« 本「卒業」「眠りの森」/東野圭吾 | トップページ | 食べて、笑って、赤く染まって/津、伊賀上野、半田 »

2010年9月30日 (木)

映画『ミックマック』劇場鑑賞。

やっと涼しくなってきたと思ったら、もう明日はonezero月。

事務所では、一日早くカレンダーをめくるので

あとthree枚を残すだけとなりました、何だか気忙しいですsweat01

 

9月16日の記事でもお話した格安で譲って頂いたチケットticket

9月末が使用期限だったのですが

one枚が残ったままになっていました。

先週は、元々祭日が二日もあった上に

身内に不幸があって、お休みを頂いたので

もったいないけど、あきらめようdespairと思っていたら~

 

映画の神さまが呼んで下さったのかhappy01

ほんの少し体に余裕ができた上に

上映開始がピッタリscissorsと言う幸運okが・・・

   

* 手術をするかしないかをコイントスで決める…

* ビックリ人間が次々に登場… 

まずは、予告編で一気にハートを奪われheart04

  

この山本太郎さん似の主演の方に見覚えがあるぞsign03と、思ったら

『ぼくの大切なともだち』レビューのあのクイズマニアさんnote

 

そして、監督さんは『アメリ』でとても有名な方との事… 

こんな時は、すぐにストーカーに変身する私

早速お友だちレビュアーさんの「観たログ」を検索しまくり

『アメリ』が、評価の高い作品であることもわかって大興奮。

 

期待に胸を膨らませて『ミックマック』を、観てきました。

          (9月29日 センチュリーシネマにて)

 

【お  し  お  き】

もっと大爆笑するかと思ったら

意外とシュールで大人のメルヘンな作品moon3でした。

とにかく主人公のバジルがとてもチャーミングで

その仲間(家族)たちが、個性豊かないい奴ばかり。

 

100222_micmacs_sub1_2

 

父を、地雷処理の任務中に亡くし

そのショックで母も正気を失う。

養護施設に引き取られることになったものの逃走。

オープニングにバジルの悲惨weepな幼少期が、駆け足で語られます。 

 

そして次に映し出されるのは

大人になったバジルの「のほほ~ん」な姿。 

チューブ入りのチョコをなめながら

ボギーの映画にアフレコしてるのは

バイト先のレンタルショップの店先です。

いきなりけたたましく銃声annoyが鳴り響き

巻き込まれたバジルは頭に銃弾を受けてしまいます。

 

~で、予告の手術室のコイントスdown up

一命は取り留めたものの総てを失くしたバジルの前に

ひとりの男性(ギロチン男の)プラカールが、現れます。

彼が連れて行ってくれた「家」には

7人の老若男女が暮らしています。

いずれ劣らぬ個性的な、そして素晴らしい特技の持ち主たちsign03

 

ある日、父を奪った地雷と自分の脳に突き刺さる銃弾

それを作った会社が隣同士にあることを知ったバジル

仕返しをしようと思い立ち、仲間に応援を頼みます。

 

315x210

 

実は、バジルはすごいアイデアマンで

次々に「ミックマック=いたずら」を、思いついて行きます。

 

Ph21

 

「死の商人」~しかもかなりあくどいことをやっていたり

性格的に問題ありの相手に向けての仕返し

「み な ご ろ し」かと、思ったら、意外に「お し お き」

その方法が、すごくお茶目eyeでアナログです。

 

Ph22

仲間たちが、ひとつの目的の前にだんだんまとまって

笑顔が増え、家族の形になっていくのが楽しいです。

その過程には、やはりみんなでおいしく頂く食事restaurantあり。

お料理番タンブイユ役は、ヨランド・モローさん

『ベティの小さな秘密』でも、お料理を作っていた方です。

 

336264_02_l

 

 

そして、忘れてならないのは大活躍の軟体女~

もう 「すごいsign03」の一言~そして、めちゃくちゃキュートheart02

 

ミックマックの数々は、オフィシャルサイト の

「ネタバレ」で覗くことができますが

ラストに待っている最高のお仕置きsign03

是非、映像でお楽しみnotesください。

 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 

私の採点… ★★★★ (4.5)

音楽~特にエンディング~も、すごくよかったです。

監督と作家の方との出会いが

本作制作に繋がったという金属の造形物がステキ。

がらくた(発明品?)の館に足を踏み入れたくなりました。

  

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 

『アメリ』も是非、観てみたいと思います。

 

 

 

 

« 本「卒業」「眠りの森」/東野圭吾 | トップページ | 食べて、笑って、赤く染まって/津、伊賀上野、半田 »

コメント

こんばんわ~。

僕は幸運にも半年ほど前にフランス映画祭で観ることが出来ました。
とってもキュートで愛らしい作品だと思います。

なんといってもラストシーンが素敵!
あんな帽子の使い方、いつかしてみたいものです(笑)

同監督なら『アメリ』もめっちゃいいんですが、『ロング・エンゲージメント』もオススメですよ~。

ママちゃん こんばんは~

「今」を生きるワタクシです(笑) 

ミックマック ぜひ観たいと思ってました~ 観たら 詳しく拝読にまた参りますね!
「アメリ」大好きです。でも よく考えたら アメリちゃんてば いろんな意味で大丈夫かいな?
と ちょっと思いました。お部屋もとても可愛かった。

☆K氏さん☆
フランス映画祭slateのお話は聞かせて頂いていましたね。
この作品も、かかったのですねsign03

そうそう!愛らしいnote~ピッタリだわぁ。
色彩も抑え気味だし、イケメンさん・ベッピンさんは特にいないのに
みんなとっても可愛らしかったですねheart04

始まる前に、ショップmoneybagをうろついていたら
ニット帽が売られていて?だったんですが、映画を観て納得happy01

『ロング・エンゲージメント』ネットレンタル予約してみました…

☆冬ちゃん☆
は~い!同じく「今」を生きていますぅscissors
この年なりの魅力にあふれてるつもりsign02 ~ですが、何かhappy02

『アメリ』slateも、レンタル予約しました。
予約ばかりが膨らんで、「期限なし」なのでなかなか返却cdが~

『ミックマック』~きっと冬ちゃんも、楽しんでくれると思います。
すごくゆるいんだけど、ちゃんと主張もありますよsign03

私も本日の映画ディに観て来ました。
なかなかおしゃれでフランス人のユーモアにタップリ浸って来ました。

今、食費を切り詰めた分で鑑賞したので
1000円分は、手間暇かけて
食事を作ることで、勘弁してもらおうと張り切って作っています。

この映画の主張はもっともで、素晴らしいと感動しました。
今までは犯人を殺すことでスッキリする作品が多かったけれど、
この映画では殺さずに『犯人に判らせる!』という手段がとても気に入りました。

☆ガガ36ちゃん☆
いつも気が合ってすごく嬉しいですぅ~heart04
鑑賞券ticketがなかったら、パスしてたかもですが
すごく楽しい気分になれて観れてよかったですhappy01

後味のいい映画でしたね。
そうそう!「わからせた」ところがうまいsign03
残酷じゃない「必殺仕事人」かな…
36ちゃんのレビュー、楽しみにしています。

うちは、今日restaurantは北海道の方から送っていただいたホッケと
実家でもらってきたカボチャの煮物(チーズ掛け)
小松菜とキノコのオイスターソース炒めでした。
多分、500円moneybagはかかっていないと思う…scissors

こんにちわ。
個性的な仲間が、仲良く総力を出し切るのが楽しかったですね。
ほんとに家族みたいで、過激だけど温かさがありましたよね。
結局どうなるんだろう、と思ってたら、意外な着地点で、最後も面白かったです。

こんばんは。
わたしも「ミックマック」狙っていたのですが、25日はわたしの勘違いで、「瞳の奥の秘密」がしっかり上映されていたので、そちらを観てきました。
情熱でしたね。でもママさんと同じような感想です、じつは。ちょっと文化違いますね。

それにしても、このフランスコメディ映画、気になります。
山本太郎さん似とは気付きませんでしたeye

☆HIROMIさん☆
TB、どうも有り難うございました。
そうそう!
ずっとアナログできて、ラストは~~
本当にウマイsign03と、思いました。
必殺仕置き人風なんだけど
さすがにフランスの作品はおしゃれshineですね。

☆ゆうりちゃん☆
チケットticketの件、お世話をかけました。
おかげで、またいっぱい楽しめupました。

『瞳の奥の秘密』~私も最初にHPpcをチェックした時は
16日で終了予定になっていたので
休みを取って行ったんだけど
その後、ずっと公開が伸びていったみたいですね。
さすがに評判のいい作品って事でしょうsign03
レビュー、楽しみにしていますsign01

一方、『ミックマック』の方は
センチュリーで広いという事もあるけど
入りはあまりよくなかったですぅcoldsweats01
山本太郎さん似~あれっ、以前はソックリだと思ったけど
ちょっと違ったかしらんhappy02

『アメリ』はその年の僕のベスト1にする位好きでしたが、『ミックマック』は皆さんほど乗れませんでした(汗)。

なのでコメントは控えさせていただきますね。

☆のびたさん☆
そんなお気遣いはいらないのですが
確かに『アメリ』とは、両極端な気もします。
実は、私もあのコイントスの予告を観て観に行きましたので、最初はちょっと戸惑いました。
もしオフ会でご一緒するなら、どんな作品がいいのかな~と、楽しみが一つ増えました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398751/37011992

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ミックマック』劇場鑑賞。:

» 『ミックマック』は特攻野郎の一家だ! [映画のブログ]
 傑作『さんかく』の中に、「『アメリ』みたいでしょ」というセリフがあった。  『アメリ』みたい……すなわち、不法侵入や物品への干渉等... [続きを読む]

» ミックマック [シネマ大好き]
父親を地雷で失くしたバジル少年。30年後、ビデオレンタル店で働いていたバジル(ダニー・ブーン)は、バイクで逃走した男が落とした銃の暴発で、頭に銃弾が残ったまま生きていくはめに。家も仕事もなくしてホームレスになったバジルだが、廃品で作った穴倉に暮らす風変わり..... [続きを読む]

» ミックマック★★★復讐する相手 [のびた@映画の話をしようよ]
ジャンル : コメディ 製作年 : 2009年 製作国 : フランス 配給 : 角川映画 上映時間 : 104分 監督・脚本 : ジャン=ピエール・ジュネ 出演 : ダニー・ブーン 、 ドミニク・ピノン 、 アンドレ・デュソリエ 、 ニコラ・マリエ 、 ジャン=ピエール・マリエル 、 ヨランド・モロー [ 2010年9月4日公開 ] ビデオ店に勤めるバジルは、発砲事件に巻き込まれ一命は取り留めたものの、銃弾を頭の中に残したまま生きてゆく羽目になる。入院中、仕事も住む部屋も失いホームレ..... [続きを読む]

» ミックマック [A Day In The Life]
DVDにて観賞 解説 頭に銃弾を受け仕事も家も失った男が、個性的な仲間たちと共に、自分の人生をブチ壊した者 たちに仕返しを謀るコメディームービー。 『デリカテッセン』『アメリ』などのヒット作を手掛けたジャン=ピエール・ジュネ監督が 脚本も兼ね、主演をフランスを... [続きを読む]

« 本「卒業」「眠りの森」/東野圭吾 | トップページ | 食べて、笑って、赤く染まって/津、伊賀上野、半田 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく

Mixi Twitter