« 舞台『サーフィンUSB』鑑賞 | トップページ | オシゴトがしてみたいニャ (=^・^=)/ホシ »

2010年9月 7日 (火)

映画『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』 DVD鑑賞。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

  Howells

 

伏見ミリオン座で何度か予告を観て「面白そう」と思いながら

劇場鑑賞を逃した作品、特にすみちんさんの ↓ このイラストにしびれ

 

Photo_4

もう観たくてしかたなかった作品。

やっとDVDで鑑賞しました。  

冠婚葬祭には、涙あり笑いあり~

『ハングオーバー』は、結婚にまつわる喜劇でしたが

私の経験からすると、やはりお葬式の方が

ドタバタの笑い」が付き物の気がしています。

お陰さまで、身内で見送ったと言えば

母方の祖母、父、義父~みんな80歳以上の天寿を全うして

徐々に食べれなくなった末の事だったので

不謹慎ながら、ある意味「明るいお葬式」しか

経験していないという事もあるんでしょうが…

 

当然の事ながら、お葬式は、予定がたてられません。

招待客と言う形ではなく、色々な方がお参りに来てくれます。

 

【お薬は、用法用量を守って正しく服用いたしましょう。】

 

ハウエルズ家の長男ダニエルの元に、父の訃報が~

遠路はるばる棺を乗せた車が自宅までやってきます。

 

普段、地図を描く仕事をしているので

まずこのオープニングに、ぐっと惹きつけられました。

 

334313view002

 

ところが~~「この人、誰?」って 

いきなりから、安いコントのような笑いかい。

 

報せを聞いてお葬式に集まってくる人たち  

駐車場がアッと言う間に満杯になって、早速のトラブル。

あるよね~、国が違っても一緒だね。

最近、会館利用が一般的になってきた

私たちの周りでは、この混乱は見られなくはなってきてはいますが・・・

  

参列者の一人、故人の義理の姪マーサは

大勢の人が集まる場に乗じて彼サイモンを

父親に紹介しようとしています。

「彼を少しでも落ち着きのある紳士に見てもらいたい」

そんな一念でマーサがとった行動が

とんでもない事態を引き起こします。

 

334313view001

体が不自由な頑固者で大柄な大叔父も

頭の痛い混乱を次々に巻き起こします。 

そして、誰とも面識のない参列者の正体はいったい…

 

Osoushiki_sub03

 

二男ロバートが有名作家なばっかりに

「弔辞」のプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも

次々と起こる事件に長男らしくダニエルは対処していきます。

 

ハダカに、フケツに…何だかなぁ~の笑いの上に

一つのネタをとことん使い廻す。

なのに何でしょう、最後にやってくるこの爽やかさは…

つまりは、「〆の妙」ってことになるのかな。

 

一緒に拍手して、一緒に泣いて

最後には、「ダニエルようやった、さすが私の身内」って

気持ちにさせられる作品でした。

 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 

私の評価…★★★★☆ (4.5)

サイモン役アラン・テュディックさんの

正に「行っちゃてる演技」は必見です。

紳士のお国のオトコたちのドタバタぶりをお楽しみください。

公式HP、結構好きだったのに、閉鎖みたいで残念です…

 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 

 

« 舞台『サーフィンUSB』鑑賞 | トップページ | オシゴトがしてみたいニャ (=^・^=)/ホシ »

コメント

天寿を全うした方は、めでたく、明るく送り出してあげたいですね。
映画のお笑いのネタは、ちょっと汚いかも知れませんが、とても楽しんでしまいました。
最後はホントに気持ちよい、終わり方になりましたね。
僕の場合、東京で観た映画は、交通費分だけ、ポイントが上がりますけど(笑)。

ブラックな笑いながら面白かったですね~
いかにも英国らしい笑いですよね。
これは本当にひっそりとマイナーな映画館での公開って感じでしたが、
有名俳優はほとんど出ていないので、マニア向け?(笑)
でも楽しめました~!

おぉ〜〜!!ママさん、ご覧になりましたか
オープニングの棺桶アニメから面白かったですよね(笑
(…でもサイトが閉鎖は寂しい。いい公式サイトだったのに)

サイモンの体を張った演技にはかなり笑いました。
そして、私もレビューしたのと同じ感想をお持ちになって下さってうれしーっ!
あんなに定番でしつこい笑いなのに(笑)、なんだかクセになりますよね。
で、〆るとことは〆てくれる。弔辞に感動しました…

英国映画のブラックさ、大好きです!

アラン・テュディック、いろいろちょい役で出ていますが、「ドッジボール」あたりも
いつかご覧くださいね〜 スポーツお笑いものが嫌いでなければ(^^;

☆のびたさん☆
いつも遠くまでお運びいただいて、どうも有り難うございます。
本当に素晴らしい父に贈る言葉でしたね。

わたしは、ミニシアター系の映画に出会ったのが
ごく最近ですので、この映画がかかっていたシアターでの
作品は、どれも最初からポイントが上がっています

初めての劇場を探し当てて行くなんていいですよね♪
一度東京行脚に同行させて頂きたいです
『カラフルツアー』の佐野さん役でもいかな~~

☆choroさん☆
きっとご覧になったのでは?と
リストから検索をかけたらヒット
「やったぁ~~」と、声を出してしまいました。
あちこちで噂のシネマート六本木、一度行ってみたいです。
トラバもありがとうございます。

あんまり詳しくなくて申し訳ないのですが
主役のマシューさん、好みのタイプでした

☆すみちんさん☆
は~~~いやっと、観ちゃいましたよ!
この記事を書くのに、どの画像より
すみちんさんのイラストを使いたかった★ママ
一瞬、「画像を保存」しかけたのですが
さすがにその暴挙は思いとどまりました。
そして、改めて探しまくってのイラスト見つけました。

『ドッジボール』早速、ネットレンタルに予約しちゃいました
スポーツのお笑いもの、大好きです!
ドッジボール自体も大好きで、
よく宮迫さんのスーパードッジとか見てました。

ま〜!あんな雑な裸(笑)でよかったら使って頂いて結構です。
すみません、あっちのブログを閉じちゃってて…気を遣わせてしまってます

お〜〜!!早速予約してくださいましたか!
ママさんの行動力、毎度、すばらしーっ
あの映画観ると、今すぐにでもドッジボールがしたくなります(笑

☆すみちんさん☆
お言葉に甘え、ずうずうしくも使わせて頂きましたぁ~。
画像の転載は不可だったので、キャプチャーしちゃいました。
快く許可していただいて、ありがとうございます。

ネットレンタルは2枚セットで届くんですが
『ハウエルズ家~』と一緒に届いた『シークレット・サンシャイン』を
観る時間が作れなくています。 
観たらまた感想を話させて頂きますので、聞いて下さいね。

イトツの旅立ちとそれを見送った家族
「村井家のちょっとステキなお葬式」もよかった!
特に初七日の会話がステキだったなぁ。
実際、じっくり故人について話すのってこの時期だよね。

おぉ〜〜〜、ママさん、載せて下さって嬉しい限り!
ありがとうございます。

「シークレット・サンシャイン」、まったくノーチェックの作品
でしたので、ママさんのレビュー楽しみにしていますね〜


そして。。。今朝また号泣!!
イトツがスクリーンを見上げる姿、まるで「ニューシネマ・パラダイス」!
でも、一番は、イトツが人生に関わったであろう方達が拍手をしていた演出。
そこにイカルの香水攻撃がきたら…もうあたくし撃沈でございました(;´Д⊂

初七日の会話もよかったですね。
でも、イトツは最高傑作を世に出してますよ!
「水木しげる」という最高傑作を!

☆すみちんさん☆
昨日、返コメしたのに~「送信」し忘れてしまったようです。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

すみちんさんの記事は読ませてもらっていて
このイラストはすごいインパクトだったので
この下半身木の陰サイモンのシーンには
「きたぁ~~~

音楽だけでなく絵も素晴らしい
やはりこれは「感性
シゲーさんを生み出したイトツとイカルもすごいけど
すみちんさんのご両親も素晴らしいわぁ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』 DVD鑑賞。:

» ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式★東京映画行脚〓 [のびた@映画の話をしようよ]
イメージ・シアター・フォーラムを出る。 次の目的地を確認しようと、パソコンで打っておいたスケジュール表を確認しようとして、それを落としたことに気付く。まずい。どうしようなと思ったが、スケジュールがすっかり頭に入っていることに自分で驚く。大丈夫、何とかなりそうだ。 地下鉄半蔵門線を青山一丁目まで乗り、大江戸線に乗り換え、六本木まで。 エスカレーターが行列なので、階段で上がったが、大江戸線がいかに深いか思い知ることになる。僕はまたエスカレーターの列に並ぶことになる。 駅を出て、また方..... [続きを読む]

» 「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」(2007) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
これ、面白かったです〜♪(~o~) 先週、ミニシアター系劇場で初めて予告を観て英国が舞台だし、主演が[http://blogs.yahoo.co.jp/country_rabbit_mk/22547299.html 「プライドと偏見」]の{{{マシュー・マクファディン}}}ということで、できたら観たいな〜と思っていたのですが、何と東京ではシネーマート六本木のみの単館。しかもこの劇場、ちょっと苦手でしてためらっておりまし..... [続きを読む]

« 舞台『サーフィンUSB』鑑賞 | トップページ | オシゴトがしてみたいニャ (=^・^=)/ホシ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

こちらもよろしく