« 映画『ジーン・ワルツ』(11日-4) | トップページ | 映画『あしたのジョー』(11日-6) »

2011年2月 7日 (月)

映画『毎日かあさん』(11日-5)

日曜日はコレと『ジーン・ワルツ』を観るゾ!!と、決めていたので

9時までに準備を整えメイクも終わらせて、パソコンpcに向かいました。

電車の時間を調べたり、ちょっとブログを覗いたりした後

オンラインでチケットticketを予約しようと思ったら、何とsign03ソールドアウトcrying

まだ9時15分だったんですよ~、開演までに1時間もあるのに… 

でも、この時点で気付いてよかったです。

急きょ、鑑賞の順番を変えたら、予定通り鑑賞okできましたので~

 

ミッドランドスクエアシネマで『毎日かあさん』(オフィシャルサイト)を観ました。

私が観た回(2回目の上映)も、ほぼ満席でした。

001

【神さま わたしにこどもを ありがとう。】

★★★★

毎日新聞日曜版に連載中のサイバラさんの漫画が原作という事で

入り口で「毎日小学生新聞・見本版」とオカシャンのストラップを頂きました。

      (この作品とても小学生向けとは思ないのですが…)

Simg_1983

年末に劇場で観た、夫のカモシダさんが書いた原作の映像化

『酔いがさめたら、うちに帰ろう』(私の記事

ほぼ同じ時期の部分を映像化していますが

あちらのお話の中心は夫と妻、そしてこちらのお話の中心は母と子。

「毎日かあさん、そして時々おとしゃん」な、お話です。

 

私は、原作を読んだことはないのですが

クスッを笑ったり、アルアル~と頷いたりの

子どもたちとの毎日の積み重ねを、描いているのでしょうね。

うちの子も、泥に出会ってしまうと、何かが壊れてしまいましたし

寝る前の絵本とお話はお約束、オタマジャクシも飼いました。

ママ友ともよく「一品持ち寄り会」を開いていました。

次々に語られる前半の場面は、とても懐かしい感じ…

マンガ家と言う特別な仕事をしていても、破天荒な夫を持っていても

オカシャンって、みんな同じなんですよね。

 

元々が小説で時系列も整理されている『酔いが~』と違い

何コマかのマンガをつないで、夫との別れまで持っていく

この映画の演出は、かなり難しかったと思うのですが

小波、小波、の繰り返しに、イラストが挟まれたり

小芝居が挟まれたりと、みせる工夫がされていていて良かったです。

そして、あまり「大波のない」どちらかと言うとちょっと退屈な繰り返しを

永瀬さんの演技が、ピシッと引き締めます。

004

実は私、小泉さん出演作は、今まであまり合わなかったのですが

こういう元気でコミカルな役はいいですね~。

そして、永瀬さん、減量して、眉を抜いて…と

役作りをされたそうですが、前半と後半では、別人のようでした。

元ご夫婦での共演という事も話題になっていますが

それも含めて「役者魂」を感じました。

子どもたちも、すごく良かったです。

時々、アドリブかなって思う場面があって、ほほえましいnote

 

そして、一番やられたcryingのはエンディングです。

憂歌団の木村さんの歌う「ケサラケサ~」に合わせて

永瀬さんが撮った家族の写真が映し出されて行きます。

その写真を撮るシーンをみているので、場面の一つ一つが

フラッシュバックしていく演出~うまいなぁと、思いました。 

 

頭の中で『酔いが~』と、うまくリンクして

一層、感動が増した気がしました。

サイバラ一家のこれからが「バラ色」でありますように~

 

~ * ~ * ~ * ~

お兄ちゃんが見ているテレビtvの子ども番組

テントさんが出演されてていたのですが

この映画のオリジナルでしょうか。

もっとじっくり見たかったよ~happy02

 

 

 

 

slate

 

 

 

 

« 映画『ジーン・ワルツ』(11日-4) | トップページ | 映画『あしたのジョー』(11日-6) »

コメント

私も鑑賞して来ました。
エンドロールの演出、良かったですよね。
私もレビュー書きました。

子供と母親が沢山来ていて、子供たちは大笑い。
死のシーンや喧嘩シーンにはシーンとなっていましたが・・・
どこまで理解できたでしょうか?

でも、泣いてる子供もたくさんいたので、感動したようです。

私も泣いちゃいました。
漫画も読んでいたし、サイバラさんの大ファンでしたから本当に感動しました。
一緒に行った友人に『そこまで泣く~?』と言われて恥ずかしかった。。。

憂歌団の木村さん!お元気なのですね!
沁みそうですね 彼のケセラセラ
そう なるようになる。
のに、ついふんばってしまう私

女優としてのキョンキョンにハテナだったのですが
見に行こうかな。
ジーンワルツと 毎日かあさん メモメモ

☆kei36ちゃん☆
レビューに続いて、私のところにまで~有難うございます。
ご主人のお食事は、済みましたか?~って、それは昨日の話happy02

原作ファンでもある36ちゃんも絶賛でしたね~
最後に、ご夫婦の写真が出て来たでしょう
本当にお二人ともソックリでしたね。

サイバラさんは、本当に素敵な方
~ってよく知らないけど、36ちゃんのレビューでわかりました。
遅ればせながら、私も原作を読もうと思います。
 
お子さまたちも、ちゃんと受け止めて観ていたのね。
オバサンが勝手に「子供向きじゃない」なんて言ってはダメですね。

エンディングには、本当にやられましたcrying

☆まふゆ~ちゃん☆
こんばんは~、いつも来て下さってありがとう。
そうなんですよ!木村さんのブルースheart04健在でした。
帰ってから、公式HPpcを拝見したら
ずっとソロライブは続けていらっしゃるみたいです。
4月には、愛知(クマちゃんちの近く)で予定されていました。
サイバラさんの明るいキャラと大きな悲しみが
この『ケサラ〜CHE SARA〜』にピッタリでした、沁みました。

実は私もなの~
みなさんが絶賛される『トウキョウソナタ』も『風花』も『空中庭園』も
どうもキョンキョンに感情移入できなくて…down
今回は、本当にピッタリって思いました~サイバラさんに見えたよhappy01

いやあ、このレビューを僕のあるブロ友に読ませたいですよ。
その人「酔いさめ」観たからこれはパスなんて言ってますからねぇ。
ほし★ママさんの仰るように、二本合わせて観ると、また感慨深いものがあります。

キョンキョンのツッコミも気持ちいいし、永瀬さんの役作りと演技も素晴らしかったです。
そして永瀬さんの撮ったモノクロの写真も…。

あ、あの子供番組に出てた人はテントさんというのですか。
ユニークなキャラですよね。

こんばんは!

昨日、観てきました。
あまり期待せず、ビールを飲みながら鑑賞です。
観客は3人でした。
元夫婦の共演に興味を持ちました。
チョット、ウトウトしましたのが残念ですが、本当に良い作品でした。
ラストの写真で締めくくるところと歌に感心しました。
2人の子どもが可愛かったです。そして、鴨志田さんが玩具のピストル
を持った子供に対して真剣に怒りを表わす場面は、彼の心情を表現
表現していました。
2月6日、13日”ボクらの時代”で永瀬さん、小泉さん、古田さんが
対談にしています。
6日放送分で、アルコールにまつわる話があり、永瀬さんはアルコールが
ダメなこと、小泉さんの酒での笑える話がありました。

☆のびたさん☆
そうなんです。
片や「戦争を目の当たりにした者と実際戦火に居る者とどちらが辛いか」
片や「夫の苦しみを分かってあげられなかった」
自分の立場を弁え、相手を思い合っていたことが
両方観たおかげでより伝わった気がしました。

『酔い~』の方ではお母さん、『毎日~』の方では
友人がカモシダをサポートしているのも私には感慨深かったです。

テントさんはね、すべりまくりが面白い関西の漫談家さんです。
『かぞくのひけつ』って言う映画では怪しい薬屋さん役でしたよhappy02

☆kunishimaさん☆
あらあら~3人ですか!
平日の夜にビールを飲みながらってことは、あそこですねhappy02
ミッドランドは、ビックリするくらい混んでいました。
かぶりつきの2列以外、ビッシリ埋まっていましたよ。

漫画が原作なので、小波が続きましたものね。
わたしもアフター5に観ていたら、舟を漕いでいたかもしれません。

おとしゃんと言われて、目じりを下げるところと
あの子供から銃を取り上げる表情とのギャップがすごかったです。
永瀬さん、いい役者さんですね。
そして、実際にカメラがお好きなようですね。
エンディングは、本当に良かったです。

「ボクらの時代」~最近寝坊ばっかりで見逃したぁ~、残念。
とりあえず、次の会は録画予約しましたsign03情報、有難うございます。

こんにちは!! この映画僕は見てないのよ  1800円はね・・・千円の処があれば
即見たんですがね・・・  「ジーンワルツ」は大森南朋さんの処置が・・・
息子なのにあそこで消えてるのが  不自然でね・・・・

オール名古屋ろけの 「心中天使」見て来たよ
明日書きますね!!

☆sakuさん☆
いつも、コメントをありがとうござます。
映画は、いくらで、どこで観るかってかなり重要ですよね。
1800円で観る時は、かなりの気合が必要です。happy02

『ジーン・ワルツ』の大森さんは、確かにそうですね。
原作では、ある意味連載的な要素があるからいいけど
映画は一話完結なのだから、確かに不自然でした。
いきなり釈放されて、赤ちゃんを取り上げるとか~って
ちょっとベタすぎですかねsign02

『心中天使』>全く未チェックでした。
レビュー、楽しみにしています。

こんばんは☆彡

今作、『ジーン・ワルツ』共々、今週末に鑑賞予定です^0^

『心中天使』は公開初日に鑑賞して来ました。
う~ん、これは微妙かも。シネマテーク臭がプンプンしていました。

ではでは☆彡

こんばんは~☆彡
この天使の羽は☆せぷたかさん☆ですよねhappy02
いつも、コメントにも目を通していただいて、有難う。

『心中天使』>
実は、今せぷたか。さんのレビューを読ませてもらってきたところでした。
全く未チェックだったので、公式サイトとヤフーレビューを覗いて…
シネマテーク臭かぁ、う~ん、何となくわかる気が…(爆)
でも、キャストは豪華なんですよね!
敢えて、「不思議」を体験してみようかな…happy01

世の中サイバラさんづいていますね。
ファンのわたしとしては、この世の春状態は、嬉しい限りですが・・・。
サイバラさんの作品は、ヘタウマな絵と、ギャグ満載で飛び跳ねておりますが、時々すごく心打たれる表現がちりばめられています。

わははと笑って、グシグシ泣いて、の世界ですね。
トラックバックのお返しをさせてください。

ほし★ママ。 さん、こんにちは^^
永瀬氏とキョンキョン、別れてもいい関係と距離を保っているんだなぁと
感じさせられた作品でした!
特に子供たち二人のナチュラルでコミカルな演技が、
このさもすれば暗くなるテーマを沈まずに観させてくれたんだと思いました。
しかし永瀬氏の減量も凄かったですね~ まるでボクサーの減量のようで!
ボクサー・・・おっと明日、「立つんだジョー~~~」を観に行かなければ(笑)

☆てるてるさん☆
ヘタウマ~なるほど。
サイバラさんはギャグ的な笑いに、素敵な言葉や感動
バランスのとれた漫画を描かれる方ですよね。
日常ってそんな感じだから
日常を綴った本作にも、グッとくるんでしょうね。
+やっぱり、ドラマチックな人生ですし~

公開初日にして「も一回」~これは、「てるてる賞」確実かなsign03

☆cyazさん☆
こんにちは~!
ついつい、リアクションしちゃったかなと思える
アドリブっぽい場面が結構あって自然で良かったです@子供たち。
永瀬さんとキョンキョン、本当にいい感じでした。
「一度好きになった人を、嫌いになることは難しい」
西原さんと同じ心境でしょうか…

そうそう!ズバリpunchボクサー役の為に
減量した人たちがいるみたいですね。
「立つんだ、ジョー」は、いかがでしたでしょうか。
わたしも、この3連休中には観たいと思っています。

少年マガジンでしたっけか・・・私の高校時代一世風靡したジョー
これも ノーチェックでした。
香川さんの顔 まんまだ∑(=゚ω゚=;)。

そして ホンダナー いいですね(ふふ 私好みってわかるよね)
これも 真似っこさせてもらっちゃいます(ちゃっかり)
(=´Д`=)ゞ

ごめんなさい。。。
コメント欄を間違えました。一目瞭然ですが、
あしたのジョーへのコメントです 
ごめんなさい。。

☆ふ~ゆちゃん☆
昨日は、色々と有難うございました。
今日は三連休最終日、予定がなかったのでまた「映画」観てきました。

そうそう!これは、ドンピシャ世代ですよね。
book「巨人の星」は完全に男子の物だったけど
こちらは、好きな女子が結構いました。
香川さん、ホンマようやる~happy02

「なかなか更新できないで「放置」になってるけど、ホンダナー」いいでしょうsign03
わたしも、すみちんさんのところで気に入って真似っ子したの~coldsweats01
ふ~ゆちゃんが設置するの、楽しみですぅnote

☆ふ~ゆちゃん☆
こちらこそ、ごめんね~
わたしもよく間違いそうになるのよcoldsweats02
記事の区切りがわかり辛いものね。

と、管理人なら、記事の編集もできるので
必要があったら、声をかけて下さいね。

見たいな~と思っているのですが、三重ではひとつの映画館しかやってないんです・・(;д;)
あの女の子はJAのCMをやっている子ですか・・
子役がとってもかわいいですね・・

☆ベルbellさん☆
テレビでも、結構宣伝されていたりする割には
掛ってる映画館が少ないんですよね~
私の地元のシネコンでもやっていなくて
結局、名古屋まで行っちゃいました。

調べてみました~、そうでしたよwink子役ちゃん。
松下奈緒さんと出てるんですね。
記憶にないんだけど、タイトルが「しかりとした子役編」で笑っちゃったhappy01
確かに、しっかりと演技できていましたsign03

こんにちは♪
私、毎日母さんはあまり観た事が無かったのですが、観て良かったと思わせられました。
闘病という重いテーマより、子ども達の話の方が強烈すぎてあまり暗さが無かったです。 西原さん自身決して幸せな生い立ちでは無かったのですが、明るくパワフルにそして、最後には人を許せる大らかな行動には心が温まりました。
私なら即見捨てています。
しかし、現実問題として、子ども達がお父さんに会いたい!と川でどんぶらこまでしてしまうのですから…。
これはもう会わせない訳には行かなくなりますね。
どんな酷いお父さんでも子ども達にとっては母親以上に大きい部分があるのですね。男の子だったらなおさら…。
この映画、色々勉強になりました。
溜まったポイントで観て良かったですwヾ(^∇^)楽しかった!

☆愛知女子さん☆
西原さんは「情」の深い方なんでしょうね。
そして、とても「懐」の深い方、豪快に見えて繊細で~
そんな魅力的なサイバラを、キョンキョンは本当にうまく演じておられましたね。

ポイントでいい作品が見れると二重に得した気分になれますねsign03
トラバとコメント、いつも有難うございます。

キョンキョン、熱演でしたね。ツッコミのタイミングも見事でした。
一方の永瀬正敏のボケも、そして減量までした演技も、
まさに役者魂、元夫としてのプライドよりも、
一人の役者として主演の小泉今日子には負けないぞ、という気合いを感じます。
また子供たちがいい味を出していて、
笑いたっぷりなのですが、最後は感動作って仕上がりでした♪。

☆ふぁろうさん☆
コメントとトラバを有難うございます。
役者さん同士の結婚は、すれ違いとか色々とあるんでしょうが
お二人を見ていると、すごくいい関係なんだなと思えました。
それが、サイバラ夫妻を演じるのに生きていましたね。

そう!子どもたちが何とも可愛かったですね。
子役さんには、こう言う自然体の役をいっぱい演じさせてあげたいですsign03

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/38780282

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『毎日かあさん』(11日-5):

» 毎日かあさん★★★★時々おとしゃん [のびた@映画の話をしようよ]
監督 小林聖太郎 出演 小泉今日子 (サイバラリエコ) 永瀬正敏 (カモシダユタカ) 矢部光祐 (ブンジ) 小西舞優 (フミ) 正司照枝 (トシエ) [ 2011年2月5日公開 ] ジャンル ドラマ 製作年 2011年 製作国 日本 配給 松竹 『いけちゃんとぼく』『女の子ものがたり』『パーマネント野ばら』と、このところ映画化ラッシュが続いているサイバラ作品。なかでも本作はアニメ化もされている彼女の代表作の実写版。原作漫画では、子どもたちが引き起こす“笑い”が大き..... [続きを読む]

» 「毎日かあさん」も一回 わははと笑って、もう、ぐしぐし・・・ですね [てるてるの小屋]
新宿ピカデリーで、「毎日かあさん」を観ました。 試写会で観させていただいたので、初日なのに、も一回!ですね。 試写会の時の記事は、こちらです。 http://blogs.yahoo.co.jp/takateru13/33954465.html  「毎日かあさん」 西原理恵子さんという漫画家は、美大卒だけど、絵はヘタうまで、破天荒な生き方で、とにかく稼いできた方。 取材旅行で知り合った、戦場..... [続きを読む]

» 「毎日かあさん」試写会 もうもう、途中からぐしぐし泣きっぱなし [てるてるの小屋]
2月5日公開の「毎日かあさん」の試写会に行ってきました。会場は、新宿ピカデリー。監督、出演者等の舞台挨拶付きの豪勢な試写会でした。 映画上映前の舞台あいさつは、主人公西原理恵子さん役の小泉今日子さん、元夫の鴨志田譲さん役の永瀬正敏さん、息子役の矢部光祐君、娘役の小西舞優ちゃん、監督の小林聖太郎さん、そして、生みの親の西原さん。 たまらん、顔触れです。 絵本のような「毎日かあさん」。 ハチャメチャなお話のテン..... [続きを読む]

» 『毎日かあさん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「毎日かあさん」□監督 小林聖太郎 □脚本 真辺克彦□原作 西原理恵子 □キャスト 小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝、古田新太、大森南朋、田畑智子、光石 研、鈴木砂羽、柴田理恵、北斗 晶、安藤玉恵、遠山景織子■鑑賞日 2月6日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 原作はベストセラーの西原理恵子のコミック。 実際、自分の夫であった元戦場カメラマンの夫鴨志田穣氏との生活の苦難を 子供... [続きを読む]

» 〜『毎日かあさん』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:日本映画、小林聖太郎監督、小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝出演。 [続きを読む]

» 映画鑑賞【毎日かあさん】実写版 「子はかすがい」 [愛知女子気侭日記]
実写版です。 小泉今日子主演、元夫の永瀬正敏との共演。 元戦場カメラマンの夫ユタカはアルコール依存症で入退院を繰り返し、作家を志すと宣言しても結局は酒に溺れ時には暴れ、子供達にまで暴言を吐く...... [続きを読む]

» 「毎日かあさん」泣いて、笑って、家族ってイイな! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[毎日かあさん] ブログ村キーワード  西原理恵子原作の大人気コミック、実写映画化!「毎日かあさん」(松竹)。原作コミックもアニメも大好きな吾輩は、ワクワクしながら映画館へ向かいました。  漫画家・サイバラリエコ(小泉今日子)の一家は、6歳の長男・ブンジ(矢部光祐)、4歳の長女・フミ(小西舞優)、高知から子守りのために呼び寄せた、実母のトシエ(正司照枝)に、元戦場カメラマンで今は無職の夫・カモシダ(永瀬正敏)の5人家族。リエコは、子育てに家事に仕事にフル回転で、日々を忙しくパワフルに過ご... [続きを読む]

» 『毎日かあさん』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 毎日かあさん 』 (2011) 監  督 :小林聖太郎キャスト :小泉今日子、永瀬正敏、正司照枝、矢部光祐、小西舞優、田畑智子、 大森南朋、古田新太、光石研、鈴木砂羽 漫画家の西原理恵子が自身の...... [続きを読む]

» 毎日かあさん [日本映画の女優たち]
本音とも嘘ともわからぬ言い訳で逃れる時々とうさん。嘘から出た本音をぶちまける毎日かあさん。 − 情けない夫と二人の子供をひと声で動かしてしまう、小泉今日子のなんてったってかあさん − 「私は子供の頃から、毎日小さな嘘ばかりついている」。そんなナレーションから始まる物語は、 マンガを描くリエコの真剣な眼差しとはうらはらに、漫画家としてよりも、母親としての奮闘ぶりが、 ストーリー..... [続きを読む]

» 毎日かあさん(2011-015) [単館系]
毎日新聞に連載されている西原理恵子原作の同名漫画を実写映画化。 立場が逆の作品に「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」という作品があるんだそう。 #だって見てないし・・・ 永瀬正敏と小泉今日子もと...... [続きを読む]

» 『毎日かあさん』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじわんぱくな6歳の息子と4歳にして女の武器を使う娘の母である漫画家のサイバラ、元戦場カメラマンの夫は・・・。感想アニメで知ってた西原理恵子の漫画の実写映画で上海国... [続きを読む]

» 『毎日かあさん』'10・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじわんぱくな6歳の息子と4歳にして女の武器を使う娘の母である漫画家のサイバ [続きを読む]

« 映画『ジーン・ワルツ』(11日-4) | トップページ | 映画『あしたのジョー』(11日-6) »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter