて頂いて、お話しさせて頂きたいと思いつつ
なかなかお邪魔できなくてごめんなさい

愛知でも、意外に公開館が少ないんですが
これは、もっと多くの方に観て頂きたいですね。
4月のレビューを楽しみに待っています。

遅くなりました。いつも遅くなってしまってごめんなさい。
サイトが違ってるのでどうも慣れてなくて…こちらでのトラバの仕方もよく分かってにのです(汗)
友情、夫婦愛、ユーモアとほんとバランスがとれてる上に歴史も加わって素晴しい作品でしたね。
そそ。。。二人のやりとりまさにボケと突っ込みでした。
ほんとキャストの演技もみなさん素晴らしかったですね。

ほし★ママさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

この映画、アカデミー賞授賞式の1日前に観たのですが、
久しぶりにオスカーに値する映画だと思いました。
コリン・ファースもジェフリー・ラッシュもまさに
この映画のための俳優たちだと感心しました!
コリン・ファースに“サー”の称号を与えるかどうかで
検討に入っているという今朝ニュースで聞きました。

おはようございます
『英国王のスピーチ』早く観たいですー。
いま地元でもちょうどやってるとこで。
アカデミー賞の日はちょうど、引っ越しの片付けまっただ中でした。
いつもなら一刻も早く結果を知るべく、ネットやテレビをチェックするのに
今回はダンナから聞きました(笑)
『ヒアアフター』も観なきゃ。イーストウッド映画としては、今回はやや不評?

☆ひかりさん☆
とんでもないですぅ~、来て下さって有難うございます。
ココログは、トラバの制約が結構厳しく
私も「送らせて下さい」とご挨拶したまま
全く届いていないことがあるんです
でも、ひかりさんの記事を皆さんのご紹介したいので
下のアドレスをコピーして、是非、トラバを送ってみて下さい
 
愛があふれた作品は、本当にいいですね~
ラストの突っ込みは、最高でしたね。

☆cyazさん☆
こちらこそ、トラバ&コメントどうも有り難うございます。
鑑賞されたとはお聞きしていましたので
記事が上がってお話しできるのを、楽しみにしていました。

国民に慕われた王の役を十二分に果たされましたよね。
「サー」ですか今、ググってみたら錚々たるメンバーですね。
主演・助演オスカーW受賞なら、もっと嬉しかったのに~

☆kenkoさん☆
落ち着きましたでしょうか。
引っ越しは、結構した方なんですが
ここの所すっかり落ち着いてしまって
考えただけでも、疲れます。

でも、疲れを癒すためにも、是非この作品を
心に染み入ってくるいいお話でした。
決して「いいひと」で片づけるのではなく
人物描写もすごく暖かいのよ~

『ヒアアフター』>本作同様、鑑賞後がとても心地よくて
私も一緒に観た友だちも、気に入ったのだけど~
kenkoさんの感想を楽しみにしています。

いまごろ のこのこ・・・すみません。
この映画は 私の殿堂入りです☆
現クイーンのご両親の秘話
亡き皇太后は 素敵なおくさまでしたのね。
かなり誠実な王様として 有名だったとか。。
アカデミー委員会に賛同しました

☆まふ~ゆちゃん☆
すっかり放置していまって申し訳ありません。
年度末に例年罹る「プチ鬱」状態でした。

「殿堂入り!」そうですね~。
本当に素晴らしい作品でした。
奥さまが本当に素敵な方でしたね。
夫の為に奔走したり、寄り添ったり~見習わねば

ほし★ママさん、こんにちは♪
ほし★ママさんの記事から感激が伝わって来ます(笑)
この映画は音楽もよく、王室の雰囲気も登場人物の表情が良かったです。セリフが無くても心情な感動が伝わって来ました。さすが世界屈指のベテラン役者達ですね。

吃音矯正は涙ぐましいけれど微笑ましいですね。
万歳の掛け合いですか。
なる程。
この2人の様子がたまに痴話喧嘩にも見えました(笑)

見終わってからですが、ほし★ママさんがおっしゃるように、しばらく温かい余韻にひたりましたよ!

なかなかこういう心温まる、思いやり深く、品の良い映画は無いですよね。

みてよかったですw(>ω< )


以前携帯のパソコン版画面からコメント投稿を試したのですが、機種の都合かコメント届かなかったみたいで…。
送ったつもりになっておりました。失礼しました。


☆愛知女子さん☆
すっかりお返事が遅くなって申し訳ありません。
震災で、辛いニュースばかりが報じられていた時
友だちにこの映画を勧めまくっていました。

玄孫に当たられるウィリアム王子のご成婚も間近…
ひいおじい様のような幸せな結婚生活になるといいですね。

こんばんは♪

>国王を呼びつけ、対等な立場で会話してると知った時の

そう、このシーンもよかったですね〜
ある日うちに帰ってお妃様がいたらどうする!?と、思わず妄想しちゃいます。
ばんごはんいっしょにどうですか?なんて言えないわ〜
エリザベス妃のサバサバしたリアクションもいいんですよね。

☆kenkoさん☆
コメントとトラバを有難うございました。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

そうよねぇ~。
私なんか、親が戦前生れなので
震災地に天皇ご一家が訪問されるニュースでさえ
居住まいを正してみてしまうのよ~。

ライオネルの妻も勢いで言っちゃったけど、どうしようって思っただろうね。
どんな食事を出すつもりだったのか、見てみたい気もする~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『英国王のスピーチ』:

» 『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ [映画のブログ]
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...... [続きを読む]

» 【映画】英国王のスピーチ [★紅茶屋ロンド★]
<英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した、大注目作品です。 これを観に行ったのは28日。そう、アカデミー賞発表の当日。というか、結果がわかってしまった後だったのです。 本当は結果を知る前に観たかった…!!!! 賞を取ってしまったら、あ~、いい作品なんだね~という先入観が…。 私は気にしたくなくても... [続きを読む]

» 『英国王のスピーチ』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 英国王のスピーチ 』 (2010) 監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...... [続きを読む]

» 「英国王のスピーチ」 素晴らしい作品を観せてくれて、ありがとう!だよ [てるてるの小屋]
ユナイテッド・シネマとしまえんで、「英国王のスピーチ」を観ました。 奇しくも、前日に米アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞しました。 こういうタイミングは、「なんだよ、肩書に弱いなあ」とか言われそうなんだけど、予告編で泣いちゃった程お気に入りで、観に行きたかったけど、土日は旅行で、月曜も仕事で行けなかったんだよう! って、言い訳してどうする?! 舞台は、1930年代のイギリス。 第1次世界大戦が終わり、平和な..... [続きを読む]

» 『英国王のスピーチ』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファ...... [続きを読む]

» 英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな〜 [労組書記長社労士のブログ]
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった〜。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・(...... [続きを読む]

» 映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。 [soramove]
「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャガ (原作:原題:THE KING'S SPEECH)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「先ごろ発表されたアカデミー賞で 作品賞、監督賞、主演男優賞という 主要賞をほぼ独占した作品。... [続きを読む]

» 英国王のスピーチ [にき☆ろぐ]
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、... [続きを読む]

» 英国王のスピーチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...... [続きを読む]

» 『英国王のスピーチ』( The King's Speech)111分 「ラストまで映画の演説のシーンに緊張)」 [愛知女子気侭日記]
【ネタバレあり】 第83回アカデミー賞作品賞受賞作品。4部門!Σ( □ ;) 脚本賞はこちら。脚色賞は「ソーシャル・ネットワーク」 イギリス王ジョージ6世(ヨーク公アルバート王子)の史実がもとです。 ...... [続きを読む]

» 映画「英国王のスピーチ」 [itchy1976の日記]
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...... [続きを読む]

» 「英国王のスピーチ」 友が聞いている [はらやんの映画徒然草]
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い [続きを読む]

» 「英国王のスピーチ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。アカデ... [続きを読む]

» 映画:英国王のスピーチ [よしなしごと]
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。 [続きを読む]

» 英国王のスピーチ [映画、言いたい放題!]
この映画、アカデミー賞を取ったということもあって 是非観たい映画でした。 折しも観に行った日は、ロイヤル・ウェディングの日でした。 そのせいか、公開から随分経っていましたが その割にはお客が多かったです。 隣のお客さんは、始まる前にロイヤル・ウェディングの話を... [続きを読む]

» 映画『英国王のスピーチ』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
11-18.英国王のスピーチ■原題:The Kings Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フーパー□...... [続きを読む]

» 英国王のスピーチ [C note]
映画ブログらしきものをやってくうえで、去年くらいから「映画館で観た映画の感想はぜ [続きを読む]

» 「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) [シネマ・ワンダーランド]
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かうジョージ6世の姿を描き出す。主演のジョージ6世役に「シングルマン」のコリン・ファース、共演のセラピスト役にはジェフリー・ラッシュがそれぞれ出演。本作は 第83回(2010年全米公開)アカ...... [続きを読む]

» 別館の予備(英国王のスピーチ 感想224作目) [スポーツ瓦版]
6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ... [続きを読む]

« 『ヒア アフター』 | トップページ | 新年度がスタートしました。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter