« 映画『カサブランカ』午前十時の映画祭で鑑賞。 | トップページ | 本「卒業」「眠りの森」/東野圭吾 »

2010年9月25日 (土)

映画『十三人の刺客』試写会にて鑑賞。

914日、芸術創造センターにて 

一足早く試写をみせていただきました。 

山田孝之くん勝手にサポーターの私 

今作も、試写会の応募に励んだのですが 

残念ながら、どれも当たらず~

  

でも、お友達のY&Dさんが試写状を 

譲ってくださったのです。 

映画友だちに誘いのメールをしたら 

バンザイ三唱のお返事 \(~o~)/\(~o~)/\(~o~) 

もう、テンション最高で行って参りました。

 

 

【同士だけれど、友じゃない】

 

ひとりの士が腹を切るシーンで幕が開きます。

内野さん大好きな友だち、「えっ?これで終わり!?

その人物は、明石藩江戸家老の間宮

将軍の弟で明石藩藩主の狼藉の数々に抗議しての事でした。

 

間宮の死など何もなかったようにその後も

殿・斉韶のご乱心は果てを知らずに続き

とうとう堪忍袋の緒が切れた老中・土井は

お目付け役・島田新左衛門に密命を下します。

密命を受けることを決意する時の

役所さんの表情には、ゾクッとしました。

 

~民のため、殿を亡き者に~

思いはそれぞれ違うものの島田の考えの元に

十二人の侍が集います。

 

たった十二人で殿の一行に戦いを挑むのは

参勤交代の途中を狙うしかない…と、作戦がたてられ

いよいよ私の大好きな「地図」の登場です。

 

あっ!地図って程のものではない…

宿場の名前が書かれた「路線図みたいなの」が、広げられ

立てられたのは、交通の要所「落合塾」を

「宿ごと買上げ、要塞化する」と言う

とてつもないものでした。

336481_100x100_008_7

 

尾張を封鎖し、殿一行を落合塾に誘い込む計画~

出てくる地名は「王滝」「中津川」「妻籠」に「馬篭」

行ったことのある場所ばかりで、私のテンションさらに

 

336481view005_3

 

 

山越えの途中で出会った小弥太を仲間に加わえ

落合宿で、待ち受ける十三人の前に

やってきた殿の一行は、なんと総勢300人

 

 

後半は、まさにチャンバラ

「斬って斬って斬りまくれ~」

336481view010_3

 

十三人の刺客たち~それぞれの詳しい人物像は

ほとんど語られることはありません。

きっとお互いに氏素性を知ることもなく

また、その必要もなくただ目的のために集まった

同士であることを表していると思われます。

 

336481view007_2

  

それに反して、新左衛門と斉韶の腹心・鬼頭半兵衛

元は、ともに国のためにその技量を磨くことに精進した友であるのに

敵と味方として戦わざるを得なくなった。

それだけにお互いの手の内も

その心の痛みもわかっているところが切ないです。

 

336481view009_3

そしてラスト…

どんな「勧善懲悪」であっても、戦はむなしいものですね。

 

 

三池監督~日本映画界の鬼才だそうですが

『ゼブラーマン』くらいしか知らない私

でも、たとえば暴君に稲垣五郎ちゃんを据える

キャスティングには唸らざるを得ません。

どんなに残虐な行為に及ぼうと、暴言を吐こうと

この殿には、この殿なりの

寂しさや辛さがあるのだと、思わせてしまいます。

 

また、ストイックで清廉潔白な武士だけではない

古田さん演じる浪人と伊勢谷さん演じる野人が

(ちょっと強すぎるかな?)いいスパイスになっていました。

 

ただ一つ、残念だったのが

せっかくの落合塾の全体像がいまいち頭に浮かばなかったこと。

絵図でいいから、俯瞰図が見たかったなと思っていたら

公式HP にありました!!

飽きずに見てしまいました。

 

~ * ~ * ~ * ~ ~ * ~

 

私の評価 ★★★★☆ (4.5)

アウトレイジで観尽くしたと思ったけど

まだまだ「いい男」が、いっぱいいました。

役所さん、井原さん、山田くんはもちろんだけど

松方さんがさすが年を感じない動きでした。

 

そして、吾郎ちゃんはもうスゴイ!の一言

 

~ * ~ * ~ * ~ ~ * ~

« 映画『カサブランカ』午前十時の映画祭で鑑賞。 | トップページ | 本「卒業」「眠りの森」/東野圭吾 »

コメント

こんばんは^^

旦那さん、残念でしたね~(笑)
何の試写会なのか確認しなかったんですね^^;
これは年配の男性なら絶対観たい作品だったのにね。

そうそう、松方さんは一味違いましたよね!さすがでした。

☆どらねこさん☆
そうなんですぅ~
『きなこ』の日が暑くて、ちょっと懲りたのと
タイトルを言っただけでは、ピンと来なかったらしく
ハガキを見た途端「これだったのか~

ようこ奥さまならきっと、ならお付き合い…と、なるでしょうけど
わたし、他にも観たい作品がたくさんあるので
DVDになったら、付き合って観ます

松方さん、68歳ですって~もうビックリ

山田孝之が見たくて、この映画チェックしてました。
じつは、ちゃんばらがけっこう好きです。
迫力のある殺陣っていいですよね。
舞台でも好きです。
ママさんの満足度も高いようですし、ますます気になります

☆ゆうりちゃん☆
ご訪問&コメント、有難うございます。
お忙しそうですが、お元気ですか?
25日は、何をご覧になったのかしら?
私は、後一枚で『恋愛戯曲~』を見ようかと思っています。

おっと『十三人の刺客』でした…
私も、山田くんを観に行ったつもりが
吾郎ちゃんと伊勢谷さんの「毒」にすっかりやられてしまいました。
古田さんは、いつものアノ古田さんでしたよ。
ひとりだけ「イノウエカブキ」ってました

ママちゃん おはよ

観たくなったです!
男祭りと聞いてたし 時代劇苦手~なんですが これはいいかも
期待せずに 観ます。
仕事帰りに 行ってこよう 
ゴロちゃんのヘタレキャラ(ゴロちゃんごめん)・・・暴君! 興味しんしんです
山田孝之 うまいですよね。ママちゃんサポーターなんですね♪
URL つなげておきます。こっちに段々にお引っ越ししようかなと(小声 (笑))
よかったら 覗いて下さいな

三池監督の作品は、劇画風というイメージがあったのですが、本作は少しそれが控えめに思え、あまり鼻につきませんでした。
劇画を思わせる箇所は、作品の残虐なイメージを笑いに変えて、いい緩急が作り出されていたように思えます。
とにかく、吾朗ちゃんの演技力に感服。綺麗なお顔の人は、無表情にするだけで、怖いんだなぁってつくづく思いました。
トラバ返しさせて下さいね♪

☆冬ちゃん☆
ゴロちゃんは、そうとう行っちゃってます
でも、彼の持ち味(多分へタレキャラ)がプラスに作用して
すごく面白いことになっています

暗いトーンやせりふ回しは、時代劇だけど
すぐにそれに慣れてしまって
以後は、アクションエンタメ作品として楽しめました。

お引越し病、もしかしてうつしてしまったかしら
クマちゃんに叱られちゃうかも~ですが
今後ともどうぞよろしく、転居先にも伺いますね。

☆金平糖さん☆
Yahoo!blogに頂いたコメント、すごく嬉しかったです。
そしてコチラにもご訪問&コメント
あっ、トラバもどうも有り難うございます

三池監督作品、ほとんど観た事がないのですが
伊勢谷さん演じる野人のキャラとか
純粋な時代劇じゃない部分で、随分楽しませてもらいました

吾郎ちゃんは、本当にすごいの一言
「殿リーマン」検索して、草なぎくんの動画は見ることができました

皆さん、吾郎ちゃん、絶賛ですねぇ。
僕は少数派のようですし、人のブログ内では反論しないのがポリシーですので、良かったと思うことだけコメントさせていただきます。
自分のブログ内では別ですけどね、フフフ…(←怪しげな笑い)。

とにかく時間を感じさせない面白さでした。それは確かです。
落合宿を全部買い取って、要塞にしてしまったり、敵に罠を仕掛ける展開も、観ていて飽きさせません。

ラスト50分の大活劇の興奮と、戦いの虚しさは、十分に伝えられたと思います。

こんにちは♪

骨太の時代劇!ココロの好きなジャンルでございます♪
山田君も、もちろん素敵なんですけど、
いま「龍馬伝」で高杉晋作を演じてる伊勢谷君も気になりますねぇ。

ぜひとも劇場に観に行きたいです♪

☆のびたさん☆
フフフのフ~と、まずお返しいたします。
思いっきり反論OK!なのに、残念・・・
私も「演技がうまい」と言う褒め言葉は違うとは、思っています。

でも、いわゆるワルが似合う大物が演じても
あの面白さはなかったのではないかなぁ

みせる工夫、楽しませる工夫が十二分に、なされている作品でしたね。
牛さんだけは、すべっていましたが~


☆ココロちゃん☆
わぁ~、ようこそありがとう。
最近、ブログもお休みみたいだし
あまり声も聞けなくて、心配してたんですぅ~

そうそう山田くん
今回は、伊勢谷さんに持っていかれた感じでした。
伊勢谷さんの高杉は、まさにはまり役だよね。
あのザンギリ頭がメチャクチャキュート

ご覧になったら、是非感想を聞かせてね

ママさん、封切り日にレイトにて観てきましたー!
遅い時間にも関わらず、かなりご年配の方もいらっしゃって…
しかも、「アーッ」な伊勢谷さんと一徳さんに爆笑していた
新潟の某ワーナーマイカルです(笑

そして、思わずやっぱり…倉田くん小峰さん(笑
どちらも「うわ〜〜〜ぁ!」という役でしたね。

また「13人もっと見せろ」などとレビューにも書きましたが、
ママさんの記事で、尚更「あっさり13人を見せた」理由が納得。

ゴロちゃんの鬼畜っぷりにも惹かれました

☆すみちんさん☆
レビューもしっかり読ませて頂きました
ただ、あの記事のインパクトがすごすぎて
コメントするのを、すっかり忘れちゃってたよ

「あれ、そこ真面目にいっちゃう?」あったよね~
そして、サービスカット@伊勢谷さんと一徳さんに及んでは
必要だったのかも疑問、でも試写会場が揺れたことは確か

倉田くん、そして特に小峰さん、大切な初代スタッフにむごすぎやろ~
加えて、「風のハルカ」以来気になる浜口先生こと近藤公園さんなんて
六角さんと、どっちがどっちかわからんやん
(・・・と、思われます~などと、書いてる時の★ママは
 実は、思いっきり自分も納得させようとしてる時なのよ~

ゴローちゃんは、もう怖いものはないね

なるほど山田孝之サポーターなら満足の作品でしょう。
この後も、乱暴と待機、GANTZ、太平洋の奇跡と公開作が目白押しですし。

僕もあの地図を広げて作戦を練るシーンなど、ぞくぞくしますよ。
内野聖陽はオープニングだけでも、さすがの顔の演技でした。舞台でも観たことあるけっこう好きな俳優です。
あとは、そうですね、みな個性がそれなりにちゃんと描かれていて、長時間でも、
まったく飽きることなく見せるアクション映像作りは、三池監督の真骨頂かもしれません。

☆ふぁろうさん☆
山田くんは、「ちゅらさん」に出ていた頃からのファンです。
あの時は、ゴリさんの弟(父親は違う)役であり得ない!って思ったけど
今は、アリじゃない~と、思い始めています
今、『乱暴と待機』の原作を読んでいます。
ああ言う怪しげなの大好きなんです。
あっ、小池栄子さんにもすごく期待しています。
『GANTS』は、ニノと松山くんしか知りませんでした~
山田くんも出てるんですね、楽しみ

おっと、ちょっと興奮してしまいました。
『十三人の刺客』でした…
あの作戦会議のシーンはワクワクでしたね。
薄明りの中なのが、秘密の会議と言う感じで~

内野さんの切腹シーン
首筋の血管とかあの音とか、しょっぱなからすごかった。
舞台の内野さん、観たいです。
『ゲキ×シネ メタルマクベス』もすごくよかった

ほし★ママさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
いやぁ~、これだけの役者陣が揃うと、一人に絞って観ることなんてできないから、
ブルーレイでが出たら再度チェックし直さないとダメですね(笑)?!
吾郎クンの特性は出ていましたし、派手好きの三池カラー爆発の映画でした!
ややグロいシーンもありましたが、あれだけの闘いの中で、
殺陣は松方さんが飛び抜けて素晴らしかったですね~♪
あのお歳(失礼m(__)m)で流石です!!
吹石さん、いまだ謎のままなり~(笑)

☆cyazさん☆
こちらこそコメント&トラバ、どうも有り難うございます。
ブルーレイは残念ながら持っていないのですが
夫も観たがっているので、自宅鑑賞にはなると思うけど
もう一回は観たいと、思っています。

六角さんとか石垣くん
いつもなかなかいい演技をすると思う高岡くんも
ほとんど目立たないままに散ってしまいましたもんね…

cyazさんが、吹石さんの事が書かれていたのでついコメントしてしまいました。
野人の総てがファンタジーでしたね、最期もあれっ

おはようございます〜やっと書きました!

あ、最初にハラキリシーンがあったのか・・・
劇場に遅れて入ってしまって、そこ観てないかも。。。
地元での上映は終わってしまっているのですが、
例のニューオープンした映画館の系列でまたやるみたいなので
もう一回観に行こうかな〜

ほし★ママさんは地図好き?なんですか?
言われてみれば確かに、俯瞰図興味ある!
公式HPって自分の記事にリンク貼ってても全然見てないことが多くて。
あとで覗いてみます♪

☆ken2さん☆
お忙しいのに催促しちゃったね~、ゴメンナサイ。
レビュー、楽しみだなぁ、後でお邪魔させて下さいね。
 
そうです、内野聖陽さんのハラキリ
額に血管は浮き上がって、顔は赤くはれ上がり
何とも不気味な音も~なかなかのシーンだったんです。
 
わたしね、仕事で地図を描いてるんです。
まぁ、ほとんどは多角形を描いてるだけなんだけどね…
 
コチラのシネコンでも、もう上映は終わってしまいました。
でも、私もこの作品ならもう一回観たいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『十三人の刺客』試写会にて鑑賞。:

» 十三人の刺客 [うろうろ日記]
試写会で見ました。今ポスター見て気づきました。六角さんてドコにいたんだろう・・・ [続きを読む]

» 映画「十三人の刺客」の試写会に行ってきちゃいました♪ [モコモコ雲を探しに♪]
映画「十三人の刺客 」 の試写会に行ってきちゃいました♪ 【題名】      「十三人の刺客」 【出演者】 島田新左衛門:役所広司、島田新六郎:山田孝之、木賀小弥太:伊勢谷友介、倉永左平太:松方弘樹、三橋軍次郎:沢村一樹、平山九十郎:伊原剛志、佐原平蔵:古田新太、日置八十吉:高岡蒼甫、大竹茂助:六角精児、石塚利平:波岡一喜、樋口源内:石垣佑磨、堀井弥八:近藤公園、小倉庄次郎:窪田正孝、吹石一恵、谷村美月、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎[9代目]、稲垣吾郎、市村正親 【監督】三池..... [続きを読む]

» 十三人の刺客★★★☆バカ殿の為に何人死ぬのか [のびた@映画の話をしようよ]
{{{ ジャンル : 任侠/時代劇 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 上映時間 : 141分 監督 : 三池崇史 出演 : 役所広司 、 山田孝之 、 伊勢谷友介 、 沢村一樹 、 古田新太 、 高岡蒼甫 、 六角精児 、 波岡一喜 、 近藤公園 、 石垣佑磨 、 窪田正孝 、 伊原剛志 、 松方弘樹 、 松本幸四郎 、 稲垣吾郎 、 市村正親 [ 2010年9月25日公開 ] 島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍..... [続きを読む]

» *映画* 『十三人の刺客』~試写会~ [ねこだまり・・・Happy Garden]
これは、ものすごい迫力でした!! バッサリ、バッサリ大量の人が切り捨てられる。 [続きを読む]

» 『十三人の刺客』は世界を目指す! [映画のブログ]
 トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ... [続きを読む]

» 映画「十三人の刺客」 [itchy1976の日記]
「十三人の刺客(2010)」(映画.com) 「十三人の刺客(2010)」オフィシャルサイト 十三人の刺客@ぴあ映画生活 十三人の刺客 - goo 映画 ○作品情報(映画.com) 監督:三池崇史 製作総指揮:ジェレミー・トーマス、中沢敏明、平城隆司 原作:池上金男(池宮彰一郎) 脚本:天願大介 音楽:遠藤浩二 撮影:北信康 製作国:2010年日本映画 上映時間:141分 映倫区分:PG12 配給:東宝 キャスト:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、石垣佑磨、高岡蒼甫、波... [続きを読む]

» 13人の刺客 [シネマ大好き]
将軍の腹違いの弟であるため、 残忍な非道な行いにもお咎めのない明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)。そればかりか彼には次の老中職が待っている。彼が幕府で権力をふるうのを阻止するため、お目付け役の島田新左衛門(役所広司)に斉韶暗殺の密命が降り、新左衛門は集まった..... [続きを読む]

» 十三人の刺客 リアルチャンバラに圧倒された! [ぱるぷんて海の家]
いやあぁ 面白かった! 久しぶりにチャンバラらしいチャンバラを見た気分です。 それも 昔懐かしい様式美のチャンバラでなく 云ってみれば リアルチャンバラ 落合宿でのラスト50分の死闘 まさしく死闘と云うに相応しい。 実に見応えありました。 若い頃....... [続きを読む]

» 十三人の刺客 [日本映画の女優たち]
[[attached(0,class=popup_img_515_290 width=515 height=290)]] [[attached(1,class=popup_img_515_290 width=515 height=290)]] 壮絶なる死闘を演じ、国家を変え、時代を動かした刺客たちこそ、本物の侍か、、、。 冒頭、この物語は「原爆投下の百年前のこと」であると映し出されま..... [続きを読む]

» 『十三人の刺客』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、      松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、阿部進之介、内野聖陽、      光石研、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親■鑑賞日 10月3日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感... [続きを読む]

» 映画『十三人の刺客』試写会鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 19日は有楽町朝日ホールで映画『十三人の刺客』の試写会を観て来ました。25日から劇場公開されますが、一足早く観られて嬉しかったぁ♪  ... [続きを読む]

» 「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ~! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。三池さんの趣味、テイストもテンコ盛り!  江戸時代末期。明石藩家老・間宮図書(内野聖陽)が、老中・土井大炊頭(平 幹二朗)の屋敷の門前で切腹。間宮は、藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりに抗議しての切腹だった。将軍・家慶の異母弟... [続きを読む]

» 「十三人の刺客(2010)」斬って斬って斬りまくれ! [はらやんの映画徒然草]
300人対13人、まさに多勢に無勢。 現実的には、この戦力差を逆転することはほと [続きを読む]

» 十三人の刺客 [映画的・絵画的・音楽的]
 ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1) [続きを読む]

» 十三人の刺客 [C note]
地元での上映はほぼ終わってしまい諦めていたところ、所用で訪れた広島県呉市の映画館 [続きを読む]

» 『十三人の刺客』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 十三人の刺客 』 (2010) 監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開された工藤栄一...... [続きを読む]

» 十三人の刺客(三池崇史監督) [映画、言いたい放題!]
予告編、面白そうだったんですよね。 弘化元年3月。 明石藩江戸家老間宮図書が、 明石藩主・松平斉韶の暴虐ぶりをしたためた訴状と共に 老中・土井邸の門前で切腹自害。 将軍・家慶の弟である斉韶は、 明年には老中への就任が決まっていた。 土井は斉韶暗殺を決断、御目... [続きを読む]

» 別館の予備(感想212作目 十三人の刺客) [スポーツ瓦版]
1月22日 十三人の刺客(感想212作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11141788705/7980161b 宇宙戦艦ヤマト ... [続きを読む]

» 十三人の刺客(感想212作品目) [別館ヒガシ日記]
十三人の刺客はケーブルTVで鑑賞したけど [続きを読む]

» 映画「13人の刺客」のDVDを見ました(お盆には帰ります)  [翼のインサイト競馬予想]
映画「13人の刺客」のDVDを見たので、レビュー記事を書いてみたいと思います。 [続きを読む]

« 映画『カサブランカ』午前十時の映画祭で鑑賞。 | トップページ | 本「卒業」「眠りの森」/東野圭吾 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく